VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
TAG / brand

GAP
ギャップ

VOGUE GIRLがお届けする「ギャップ / GAP」に関する記事ページです。

1969年、アメリカのサンフランシスコで誕生したファッションブランド。定番のジーンズをはじめ、カジュアルなウェアを取りそろえ、現在、約90カ国において3600以上の店舗を擁するグローバルな大手専門小売企業である。現在、企画・製造・物流・マーケティングを自社で一貫して行うSPA型の運営というひとつの流れをつくり出し、ファストファッションの先駆け的存在である。同様の手法をとるブランドが、スウェーデンのH&M、日本のユニクロ、スペインのザラ、イギリスのトップショップなどに当たる。

創設者は、ドン&ドリス・フィッシャーという夫婦。ギャップというブランド名は、2人が友人たちとジェネレーション・ギャップについて話していたときに考え出したものである。さまざまなスタイルとサイズがそろい、カスタマーにとって分かりやすく簡単にショッピングが楽しめるジーンズ専門店を創業したのが始まり。ブランドの成長に伴い、徐々に衣服、アクセサリー、子ども服とラインナップを増やしていった。

「クリーン、オールアメリカン、シンプル、グッドデザイン」をギャップのコンセプトとして、トレンドに左右されないベーシックなデザインであるが、時代の流れやシーズンによってトレンドを程よく取り入れながらデザイン性の高い商品を展開している。ミュージシャンやダンサーなどを起用することで、ライフスタイルや着ることへの楽しみなどのイメージに訴えたCMや広告を展開している。

2007年、アメリカ人のパトリック・ロビンソンがデザイナーとシニア・バイスプレジデントに就任。新鋭デザイナーとの限定コラボレーションライン「ギャップ・デザイン・エディションズ」をスタートさせ、第1回はドゥー リー、タクーン、ロダルテとコラボレートした。これが好評を博し、2008年の2回目では、3.1 フィリップ リム、バンド オブ アウトサイダーズなどと、2009年の3回目では、アレキサンダー ワン、アルバトス スワンポエルなどを相手にコラボレーションアイテムを発表した。

Swipe!
Swipe!