本文へジャンプ

ナビへジャンプ

NEWS

「キャン ペプレイ」と写真家ジャック・ブーブロンが、イビザにまつわる展覧会を開催。

「CAN PEP REY(キャン ペプレイ)」とフランスの写真家ジャック・ブーブロンがコラボ。ブランド名の由来となったイビザの古民家“Can Pep Rey”で1965年から1989年の間に撮影された当時の作品の展覧会が、2018年5月12日(土)〜27日(日)にわたってグラフペーパーで開催される。

1

4

イビザにある古民家“Can Pep Rey”に1965年から1989年まで実際に住んでいたフランスの写真家ジャック・ブーブロン。展覧会は、この家の昔の住人と新しい住人とのパーソナルなプロジェクトで、建築や空気感そして周辺の自然を感じることができる。彼がイビザで過ごした時に撮影された健康的なヌードとランドスケープのセレクションを、「キャン ペプレイ」の2018年春夏コレクションとともに堪能できる。さらに店頭では、彼が撮り下ろした写真とエクスクルーシブなプリントTも発売。

初日である5月12日(土)にはフリードリンクが振る舞われるオープニングイベントを開催。ジャック・ブーブロン本人も来場するので、直接写真にまつわるストーリーを伺えるかも。

■「キャン ペプレイ x 写真家 Jacques Bourboulon」オープニングイベント
開催日時:5月12日(土)15:00〜19:00
開催場所:グラフペーパー(東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション1A,2D)
電話:03-6418-9402

TEXT:TOMOMI HATA

FromVOGUE