VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
TAG / brand

Dr.Martens
ドクターマーチン

VOGUE GIRLがお届けする「ドクターマーチン / Dr.Martens」に関する記事ページです。

1947年にドイツで創設されたシューズブランド。代表的なアイテムのひとつに、エアクッションの利いたソールをアッパーに黄色い糸で縫いつけたブーツがある。エアクッションソールを考案したドイツ人の軍医である、クラウス・マルテンスがブランド名の由来となっている。

1945年、戦後のドイツ・ミュンヘンで、兵役に従事していたクラウス・マルテンス博士がエアクッションソールを発明。物資不足に陥っている中、廃棄されていた軍事用のコートを靴のアッパー用の革の代替にして靴を作ろうと決意する。さらに、機械工学の知識を持つ大学時代の旧友、ヘルベルト・フンク博士との共同開発によって、新素材のPVCを利用し、軽量なソールを生み出す。このソールは、世界で初めてのエアクッションソールとなり、現代にも続く技術の基盤になる。

やがてビジネスは軌道にのり、主に年配の女性を対象に製品を販売。そして、1959年には、彼らの革新的な靴を海外の雑誌などで宣伝した。イギリスで製靴業を営むグリッグス家の三代目・ビルは、独創的なエアクッションソールの広告を見つける。その後、それを製造するための特許を獲得した同社は、さらに改良したブーツを製造する。黒と黄色のヒールループで仕上げられ、「Air Wair」と命名されたこのブランドは、「With Bouncing Soles(弾む履き心地のソール)」のうたい文句を掲げて登場した。この生産ラインが1960年4月1に開始したことから、ドクターマーチンの代表的な8ホールブーツに「1460」と名付けられた。

イギリス労働者階級の郵便配達員や工場労働者に多く履かれていたドクターマーチンのワークブーツは、やがてスキンヘッズやザ・フーのピート・タウンゼントが好んで着用するようになり、サブカルチャーにとって不可欠なものになった。現在でもミュージックやファッション業界でも親しまれ、時を経てもその存在価値を高めている。コム デ ギャルソンやヨウジヤマモトをはじめとするブランドとのコラボレーションを積極的に行っている。

Swipe!
Swipe!