VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
TAG / brand

Cartier
カルティエ

VOGUE GIRLがお届けする「カルティエ / Cartier」に関する記事ページです。

1847年、ルイ=フランソワ・カルティエによってフランスで創設された。ティファニー、ブルガリ、ヴァン クリーフ&アーペル、ハリー・ウィンストンと並ぶ、世界5大ジュエラーのひとつとして名高い。「王の宝石商、宝石商の王」といわれるように、多くの国々の王室御用達となっている。リングやネックレスなどのジュエリーにとどまらず腕時計製造でも数々の歴史的な名作を生み出しており、近年ではバッグなどのレザー小物にも注力している。伝統的な職人技術やデザインを受け継ぎながらも、確固たる地位におごらず、常に進化を止めないカルティエのストイックな姿勢によって、今なお世界中の人々を魅了し続けている。

1847年、マスタージュエラーの称号を受けた創業者、ルイ=フランソワ・カルティエが、師匠のアドルフ・ピカールから、フランスのパリ・モントルゲイユ通りのアトリエを譲り受けてつくった工房からスタートした。やがて貴族や王族などに支持されるようになり、工房は繁栄していく。

3代目のアルフレッド・カルティエの息子、ルイ・カルティエは、現在の本店があるラ・ペ通りに移転した1899年の前年から経営に関わるようになり、ブランドの飛躍に大きく貢献した。たとえば、これまで宝石の台座というとシルバーだったのを、永遠に白く輝くプラチナを採用するというアイデアでジュエリー界に革新をもたらした。さらに、「飛行機の父」と呼ばれるアルベルト・サントス=デュモンから、「飛行中でも操縦かんから手を離さずに使える時計が欲しい」という依頼を受け、3年後、世界で初めてレザーストラップ腕時計を製造。1911年、依頼主の名を取り、腕時計「サントス」を商品化した。

懐中時計が一般的だった当時、カルティエが時計業界に与えた影響は大きく、その後も精力的にのちに名作となるモデルを発表している。代表的なモデルに、フランス語で「浴槽」を意味する名前を持つ「ベニュワール」、ルノー社製戦車のキャタピラーからインスピレーションを受けて直線的なデザインを取り入れた「タンク」、防水仕様でラウンド型のケースを特徴とする「パシャ」、フランス語で「ヒョウ」を意味する名前を持つ、野性的な雰囲気が備わった「パンテール」がある。

1924年、 3つのゴールドリングが重なり合う不朽の名作「トリ二ティ リング」が誕生。詩人であり芸術家であるジャン・コクトーが、愛人のレイモン・ラディゲに贈るためにルイ・カルティエにオーダーしたのがきっかけだといわれている。ピンク、イエロー、ホワイトという3種のゴールドで、それぞれ愛、友情、忠誠心を表現している。

カルティエは、その後も自由な愛とその絆を象徴するモチーフが特徴の「ラブ」コレクションや、日常にあるくぎからインスピレーションを受けた「ジュスト アン クル」などのアイコンジェエリーを生み出している。

日本には、1974年に上陸。以降、東京や大阪などの都市の百貨店に積極的に出店している。2008年、世界初のオンラインショップを日本からスタートさせた。

また、希少な職人による手仕事や技術を次の世代に継承していくために、1993年に「カルティエ ウォッチメイキング インスティテュート」を、2002年に「カルティエ ジュエリー インスティテュート」を設立。時計製造、研磨、マイクロ工学など多岐にわたる分野の教育を行っている。

Cartier に関連するキーワード

ジュエリー

Swipe!
Swipe!