本文へジャンプ

ナビへジャンプ

NEWS

「エースホテル」待望の日本進出! 2019年年末に京都に施設をオープン。

アメリカやロンドンで、ヒップなオーディエンスに愛される「エースホテル」が、ついに日本上陸。建物の建築デザイン監修を手がけるのは、建築家・隈研吾。2019年の年末に開業予定のエースホテル京都を、今からお楽しみに!

2019年の年末にオープンするエースホテル京都。場所は、産業の発展や歴史にゆかりの深いエリアである京都の新風館。街の中心に位置しながら歴史的な背景を持つ土地、錦市場や京都文化博物館、京都芸術センターといった現代の街の文化資産ともいえる施設や、200年の歴史を持つ数々の老舗店からほど近い場所で、新しい文化発信の中枢となることを目指す。

エースホテルといえば、そのデザイン性の高さも人々を魅了する所以。新施設は1920年代建立の旧京都中央電話局であった歴史的建造物のリノベーションも内包。新旧の豊かな融合を試みた建築家・隈研吾のデザインにも、注目して。

TEXT:TOMOMI HATA

FromVOGUE