本文へジャンプ

ナビへジャンプ

WELLNESS

MR.MINAIの今月のHOT KICKS!:本日の一足「リーボック」ジーポンプフュージョン

of 4
  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
    スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)

    “REEBOK ZPump Fusion”

    実は、現在のフリーライターという仕事に就くまで、僕は1988年から1998年までスポーツシューズブランドのリーボックの日本法人に、おもに商品担当として勤務していました。その10年間にはいくつかの思い出深いシューズがありましたが、そのなかのひとつに“インスタポンプ フューリー”というランニングシューズがあります。
    このシューズは現在もストリートシーンにおいて人気で、女性にもポピュラーなスタイルなので、「VOGUE GIRL」の読者で知っている人も多いと思います。一目で「あっ、フューリーだ!」とわかる斬新なデザインですが、1994年のデビューなので、実は最初に発売されてから21年も経過しているんです。正直言うと、最初にこのシューズのサンプルを見たときは、ここまで息の長いシューズになるとは全く思っていませんでしたが、2015年、そんな“インスタポンプ フューリー”の流れを汲むニューモデルが登場しました。それが“ジーポンプフュージョン”です。かかと部分にあるコンプレッサーを押すことで、アッパーのなかに入れられた空気室に空気が送り込まれ、“インスタポンプ フューリー”と同様に足とシューズをピッタリとフィットさせてくれます。
    この“ジーポンプフュージョン”はランニングシューズなので実際に走ってみましたが、シリアスランナーが速いペースで真剣に走るときよりも、旅行先で軽く走ったり、週に1、2回程度走るファンランナーに最適だと思いました。パッと見で最も目立つのは甲の中央にpumpと大きくプリントされている点ですが、そのスタイリッシュなデザインは、個人的にはストリートシーンにもマッチすると思い、最近ヘビーローテで履いています。
     


    TEXT:MASAHIRO MINAI
 
MASAHIRO MINAI:1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツブランドの製品担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」などの雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。

  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
    スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)

    “REEBOK ZPump Fusion”

    実は、現在のフリーライターという仕事に就くまで、 僕は1988年から1998年までスポーツシューズブランドのリーボックの日本法人に、おもに商品担当として勤務していました。その10年間にはいくつか の思い出深いシューズがありましたが、そのなかのひとつに“インスタポンプ フューリー”というランニングシューズがあります。
    このシューズは現 在もストリートシーンにおいて人気で、女性にもポピュラーなスタイルなので、「VOGUE GIRL」の読者で知っている人も多いと思います。一目で「あっ、フューリーだ!」とわかる斬新なデザインですが、1994年のデビューなので、実は最初 に発売されてから21年も経過しているんです。正直言うと、最初にこのシューズのサンプルを見たときは、ここまで息の長いシューズになるとは全く思ってい ませんでしたが、2015年、そんな“インスタポンプ フューリー”の流れを汲むニューモデルが登場しました。それが“ジーポンプフュージョン”です。かかと部分にあるコンプレッサーを押すことで、アッパーの なかに入れられた空気室に空気が送り込まれ、“インスタポンプ フューリー”と同様に足とシューズをピッタリとフィットさせてくれます。
    この “ジーポンプフュージョン”はランニングシューズなので実際に走ってみましたが、シリアスランナーが速いペースで真剣に走るときよりも、旅行先で軽く走っ たり、週に1、2回程度走るファンランナーに最適だと思いました。パッと見で最も目立つのは甲の中央にpumpと大きくプリントされている点ですが、その スタイリッシュなデザインは、個人的にはストリートシーンにもマッチすると思い、最近ヘビーローテで履いています。
     


    TEXT:MASAHIRO MINAI
 
MASAHIRO MINAI:1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツブランドの製品担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」などの雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆。主な著書に「スニーカース タイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。

  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
    スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)

    “REEBOK ZPump Fusion”

    実は、現在のフリーライターという仕事に就くまで、 僕は1988年から1998年までスポーツシューズブランドのリーボックの日本法人に、おもに商品担当として勤務していました。その10年間にはいくつか の思い出深いシューズがありましたが、そのなかのひとつに“インスタポンプ フューリー”というランニングシューズがあります。
    このシューズは現 在もストリートシーンにおいて人気で、女性にもポピュラーなスタイルなので、「VOGUE GIRL」の読者で知っている人も多いと思います。一目で「あっ、フューリーだ!」とわかる斬新なデザインですが、1994年のデビューなので、実は最初 に発売されてから21年も経過しているんです。正直言うと、最初にこのシューズのサンプルを見たときは、ここまで息の長いシューズになるとは全く思ってい ませんでしたが、2015年、そんな“インスタポンプ フューリー”の流れを汲むニューモデルが登場しました。それが“ジーポンプフュージョン”です。かかと部分にあるコンプレッサーを押すことで、アッパーの なかに入れられた空気室に空気が送り込まれ、“インスタポンプ フューリー”と同様に足とシューズをピッタリとフィットさせてくれます。
    この “ジーポンプフュージョン”はランニングシューズなので実際に走ってみましたが、シリアスランナーが速いペースで真剣に走るときよりも、旅行先で軽く走っ たり、週に1、2回程度走るファンランナーに最適だと思いました。パッと見で最も目立つのは甲の中央にpumpと大きくプリントされている点ですが、その スタイリッシュなデザインは、個人的にはストリートシーンにもマッチすると思い、最近ヘビーローテで履いています。
     


    TEXT:MASAHIRO MINAI
 
MASAHIRO MINAI:1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツブランドの製品担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」などの雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆。主な著書に「スニーカース タイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。

  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
    スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)

    “REEBOK ZPump Fusion”

    実は、現在のフリーライターという仕事に就くまで、 僕は1988年から1998年までスポーツシューズブランドのリーボックの日本法人に、おもに商品担当として勤務していました。その10年間にはいくつか の思い出深いシューズがありましたが、そのなかのひとつに“インスタポンプ フューリー”というランニングシューズがあります。
    このシューズは現 在もストリートシーンにおいて人気で、女性にもポピュラーなスタイルなので、「VOGUE GIRL」の読者で知っている人も多いと思います。一目で「あっ、フューリーだ!」とわかる斬新なデザインですが、1994年のデビューなので、実は最初 に発売されてから21年も経過しているんです。正直言うと、最初にこのシューズのサンプルを見たときは、ここまで息の長いシューズになるとは全く思ってい ませんでしたが、2015年、そんな“インスタポンプ フューリー”の流れを汲むニューモデルが登場しました。それが“ジーポンプフュージョン”です。かかと部分にあるコンプレッサーを押すことで、アッパーの なかに入れられた空気室に空気が送り込まれ、“インスタポンプ フューリー”と同様に足とシューズをピッタリとフィットさせてくれます。
    この “ジーポンプフュージョン”はランニングシューズなので実際に走ってみましたが、シリアスランナーが速いペースで真剣に走るときよりも、旅行先で軽く走っ たり、週に1、2回程度走るファンランナーに最適だと思いました。パッと見で最も目立つのは甲の中央にpumpと大きくプリントされている点ですが、その スタイリッシュなデザインは、個人的にはストリートシーンにもマッチすると思い、最近ヘビーローテで履いています。
     


    TEXT:MASAHIRO MINAI
 
MASAHIRO MINAI:1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツブランドの製品担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「Number Do」「日経トレンディネット」「SHOES MASTER」などの雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆。主な著書に「スニーカース タイル」「NIKE AIR BOOK」などがある。

  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
  • スニーカー ¥13,268/reebok(アディダスグループ お客様窓口)
  • 関連記事サムネイル

FromVOGUE