本文へジャンプ

ナビへジャンプ

NEWS

テーマは“マグリブフレーバー”。「bills」に、スパイス広がる爽やかな春夏メニューがラインナップ!

2018年4月9日(月)より、「bills(ビルズ)」が国内全店舗にて、地中海エリアの料理をテーマにした春夏メニューを随時提供スタート!

1

4

世界中の食文化をリサーチし、常に最新のトレンドエッセンスを加えたメニューを提供するオールデイカジュアルダイニング「bills」。今シーズンは、“マグリブ”と総称されるモロッコ、 アルジェリア、チュニジアなどの地中海沿岸地域からヒントを得て、メインテーマを“マグリブフレーバー”に決定!

マグリブは歴史的背景から、フランス、スペイン、 イタリアといったヨーロッパ諸国の影響を受けており、多様な食文化が発展しているエリア。最近ではユネスコの無形文化遺産に、マグリブ料理の代表的なメニューともいえる”クスクス”を登録しようとした動きが起きたことから、マグリブの食文化は今、世界中から注目の的に!

今回、「bills」の“マグリブフレーバー”のポイントとなる食材は主に2つ。1つはハリッサという唐辛子を元に作られるペースト状の調味料、もう1つはデュカという多様なスパイスを効かせたナッツの調味料。どちらも自家製のレシピを考案し、既存のメニューなどと組み合わせたことで、これまでにない「bills」の新たな魅力が誕生! 地中海料理の新しい美味しさを、ぜひ体験して。

TEXT:YUKI KIMIJIMA

FromVOGUE