本文へジャンプ

ナビへジャンプ

NEWS

テイラー・スウィフト、ツアー初日にキム・カーダシアンとの騒動についてコメント!

先日ケイティ・ペリーとの仲直りを示唆したテイラー・スウィフト。さらに8日のツアー初日には、犬猿の仲であるキム・カーダシアンについてコメント。こちらは和解とはいかなさそうで……因縁対決は、まだまだ終わらない!?

PHOTO:GETTY IMAGES

8日、アリゾナ州グレンデールで「レピュテーション」ツアーをスタートさせたテイラー・スウィフト。MCでは、今回の演出に巨大な蛇が使われていることに関して、こうコメント。

「数年前、ある人がソーシャルメディアで私をヘビと言った。そしてそれが流行った。それからたくさんの人が、ソーシャルメディア上で私に色んな名前をつけた。本当に辛い時期だったわ」

PHOTO:GETTY IMAGES

この“ある人”とは、キム・カーダシアンのこと。さらに「乗り越えられるかどうかわからない時期が何度かあった。だから、みんなにメッセージを伝えたくてヘビを使った。もし、誰かがソーシャルメディアで変な名前をつけてあなたをいじめようとしたり、多くの人がそれに乗っかったりしても、負ける必要はない。反対に、あなたを強くさせてくれるものだから」とファンをインスパイア。

そして最後には「全く知らない多数の人に誤解されても、あなた自身をよく知って、会ってくれて、一人の人間としてみてくれる大切な人がいる限り、気にすることはない。だから、私を知って、会いに来てくれて、私を一人の人間としてみてくれてありがとう」とファンへの感謝も忘れず。

自身の辛い経験を、別のパワーに変えてファンに届けるテイラーって、やっぱりカッコイイ!

TEXT:MARIKO PEELING

FromVOGUE