VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

VOGUE GIRL PROMOTION

幸せを引き寄せる、キレイ磨き!

VOGUE GIRL「しいたけ占い」と「大丸・松坂屋ビューティアップ」によるコラボ企画の第2弾が到着。配布中の冊子といっしょに楽しめるスペシャルなビューティー対談や、今冬マークすべき新作・限定のコスメなどをご紹介。

しいたけ×森川葵のスペシャル対談! ミステリアスな魅力に接近。

人気占い師・しいたけとタッグを組んだVOGUE GIRL×大丸・松坂屋コラボ企画第1弾に続き、今回は、モデルとして3つの最旬ルックに挑戦してくれた女優・森川葵と、彼女も大ファンだというしいたけの夢のビューティー対談が実現!  演技派ゆえミステリアスな“素の森川葵”をひもときながら、人を引きつける魅力の秘密や、ハッピーを引き寄せる方法、さらなる飛躍のヒントまで、たっぷり語り尽くします。

あるときは坊主頭で心を閉ざした繊細な少女に、またあるときは金髪で回し蹴りをお見舞いする裏生徒会書記に。演じる役によってヘアスタイルも雰囲気もガラッと変えるカメレオン女優として圧倒的なオーラを放つ森川葵さん。その妙に気になる存在感は、彼女の本質に秘密が……。

*

森川葵(以下M):はじめまして。いつも「週刊しいたけ占い」で双子座をチェックしてます!

しいたけ(以下、S):ありがとうございます! そんなふうにお褒めいただいた後でとっても言いにくいのですが、森川さんって相当変な人ですよね。

M:さっそくバレちゃった。ふふふ(笑)。

S:そして人見知りの引きこもり。今のオーラカラーは青と黄色が強く出ているんですが、特に青って“閉じている色”なんですよ。

M:確かに、心許せる友達ってめちゃくちゃ少ないです。

S:人見知りとか引きこもりの人って、他者との距離感がうまくつかめなくて、全力で人に合わせようとしがち。だから人と会うのにものすごくエネルギーを使うんです。

M:そういうところはありますね。後でグッタリ疲れちゃったりして。

S:プライベートでも、人と会うときは無意識のうちに何かの役を演じてしまうんですよね。今は女優モード、次はバラエティモードっていうふうに、「森川チャンネル」をどんどんきり替えて頑張って適応しているというような。

M:森川チャンネル!

S:モードがOFFになっているときは、つねに走馬灯を見ているような感じで、誰が何の話をしても、右の耳から左の耳へ抜けていっちゃう。そんなことありません?

M:「へーそうなんだ〜」って聞いているふりしながら、ばーっと流しちゃってること、ありますね……。

S:でも、モードに入ったときの集中力は驚異的なんです。グッと集中力のスイッチがめちゃくちゃ深く入るか、完全にオフのどちらかしかない。普通の世界では生きにくいタイプではあるのですが、そういう意味では今のお仕事は向いてるとも言えますね。

M:ならよかった(笑)。

シルバーは一歩引いたところからでも存在感を発揮できる色。しっくりきたらチャンス到来の兆し!

S:今回のオーラカラーをテーマにしたメイク、気になった色とかありましたか?

M:ピンクアイは、自分でも好きな系統のメイクなので、やっぱり可愛いな〜って感じでしたね。

S:今回は赤みの強いピンクですね。赤って攻める色。これがしっくりくるときって、やりきってやろうみたいな決意がみなぎっているとき。勝負の日とか、ONになったときのマインドと合っているんでしょうね。

M:なるほど〜。オレンジメイクは、普段ナチュラルメイクが多いからトライしやすそうで、これも素敵でした。

S:ベージュとオレンジの組み合わせなんですね。ベージュはオフの色で、オレンジはチャレンジの色。仕事ばかりにならず、オフも有意義に過ごしたいとか、自分の幅を広げるとか、そういうモードのときに気になってくる色ですね。

M:面白いですね。でも、いちばんグッときたのはシルバーのアイシャドウを使ったメタリックメイクなんです。シルバーをメイクで使うこと自体が新鮮だったのですが、意外と肌になじむし、新しい自分を見つけられた感じで気に入りました。

S:シルバーは、ちょうど下半期の双子座のラッキーカラーでもあるんですよ。

M:そうなんですか!

S:シルバーはこだわりの強さを示す色。なんでもチャレンジするというより、合うものをチョイスしていきたいというモードの表れ。このカラーが気になるときは、大きな仕事が決まるとか、何か変化が起こりやすいときでもあります。

M:良い変化だといいな〜。

S:シルバーはゴールドの前段階のような色で、ゴールドほどは目立たないんだけど、一歩引いたところからでも存在感を発揮するパワーがあるんです。味方につければ自分を守ることができるので、メイクでもいいですし、銀細工のものを身につけるのもおすすめです。

M:なるほど。さっそく探してみます!

S:ほかに、最近気になってる色ってありますか?

M:エメラルドグリーンがめっちゃ気になります。

S:エメラルドは人の輪に入るとか、人と話を合わせる、という意味を持つ色ですね。

M:そういえば、今までお仕事でご一緒した方々と飲みに行ったりすることがなかったんですが、最近は積極的に参加するようにしていて。そんな気持ちの現れなのかも?

S:そうかもしれませんね。でも、そもそもの本質はちょっと閉鎖的。努力することは大切ですが、辛くなってきたら自分なりの楽しみを見つけるといいです。森川さん自身が変な人だから、やっぱり変な人が好きなんですよね。たとえば飲み会に参加したら、割り箸を注意深く割ろうとする人とか、サラダを取り分けるときトマトの数を厳密にそろえようとする人とか、そういうちょっと変な人に声をかけてみるとか。

M:そういう人、めっちゃ気になります(笑)。

「楽しいこと=苦しいこと」な人。自ら壁を作り、乗り越えていった先に幸せと飛躍が待っている。

S:今回の企画でモデルをつとめてもらっておいてなんなんですが、本当はこういうの苦手ですよね?

M:うぅ。なんでわかるんですか!?

S:もともと根暗だから、心の奥底では、地中にいたモグラが無理やりキラキラした世界に引っ張り出されて、どうしたらいいかわかんなくてオロオロしている感じなんじゃないかなと。

M:根暗なモグラ!

S:こういう撮影って、「可愛い〜」とか「似合う〜」とか連発されるじゃないですか。そういうのほかのモデルさんたちは普通に受けとめられるのに、森川さんは「もうやめて〜」って穴に潜りたくなる。

M:うわぁ合ってる〜(笑)。ティーン誌の専属モデルをやっていた時代、「可愛い」って言われるのがとにかく恐怖で。「私なんかが可愛いって言われていいのかな」ってずっと悶々としてたんです。女優業に力を入れるようになったのも、じつはそういう理由で。いろんな作品をやって、坊主にしたりして、見た目よりお芝居で評価されるように自分から仕向けていきました。でもお芝居もお芝居で、「演技がうまいね」と褒めていただいても、「狂った役をやっていたからそう見えるだけで実際は大したことないのにな」って思ったり。

S:そうなんですね。お仕事でのマインドは、今でもそんな感じですか?

M:はい。今まさに壁にぶち当たっていまして。最近、どこにでもいる普通の女の子を演じることが増えてきたのですが、これが自分で思っていた以上に難しくて。なんていうか、うまくハマっていないな〜って……。

S:森川さんって、めちゃくちゃ考える人なんですね。たとえばコーヒーを飲んだときに、「どのバージョンの“おいしい”を言おう」って、ものすごく考えちゃう。

M:ははは(笑)。

S:だからクセがない普通の人の役ほど難しく感じてしまうんだと思うんです。でも、森川さんって、「楽しいこと=苦しいこと」な人。その苦しみから解放されたときに、この上なく幸せを感じられる。だから、苦しいことをやっておくのは悪いことではないと思いますよ。それが飛躍にきっとつながるはずですから。

M:楽しいことは、苦しいこと。わかる気がします。

S:ちなみに、バラエティとかやらないんですか?

M:今はほとんどないですねぇ。

S:僕個人的には、ぜひコントとかやってほしいんですよね。

M:えっ、コント!?

S:漫談みたいに、ずっと変なことしゃべってる人とか。素の根暗な森川葵がちょこっとでも出るようなことをするのがいいと思うんです。それか、文筆業とかも向いてますよ。

M:文筆か〜。たまにブログを書くぐらいですが、確かに嫌いではないですね。

S:今って、世の中の流れ的に正直な人にスポットライトが当たる時代。芸能人だからといってつくりすぎている人は信用されないじゃないですか。視聴者も頭がいいから、つくってる人はすぐ見抜かれる。だからこそ、森川さんの根暗モグラな本性を出していくほうが、きっともっと受け入れられるはず。根暗も引きこもりも決して悪いことじゃないし、むしろ個性であり強みでもあると思うんです。だから、素顔の自分も表現できる場を持つようにすると、女優業にも磨きがかかって、新しいステージに行けるんじゃないかと。

M:ひとりコントは想定外だったんですけど(笑)、でも面白そう!

S:仕事やプライベートでエネルギーを使い果たしたら、流れるものを見るといいですよ。川とか、車窓とか、回転寿司とかでもいいので、とにかく絶えず流れるものを見る。そうすると、心が癒やされてパワーが回復してくるはずですよ。

M:なるほど。さっそく窓の外をぼーっと眺めてみます!

S:たとえいろんな表現ができても、この人じゃなきゃいけないと思わせる表現ができる人って、意外と少ない気がするんです。だからこそ、狂った役ですでに評価されるようになっているのはすごいこと。持ち前の集中力と考える力を発揮すれば、普通の人の役だって、きっと攻略できるはず。森川さんは、森川さんじゃなきゃいけないっていうところにたどりつける人。だからぜひ頑張ってくださいね。応援しています!

M:本当ですか! すっごく嬉しい。頑張ります!

もりかわあおい/1995年生まれ。双子座。愛知県出身。女優。2010年、ファッション誌『Seventeen』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、モデルデビュー後に女優業もスタート。ドーリィなルックスからは想像もつかない個性的でアクの強い難役を次々と乗りこなし実力派若手女優として注目の的に。11月にはM&Oplays プロデュースの舞台『ロミオとジュリエット』、来年には映画『耳を腐らせるほどの愛』『映画 賭ケグルイ』が待機中。
  • FNO名古屋に特別ゲスト来場!

    松坂屋名古屋店を舞台に、ファッションの祭典「VOGUEFASHION’S NIGHT OUT」が初上陸! VOGUE GIRLによるトークショーでは、森川葵&しいたけさんを迎え、スペシャル対談をお届け。詳細は公式サイトで。
    https://www.vogue.co.jp/fno/2018/nagoya/
    開催日:2018年10月27日(土)
    時間:15:45~ / 17:30~ 各回45分
    開催場所:松坂屋名古屋店 南館1階 オルガン広場イベントステージ

Vol.1『HAPPY CHARMS』

 

レシピを公開! オーラメイクのつくり方。

素直に“愛されキャラ”になれるピンクラッシュ&ライン、自分だけの魅力にスポットライトを当てるシルバーアイ、ポジティブオーラで運を掴むオレンジのワントーンメイク。3つのオーラメイクを攻略する、注目のコスメ&HOW TOをご紹介。

掲載アイテムを見る

 

売れっ子セレブの美に接近!

今年もさまざまな話題と美貌をふりまいた旬顔のセレブたち。キラキラ輝くオーラの秘密と、それとなく近づける優秀コスメにフォーカス。

掲載アイテムを見る

 

見た目もステキ! パケ買いコスメLIST。

1年のフィナーレを迎えるホリデイシーズンは、ルックス重視で選びたいスペシャル仕様のアイテムが勢揃い。

掲載アイテムを見る
  • 「しいたけ占い×さくらパンダ」のコラボグッズをプレゼント。

    「しいたけ占い×さくらパンダ」のコラボグッズをプレゼント。

    期間中、大丸・松坂屋の化粧品公式Instagramアカウント〈@depaco_official〉をフォローのうえ、化粧品売場対象ブランドにて1レシート税込3,000円以上お買いあげの方、先着8,000名様(対象10店舗合計)にTAROUTが描き下ろしたキュートなPOPアップメモ帳を進呈。
    期間:2018年10月10日(水)~2018年11月13日(火)

  • 「しいたけ占い」星座別・ラッキーカラーカードを配布。

    しいたけさん監修の12星座別・ラッキーカラーカードを店頭でGETしよう。おすすめのカラーコスメとチェックして。配布場所は、各店舗の化粧品フロアでご確認を。
    ※カードの配布は無くなり次第終了となります。

  • 化粧品売場で使えるビューティチケット1,000円分をプレゼント

    期間中、化粧品売場対象ブランドにて1レシート税込12,000円以上お買いあげの方、抽選500名様(対象10店舗合計)に当たるチャンス!
    期間:2018年10月10日(水)~2018年11月13日(火)

  • 上記キャンペーンの対象店舗

    【大丸】
    心斎橋店北館地1階/梅田店2階/京都店1階・地2階/神戸店1階・地2階/東京店2階/札幌店1階・3階/福岡天神店東館エルガーラ1階
    【松坂屋】
    名古屋店本館1階・6階・7階・南館1階/上野店本館1階・2階/静岡店本館1階
    ※一部プレゼント対象外のブランドがあります。
    ※<WEB>の記載がある化粧品は大丸松坂屋オンラインショッピングでお買い求めいただけます。
    ※大丸松坂屋オンラインジョッピングでお買い求めいただいた場合、上記キャンペーンは対象外となります。ご了承ください。

大丸・松坂屋 冬のビューティアップ
DEPACO
アミューズ ボーテ
大丸松坂屋オンラインショッピング
MODEL : AOI MORIKAWA @Stardust PHOTOS : BUNGO TSUCHIYA @Tron, SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO STYLING : YOKO IRIE @Tron HAIR : HORI @Be Natural MAKE-UP : MICHIRU for Yin And Yang WRITING : NAOMI SAKAI EDITOR : YUKIKO MOROOKA
Swipe!
Swipe!