本文へジャンプ

ナビへジャンプ

WELLNESS

夜にトマトを食べると眠れる!?  エキスパートに聞いた「最高の眠りを叶える」5つの秘策。

shutterstock_295133114Cut tomatoes from Shutterstock

美容と健康に質の高い眠りが必要なのは、今や常識。とはいえ、現代の忙し女子は残業で頭が妙にさえてしまったり、眠る直前まで考えゴトにふけったり、スマホでメールをチェックしてしまったり、そうそう簡単に眠れない。でも、20代に培った睡眠習慣はその後も癖として体に染みつくそうなので、できるだけ早いうちに良い睡眠習慣をつけておきたいところ。そこで今回は、眠りのエキスパートがアドバイスする快眠の秘策を5つお届け!

 

1:スマホを読書にチェンジ!

PCやスマホの強力な青白い光は覚醒させ体内時計を狂わしてしまうのを知っている? 「スマホやPCを見ながら眠りにつくのはご法度です。車のアクセルを踏み続けるように、電子機器は左脳を刺激し続けるので、眠る1時間前には電子機器を全部消して下さい。代わりに本を読むことをお勧めします」とストレスのエキスパートでエクソダス・カイロプラクティックの経営者でもあるピート・スラック博士。どうしても夜にスマホをチェックしなきゃいけないならPCやスマホのブルーライトをカットするアプリ、『F.lux』などを使ってみて。朝起きたときの目の疲れが違うはず。

 

2:エクササイズをルーチン化しよう!

エクササイズはやっぱり快眠に必要な習慣。運動が三日坊主になりそうなあなたは、スポーツやアウトドアのサークルなどに入って、どうしても体を動かさなきゃいけないシチュエーションを作ろう! もしくはかっこいいフィットネスリスギアを調達してエクササイズ気分を盛り上げよう!

 

3:カフェインの代わりに乳製品!?

モーニングコーヒーの1杯くらいは入眠に影響はないけれど日中にカフェインをとりすぎると、夜、目が冴えちゃうときも。

「ミルクを飲んだり、チーズ、ヨーグルト、アイスクリームなどの乳製品を夜食べて下さい。寝る前に温かいミルクを飲むと良いとよくいわれますが、本当なのです。乳製品に含まれるトライプトファンという成分は天然の鎮静作用があり、リラックスして入眠できますよ」とビバリーヒルズ在住の関係心理療法士で、『The Self-Aware Parent』の著者であるフラン・ウォルフィッシュ博士はアドバイス。これでアイスクリームを食べる口実が見つかった!?

 

4:門限を決めて!

「10代後半から20代に不規則な生活を送っていると、その後の人生も不規則な生活習慣がなかなか抜けません」とウォルフィッシュ博士は続ける。だらだらと夜更かしをしないためにも、自分で門限や眠る時間を決めよう。夕食のあとはライトを落とし、静かな音楽をかけてゆっくりとお風呂に入り、朝まで電子機器に触らない習慣を作るべし!

 

5:メラトニンを注入!?

夜になると自然と眠くなるのは体内時計があるから。この体内時計に働きかけるのが、“睡眠ホルモン”と呼ばれる“メラトニン”。メラトニンは外が暗くなると脳から分泌され体内時計を夜にセットする役割が。夜に食べ過ぎるのはNGだけど何か食べたくなったら、メラトニンの分泌を助けるパイナップル、バナナ、オレンジやトマトを食べて。そして、メラトニンの分泌がピークになる10時には寝るようにしてみよう。

 

出典:teenVOGUE
TRANSLATION: YOKO IZUMI

FromVOGUE