VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
TAG / brand

Coach
コーチ

VOGUE GIRLがお届けする「コーチ / Coach」に関する記事ページです。

1941年、アメリカ・NYでマイルス&リリアンのカーン夫妻によって創設。ブランド名は世界で初めてサスペンション付きの四輪馬車を製造した町として知られる、ハンガリーの「コチ」という町の名前が由来。ブランドロゴに描かれている馬車には、「大切なものを運ぶ」という意味が込められている。コーチはアクセシブル・ラグジュアリー(手の届く高級品)をコンセプトに、価格帯を抑えて誰でも少し背伸びすれば購入できるレンジをつくり出したパイオニア的ブランド。現在では、バッグをはじめウェア、シューズ、スモールレザーグッズ、アクセサリーなど幅広いラインナップを展開している。

創業当初は、マンハッタンに多く存在した倉庫スペースを所有し大手メーカーからの革製品の生産を請け負う工房だった。そこにいた卓越した技術を持つ6人の職人たちによって作られる高品質な革とディテールにまで徹底的にこだわったハンドクラフトの革製品は、コーチ独自の製品としてNYで次第に評判になっていく。1960年頃、野球のグローブから発案した「グラブタンレザー」を使用したバッグコレクションを発表。熟練の6人の職人によって作られたシリアル番号入りの12個限定アイテムとなったこのコレクションは、耐久性の高さと丁寧な手仕事による品質の良さから「アメリカンクラシック」と呼ばれ、クラシックなコーチの原点となる。

1962年には、ボニー・カシンをコーチのデザイナーとして迎え入れたことがブランドの大きな転機となる。彼女は「女性のためのバッグを作る」というコンセプトを掲げ、買い物袋から着想を得た丈夫なハンドルと外側に小銭入れのついた平らなバッグ、通称「カシン・キャリー」を発表すると、たちまち女性たちの間で大ヒット。その後、「カシン・キャリー」を発展させた「ショッピング バッグ コレクション」を1960年代後半に発表し、さらにベストセラーとなった「バケットバッグ」を生み出す。1973年には、グラブタンレザーを使った「ダッフルサック」を発表し、若者の間で爆発的な人気商品となる。さらにはオープンカーのとめ具からヒントを得た「ターンロック」と呼ばれるとめ具や、犬の首輪と引綱を繋げるために使われていた金具「ドッグリーシュ」を女性向けバッグに採用するなど、次々と新しいデザインを発表。こうして女性のためにデザインと機能を融合させたボニー・カシンのデザインがコーチの新しいスタイルを確立したことで、ファッショナブルなアメリカ人女性の心を掴むことに成功した。

1979年に新規事業開発担当副社長として入社したルー・フランクフォートが、カタログの制作や直営店の出店など、知名度向上と販売経路の多角化を行うと、ブランドの名は全米に広く知れ渡るようになる。1985年、ヘインズなどを擁する世界最大のアパレルメーカー、サラ・リー コーポレーションの傘下となり、世界をターゲットとするグローバルなトータルファッションブランドとしての地位を築き始めた。

1996年、リード・クラッコフがクリエイティブ・ディレクターに就任。コーチの「C」のロゴが連なるモノグラムデザインが特徴のナイロンやキャンバス地を使った「シグネチャー・コレクション」を2001年に発表すると、瞬く間に一大ブームを巻き起こした。2013年からクリエイティブ・ディレクターに就任しているスチュアート・ヴィヴァースは、これまでのブランドイメージに囚われない、革新的でモダンなアメリカン・スタイル通して新たなコーチの魅力を発信している。

Swipe!
Swipe!