本文へジャンプ

ナビへジャンプ

WELLNESS

今すぐストップ!視力にまで悪影響が出る「コンタクトレンズのNG習慣」5つ

コンタクトレンズは、多くのガールズに欠かせないアイテム。視力が悪くなくても、カラーコンタクトをファッションとして楽しむ女子はたくさんいる。だけど、コンタクトは大事な目に直接触れるものだから、とにかく気をつけて装着するべし。そこで今回は、『ジョンソン・エンド・ジョンソン』で教育ディレクターを務めるチャリッサ・リー医師と、『ハリウッドビジョンセンター』で働く眼科医のエリーゼ・ブリスコ医師が、コンタクトレンズで絶対にやっちゃいけないNGをレクチャー!

Two round red bloodshot eyeballs / ShutterstockTwo round red bloodshot eyeballs / Shutterstock

1.メイクの前にコンタクトをつけちゃだめ!
メイクする前にコンタクトレンズをつけると、マスカラやアイシャドーなどの化粧品がレンズについてしまう。そうすると目を傷めてしまうので気をつけて! メイクをしてからコンタクトレンズをオンする習慣をつけよう。

2.コンタクトを自己流に洗浄しないで!
コンタクトを落としてしまい、とっさにコンタクトを口に入れる人を見かけたことはない? 容器がなくても、コンタクトを口に入れるなんて絶対にダメ。ソフトレンズを水道水で洗うのもNG。水道水のなかには微生物が含まれいて、目を傷つける恐れが! 「コンタクトレンズ用洗浄液のパッケージに記載されている使用方法をよく読んで指示に従ってください。ソフトレンズの場合は、絶対に洗浄液以外のものを使わないで。ソフトレンズの専用洗浄液には蓄積された汚れを洗浄する成分が含まれているので、メーカーや医師の指定する洗浄液を使用して下さいね」と忠告するリー医師。

3.古いコンタクトレンズ洗浄液は使用禁止!
「前日に使った洗浄液をもう一度使うのは絶対にNG。古い洗浄液は消毒作用が消えています。毎日新しいものを清潔な容器に入れて使いましょう」とブリスコ医師。パッケージにある使用期限をチェックして使用期限が切れたものを使わないよう注意して。レンズを洗うのに食塩水を使っている人もレッドカード! 使っているコンタクトレンズメーカーや医師に指示に従って正確なケア用品を使おう。

4.1日使い捨てレンズを連続使用しないで!
洗浄や容器を必要としない1日使い捨てタイプのレンズは、タンパク質や汚れが蓄積しないのでブリスコ医師が最もオススメするタイプ。もちろん、ちゃんと毎日新しいレンズを使うことが前提。レンズはとても繊細で手で触るたびにバイ菌がついてしまう。1日使い捨てレンズは汚れをレンズに取り込みやすいので洗浄液を使ってもキレイにならないのだとか。つまり、使い捨てタイプのレンズは使用期限以内に捨てることが絶対にマスト。

5.目が痛いときはコンタクトを入れないで!
コンタクトをつけているときに目に何かが入ったり目が痛かったりしても、我慢してコンタクトを装着し続けたりしていない? 「目に不快感があるときや痛いときは絶対にコンタクトをつけないでください」。リー医師曰く、目の調子が少しでも悪いときは眼科医の診断を仰いでからコンタクトレンズをつけるべきだという。「コンタクトをつけて涙が出てきたり、コンタクトに少しでも傷がついていたりしたら、すぐに捨てて新しいレンズに取り替えてください」。コンタクトの無理な装着は視力に悪影響が出てしまうので、気をつけよう!

出典:TEEN VOGUE
TRANSLATION: YOKO IZUMI

FromVOGUE