VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
TAG / brand

Moncler
モンクレール

VOGUE GIRLがお届けする「モンクレール / Moncler」に関する記事ページです。

1952年、レネ・ラミヨンとアンドレ・ヴァンサンによってフランス・グルノーブル郊外で設立されたブランド。ブランド名は「モネスティエ・ド・クレルモン」という街にて創業したことから、その頭文字をとってつけられた。白地に青と赤の鳥モチーフのブランドマークは、フランスの国鳥であるオンドリを、また白、青、赤の3色で表現されているのはフランス国旗のトリコロールカラーをイメージしているからである。1968年のグルノーブルの冬季オリンピックでモンクレールのウェアがフランス代表チームに採用されたとき、オンドリがシンボルになったことからこのロゴが現在まで使われるようになった。ブランドの代名詞でもあるダウンジャケットはフランス規格協会から最高品質と認定されているキャトルフロコン(4つ星)のホワイトグースの産毛のみを使用。熟練の職人がひとつひとつベストな量をベストな場所に入れることで最高品質のダウンジャケットが生まれている。

多くの人はモンクレールといえばまずダウンジャケットを思い浮かべるが、創業当初はテントやウェア、シュラフといった登山家のためのアイテムを手がけるブランドだった。ダウンジャケットの原型が生まれたきっかけは、工場スタッフが寒さをしのげるよう手足が出せるシュラフを作ったことにあった。やがてフランス人として初のヒマラヤ登頂に成功した登山家リオネル・テレイがブランドに参入し、彼のアドバイスを受け、登山家にとって必要な高い保温性、機能性、そして軽量を兼ね備えたウェアの開発を開始した。こうして生み出されたダウンジャケットは、1954年にはイタリアのカラコラム登頂隊、1964年にはアラスカ遠征隊で使用されることになり、ダウンジャケットの第一人者として世界的に知られるブランドへと成長。また、登山ウェアだけでなく、スキーウェアにも積極的にも進出し、1968年のグルノーブル・オリンピックではフランス代表の公式ウェアに選ばれた。

1980年代から、全世界のセレクトショップなどにモンクレールの商品が置かれるようになり、その機能性とデザイン性の高さから人気が高まる。1990年代後半からは、バレンシアガやジュンヤワタナベなどさまざまなハイブランドとのコラボレーションを積極的に行い、革新的なデザインや素材でよりモダンなブランドへとシフトチェンジを図った。さらに2006年にレディス最高級ライン、モンクレール・ガム・ルージュを発表し、アレッサンドロ・ファキネッティやジャンバティスタ・ヴァリがデザインを担当。2009年、メンズはトム ブラウンを迎えモンクレール・ガム・ブルーをスタートさせたが、2018年春夏コレクションをもってモンクレール・ガム・ルージュとモンクレール・ガム・ブルーを終了とした。2015年、パリの建築家、ジル&ボワシエーが手がけた新たな旗艦店を東京・銀座にオープン。

Swipe!
Swipe!