VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

VOGUE GIRL PROMOTION

“ティファニーブルー”に魅せられて。エディターのNY滞在記。

ティファニー主催のパーティに大勢のセレブが集結すると聞きつけ、VOGUE GIRLエディターも急遽NY入り。来場セレブたちのスナップから、五番街のティファニー本店でのお買い物リポートまで、“ティファニーブルー”のマジックに魅了されたNY滞在記をお届けします。


 

世界最高峰のジュエリーが一堂に会する究極のコレクション「ティファニー ブルーブック 2018/The Four Seasons of Tiffany」の発表に合わせ、記念パーティが10月9日にニューヨークで開催。そのスケール感ときたら想像以上で、スクリーンや雑誌でみかけるトップセレブが会場のいたるところに! 大勢のSPを引き連れて会場入りしたキム・カーダシアンに大御所ディーバのメアリー・J. ブライジ、次世代itガールのゾーイ・クラヴィッツほか、日本からはVOGUE GIRLのアテンドで参加した萬波ユカとフェルナンダ・リー、森星など……あまりの豪華顔ぶれに、一瞬、状況が飲み込めないほど!? まずは会場でキャッチした、セレブたちのドレスアップ姿と、華を添えたジュエリーをチェック。

大勢のセレブたちに目を奪われながらも、個人的にいちばん興奮したのが“生”キム・カーダシアン! リアリティ番組や写真で見るよりも、実物はうーんと小柄。それでいて、横を通ったときに感じるゴージャスでダイナミックな存在感はやはり、ダイヤモンド級。そんな彼女が身につけていたジュエリーに、せっかくなので勝手にズームインしてみます。

「ティファニー ブルーブック 2018」コレクションの合計約26カラットのアクアマリンのチョーカーに、合計約40カラットのアクアマリン、約14カラットのダイヤモンドペンダントを重ね着け。まさに世界一のセレブである彼女にふさわしい規格外のラグジュアリー。

通常だと完成したらすぐに顧客たちの手に渡ってしまうため、私たちはほぼ実物を目にすることがない貴重なブルーブックコレクション。今回のパーティでは、アーティスティックなインスタレーションとともに、世界最高峰といわれる、その桁違いに豪華なジュエリーコレクションが一部、特別に公開されました。

そして、この夜のスペシャルステージを飾ったのは、R&B界を席巻中のプロデューサー兼シンガー、ブラッド・オレンジ(=デヴ・ハインズ)。(FKAツイッグスやスカイ・フェレーラのプロデュースも手掛ける、かなりのやり手!)格式高いハイジュエリーの発表を祝う場でありながら、ヒップなライブをさらっと実現させちゃうなんて、最高に贅沢&クール。デヴの甘い弾き語りに聴き入りながら、時代とともに柔軟に進化するティファニーの底力を再認識しました。


 

パーティの熱気も冷め止まぬまま、世界中のitガールたちを夢中にさせるティファニーの魅力をもっと体験したくなり、アメリカンラグジュアリーの真髄でもある五番街の本店に足を運んでみることに。

出発前からずっと楽しみにしていた、世界にひとつしかないティファニーのカフェ「THE BLUE BOX CAFE」を目当てに、4階へ直行。映画『ティファニーで朝食を』で、オードリー・ヘプバーンがコーヒーとクロワッサンをお店の前で頬張るあの名場面を、さらにバージョンアップして体現した夢のスペース。アイコニックなティファニーブルーで囲まれたフォトジェニックな店内では、ティファニーのラグジュリアスなシルバーウェアや食器とともに、こだわりのモーニングやスウィーツをいただけます。ここは間違い無く、マンハッタン指折りのインスタ新名所。

ブルーボックスカフェの可愛すぎる世界観に触れた後、自然と足が向かってしまうのが同フロアにあるホーム&アクセサリーのセクション。ここではカフェでみかけたようなブルーの食器や洗練されたシルバーウェアはもちろん、ギフトや自分のご褒美にぴったりなフレグランスやキャンドル、ペット用品にレザーグッズまで、憧れのティファニーブルーを効かせた雑貨・小物が豊富に揃う。高価なジュエリーはまだ手が届かなくても、ここならガールの毎日をスタイリッシュに引き上げてくれるアイテムが手軽に手にできてオススメ!

そして私が最後に訪れたのが、本店のハイライトとなるジュエリーフロア。日本でも話題の新作コレクション「TIFFANY PAPER FLOWERS」用に設置されたロマンティックなグリーンハウスのディスプレイを通り抜けながら、本気のショッピングタイムに。旅の最終目的は、やっぱり本場ニューヨークで、MYティファニーを新調すること。

丁寧な店員さんを巻き込みながら、20点以上のアイテムを試した末にゲットしたのが、ゴールドのペンダント。丸いプレートにはクラシックな書体でイニシャルの刻印が施されています。長く華奢なチェーンとコロッとしたペンダントヘッドのバランス感が可愛く、何年か前から狙っていたのですが、ついに旅の記念に!と自分を甘やかしながら買っちゃいました。こちら、つけているとよく褒められるので、買い物としては大成功だったとおもいます。目にするだけで気分が上がるティファニーのブルーボックスといっしょに、パチリ!


 

11月にはティファニー発祥のNYを舞台に、アメリカン・ラグジュアリーにインスパイアされたGIRL OF THE MONTHを特別バージョンでお届け! 出演するのは、マンナミ&フェルナンダの仲良しコンビ。ニューヨークの街とそこから生まれる自由なスタイルを、フレッシュなドレスアップでセレブレートします。ぜひお見逃しなく!

 

ティファニー「ブルーブック」2018 コレクションの詳細はVOGUE JAPANでも掲載中!ぜひチェックして。

  • お問い合わせ/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712

    公式サイトはこちら。

Swipe!
Swipe!