本文へジャンプ

ナビへジャンプ

WELLNESS

ファッション界に旋風! “スポーツレギンス”の着こなし術BEST14

of 14
  • PHOTO:RIHANNA(instagram)
    PHOTO:RIHANNA(instagram)

    リアーナ


    ディーバであり、ファッションアイコンとしても名を馳せるリアーナ。どんなジャンルの洋服にもトライするある意味、おしゃれ冒険家。先日のMETガラでも目立ちまくり。衣装で登場したのは、記憶に新しい。そんなリアーナももちろん、ピタピタのインパクト大のレギンスは十八番! 珍しく露出度低めのこの日は、鮮やかなブルーのレギンス、トップス、ジャケットと難易度の高い3ピースを堂々と着用! さすがの着こなしに脱帽です。

  • PHOTO:MIRANDA KERR(instagram)
    PHOTO:MIRANDA KERR(instagram)

    ミランダ・カー


    YOGAにオーガニックフードLOVER! 実は長年トレーニング&ヘルシーおたくという、ミランダが愛用するのは、自身が広告を努める「リーボック」。シンプルなブラックのショートレギンスには、ダイナミックなテキスタイルのショート丈トップスを合わせて、飛び切りヘルシーに着こなして。ONの日は、ヒールを合わせてブレスレットやサングラスでアクセントをつけて、OFFの日は、スニーカーでとことん動きやすくストレスフリーにするのがポイント!

  • KARLIE KLOSS(instagram)
    KARLIE KLOSS(instagram)

    カーリー・クロス


    「VOGUE GIRL」本誌でも、そのスーパーボディを魅せてくれたカーリーは、モデル界きってのワークアウトマニアとして有名。そんなカーリーがボクササイズで着用するのは「ナイキ」のレギンス。2014年は「ナイキ」×「ペドロ・ロンソン」のキャンペーンにも抜擢されて、自身のコラボラインも手がけるほど。今や、モデル界きってのWELLNESS番長に決定!

  • PHOTO:SELENA GOMEZ(instagram)
    PHOTO:SELENA GOMEZ(instagram)

    セレーナ・ゴメス


    テイラー・スウィフトのPV出演で久々にスポットライトが当たったセレーナは「アディダス ネオ レーベル」のシースルーレギンスがOKINI。ちょっぴりストリートな雰囲気のトップスも、モノトーンをチョイスすることでぐっとシックな大人のムードに。

  •  
     

    皆川涼子さん/フードコーディネーター・VGRAMMER


    ON:「ナイキ」

    「週3日は、スポーツレギンスを履くほどレギンスLOVER!」という皆川さん。「ナイキ」のレギンスを着用したGYMスタイルがこちら。レギンスは、脚のラインがしっかりと出るから自分の体型変化に気づけるところが好き。脚から温まって代謝を高められるのもあって、トレーニングに欠かせないアイテムです。この日は、「ナイキ」“エア ジョーダン フューチャー”とカラフルなキャップでボーイズライクに仕上げて。

  •  
     

    皆川涼子さん/フードコーディネーター・VGRAMMER


    OFF:「アンダーアーマー」

    OFFの日は、ヴィヴィッドなカラーが目を引く「アンダーアーマー」のレギンスをチョイス。ウエストでキュッと結んで、アクセントをつけたロックTとスニーカー、サングラスで涼子流エッセンスをプラス。「ウォーキングにピッタリの季節になってきたね! これから友達と近くに散歩しにいく予定なの ♡」

  •  
     

    澤木美里さん/ヘアメイクアーティスト・VGRAMMER


    ON:「ナイキ」

    「ワークアウトの際は、断然動きやすくて楽チンなウエアをチョイスします!」という、美里もスポーツレギンス愛好家。最近ゲットしたという「ナイキ」のショート丈レギンスは、ブルーグレーにヴィヴィッドピンクがアクセントになった自慢のアイテム! カットオフしたTシャツやスニーカー、キャップとカジュアルにまとめるのが正解◎ 「トレーニングウエアが可愛いとヤル気も倍増します ♡」

  •  
     

    澤木美里さん/ヘアメイクアーティスト・VGRAMMER


    OFF:「アメリカン アパレル」

    私にとって着るものは、“動きやすさ”が最大のポイント! 「アメリカン アパレル」のレギンスは、ワードローブのマストアイテム。レギンスを履くときに、ひとつだけ注意しているのは、スポーティになりすぎないこと。例えば、トップスにTシャツを選んだら、足元はパンプスにしたり、逆に足元をスニーカーにしたら、トップスをブラウスにしたり……。今日は、シンプルなレギンスにヴィンテージのパジャマ風ガウンを合わせました。フェザーがついたショルダーバッグと、バレエシューズも黒で統一して、ヌケ感のあるスタイルに。

  •  
     

    吉井佳蘭さん/VGRAMMER

    ON:「ジェームス パース」


    トレーニングをするときは、スポーツレギンスにTシャツorタンクトップを合わせるのがMYルール。シックなカラーで何にでもマッチする「ジェームス パース」レギンスは重宝しています。Tシャツは「n hollywood」のアンダーウェアライン。肌触りがよく、薄くて軽いので負担をかけずに運動できるからお気に入りです。

  •  
     

    吉井佳蘭さん/VGRAMMER

    OFF:「ジェームス パース」

    私服のときは、丈長めのトップスやシャツと合わせることが多いかな。レギンスは、デニムよりも動きやすいので好きです。「ロンハーマン」で買ったインポートのタンクトップと、「セリーヌ」のサンダルを合わせて、気分は初夏のマリンスタイル!

     

  •  
     

    長谷川しゅりさん/ネイリスト


    ON:「アディダス」

    「毎朝、出社前にランニングorスイミングをスタートしました!」という、長谷川さんは「アディダス」のレギンスを愛用中。光沢のあるレギンスは、足首にヴィヴィドピンクのラインがあしらわれ、ガーリーマインドも忘れない。スポーツウエアでも、どこか女性らしさのエッセンスを取り入れるのが長谷川さん流。

  •  
     

    長谷川しゅりさん/ネイリスト


    OFF:「アディダス」

    インパクトのあるビッグロゴのTシャツにスニーカーを合わせたポップなスタイルが気分! 全体をIラインにまとめることでスタイルUP効果も◎ 仕上げは「アニヤ・ハインドマーチ」のバッグやヘッドフォンの小物を効かせてスタイリッシュに。

  • PHOTO:TOSHIO OHNO
    PHOTO:TOSHIO OHNO

    KATE/「VOGUE GIRL」ファッション・エディター


    ON:「ナイキ」

    あらゆるスポーツブランドのウエアを駆使する、元トレーナーでアスリートのKATE。海外トリップの際も、必ずトレーニングウエアをもって行くという編集部きってのワークアウトアディクト! 身にまとった瞬間に一気にモチベーションを上げてくれるから、レギンスはマスト。リフレクターが搭載された「ナイキ」のレギンスは、夜のワークアウトのベストパートナーです。

  • PHOTO:TOSHIO OHNO
    PHOTO:TOSHIO OHNO

    KATE/「VOGUE GIRL」ファッション・エディター


    OFF:「ナイキ」

    KATEの出社スタイル?! もちろん、会社では戦闘モードだから、必ずワークアウトアイテムを取り入れてるよ。どこか1点スポーツMIXの日もあれば、こんな風にALLトレーニングウエアに「メゾン キツネ」のジャケットを羽織って東京CITYスタイルにすることも。いつだって最新は、ゼロから作り出すもの。スポーツ風より“THE スポーツ”が信条のKATE流、最新レギンスの着こなし術!

  • PHOTO:RIHANNA(instagram)
  • PHOTO:MIRANDA KERR(instagram)
  • KARLIE KLOSS(instagram)
  • PHOTO:SELENA GOMEZ(instagram)
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • PHOTO:TOSHIO OHNO
  • PHOTO:TOSHIO OHNO
  • 関連記事サムネイル

FromVOGUE