VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

VOGUE GIRL PROMOTION

MISS DIORに幸せな願いを込めて。 Cocomiとクリスマス前夜のプロローグ。

誰もが寝静まった、冬の夜。Cocomi扮するクリスマスの妖精が、サプライズを仕掛けるために舞い降りてきた! 一年のハイライトを飾るにふさわしい聖なる夜に、とっておきのプレゼントを届けたい。MISS DIORのギフトにありったけの愛と幸せを詰め込んで、大切なあの人の元へ━━。

ホリデーを讃える、幾千もの花々の香り。

キラキラと輝く星空の下、光に照らされた大きなツリーのふもとには、数々のギフトボックスと“ミス ディオール”。「女性に笑顔を取り戻したい」というクチュリエの強い想いを基に1947年に誕生したフレグランスは、時代と共に進化し、クチュールのボウを携えた可憐な姿でメゾンを象徴する存在に。香水をとひと吹きした瞬間、センティフォリアローズをはじめ、抱えきれないほどの無数の花々の香りが華やかに押し寄せる。それはホリデーシーズンを記憶に刻み、幸福感で包み込むスペシャルなエッセンスとなる。

製品の詳細はこちら

ディオールならではの特別な演出で
ホリデーギフトをオンリーワンに

大切な誰かの事を想い、選び、ラッピングをする。その想いは相手に伝わり、喜びもさらに特別なものになるからこそ、ディオールには3種のパーソナライゼーションが用意されている。ボトルに直接名前やメッセージを刻印出来るサービスの他、3色のクチュール ボウとラベルから1色を選び、希望の3文字を刺繍出来るフレグランス“ミス ディオール オードゥ パルファン Make it yours”。また、“ミス ディオール オードゥ パルファン”の100MLのみ、クチュールボウに最大3つまでアルファベットやチャームをつけ、オリジナリティを演出することが可能に。好みのカスタマイズを施したら、スペシャルなボックスでラッピングを施したい。今年はミッドナイトブルーの夜空にディオールのラッキーナンバーでもある「8」つの星座がきらめく、大胆でロマンティックなデザインに目が奪われるボックスを用意。DIORのロゴが流れるリボンで飾り、オーナメントのように輝くスターチャームをつければサプライズの準備は完璧。大切な人がギフトを開封する瞬間、きっとクリスマスの妖精が魔法をかけて、幸せな気持ちがあふれ出す。

製品の詳細はこちら


「クリスマスは大切な人たちと過ごす、かけがえのない時間」

ディオール ビューティーのアンバサダーとして、今回のストーリーの主役を飾ったCocomi。街中がきらめき出すホリデーシーズンについて、彼女が寄せる想いとは?
「毎年クリスマスはお家で家族と過ごすのが定番なので、今年も母親が焼いてくれる七面鳥をみんなで囲んで食事をする予定です。だから、私にとってクリスマスは、美味しいものがいっぱい食べられる大好きなシーズン(笑)。温かい野菜スープの香りを嗅ぐだけでも、クリスマスを思い出すほどなので。そんな大切な人たちと過ごすかけがえのない時間だけでも贈り物だと感じますが、小さい頃は25日の朝に起きるとサンタさんが来てくれていて。たしか5、6歳の頃、妹が「馬が欲しいです」ってリクエストを書いたら、翌朝大きな抱き枕の馬とシマウマが置いてあったのがすごく記憶に残っています。それから、サンタさんが現れて泣いてしまったことも! それも4歳頃なんですが、映画の『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』を観たばかりで、ウギー・ブギーという悪者が子どもながらにすごく怖かったんですよね。そのインパクトが大きすぎて、父親がサンタの格好をしてベランダから現れた時に、“トントン”じゃなくて“ドンドンッ!!”っていうノック音にびっくりして、「ウギー・ブギーだー!!」って大騒ぎに(笑)。あまりに怖すぎて、結局サンタさんのこと見れなかったですね」。

最近はクリスマスプレゼントをもらうのではなく、友達と交換することも楽しみの一つなんだそう。
「決まった予算内でそれぞれ自由に選ぶんですが、いつも相手を想像しながら、似合いそうだな、とか喜びそうだなと思うものを選ぶことが多いです。例えば、アイメイクはしないけどリップは毎日塗っている人なら、似合いそうなアイシャドウを選んで挑戦してみてね!って渡したりしています」。

製品の詳細はこちら
パーソナライゼーション詳細はこちら

“愛”にあふれる香りの贈りもので、感謝を届けたい。

彼女自身も普段から愛用しているという“ミス ディオール”。もし誰かにプレゼントするのなら? 「“愛”を具現化した香りなので、幸せや愛を伝えたい人に感謝の気持ちを込めてプレゼントしたいですね。ちなみに、一般的には女性向けだと思うんですけど、私は男性がつけてもロマンティックで素敵だと思うんです。むしろ良い香りなので付けてほしいくらい! 私自身はメイクが終わったタイミングで付けるんですが、レイヤードを楽しむ日もありますよ。ミス ディオールのボディクリームをつけてから、胸もとに香水をシュッとひと吹き。そうするとふと動いた瞬間に、ほんのり甘さが香るんです」。とっておきの使い方を伝授してくれたあと、プレゼントを渡すときのひと工夫も教えてくれた。「ラッピングされたものをそのまま渡すのではなく、相手をイメージしながら花言葉を選んで、その花のイラストと一言メッセージを添えて渡すようにしています。これは大小関係なく、ちょっとしたギフトを渡すときもやっているかも」。

11月24日に、初のデビューリサイタルコンサートを控えているCocomi。「私のアルバムの曲をベースにプログラムを自分で組んだんですが、古典なバッハと、好きなフルートソナタであるプロコフィエフのフルートソナタを後半に入れたのがこだわりです。さらに、共演者がなんと3人もいらっしゃって下さるんですが、みなさんとても素晴らしい方たちなのでぜひ楽しみにしていてほしいです」。

最後に、「もし本当に妖精になったら、それって私が小さくなって食べ物が大きくなるってことですよね!?」と、目を輝かせた。「それは……妖精になるしかないですね(笑)。小さいころ雲の上に乗ってみたいと思っていたので、綿あめに飛び込んで思いきり食べてみたいと思います!」。

製品の詳細はこちら
公式サイトはこちら
  • チケットを2組4名様に!

    フルート奏者としてもうひとつの顔をもつCocomi。アーティストとしての魅力を再発見できる待望のデビューリサイタル『de l’amour』へ、読者2組4名様を特別にご招待。アレクサンダー・ガジェヴ、ニュウニュウ、佐藤晴真を迎え、東京・紀尾井ホールにて開催される特別な一夜。めいいっぱいのドレスアップで訪れたい。

    日時:2022年11月24日(木) 18:15 開場/19:00 開演
    会場:紀尾井ホール 東京都千代田区紀尾井町6−5

    応募締め切り:2022年11月17日(木)9:59

    募集は終了いたしました

  • CONTACT
    パルファン・クリスチャン・ディオール
    03-3239-0618
    Dior.com

    衣装:
    ジャケット¥660,000 スカート¥350,000 ブーツ¥238,700 ピアス64,000 ブレスレット¥135,000(参考価格) リング¥93,000/すべてDIOR(クリスチャン ディオール)

    クリスチャン ディオール
    0120-02-1947

  • STAFF

    PHOTO: BUNGO TSUCHIYA @ TRON
    VIDEO: YUSUKE TABUKI
    HAIR & MAKE-UP: RIE SHIRAISHI
    STYLING: CHIKAKO TANIFUJI
    WRITER: KAZUKO MORIMOTO
    DESIGN: MALKO UEDA @ MIRROR
    EDITORS: GEN ARAI, YUKIKO MOROOKA

INDEX

Swipe!
Swipe!