本文へジャンプ

ナビへジャンプ

NEWS

「SNSの悪口に言い返すのは未熟」。18歳、マディソン・ビアーの対応が大人過ぎる!

ブルックリン・ベッカムとの噂で一気に注目度がアップした18歳のマディソン・ビアーが、14歳の頃から毎日SNS上の悪口に悩まされていると告白。それでも心を強く持つ続ける、マディソン流対処法とは?

PHOTO:Splash/AFLO

12歳の頃から歌っている映像をユーチューブに投稿し、13歳でジャスティン・ビーバーのツイッターで紹介されるやいなやライジングスターの仲間入りを果たしたマディソン・ビアー。しかしそんな成功の陰で、毎日SNS上での悪口に悩まされていることを『People』誌のインタビューで激白。

「(悪口は)少なくなることも、お手柔らかになることも決してない。だから落ち込まず、ポジティブな気分に持っていくよう、自分自身で頑張るようにしてる」

「私を痩せすぎっていう人もいるし、体重がちょっとでも増えれば太ったという人もいる。全ての人を喜ばすことなんてできない。だから結局大事なのは、自分が幸せかどうかってこと。他の人の気持ちなんて気にしないし、誰かのために自分を変えようとも思わないわ」

それでも、時には、自分の意思を表すことも大事と語るマディソン。

「大抵の場合、言い返すのは未熟だと思う。だけど、言い返す時は、気品と優雅さを持って返答するの。(悪口を言う人は)本当の私を知らないってことを示したいだけ。だけど、誰にも話さず、自分の中だけに留めて泣きたいなら、それでもOK。私もそんなこと、何回もあった。大事なのは、1日の終わりに”私は良い人間で、良い心を持っている”って自分自身が分かっていることよ」

長年悩んでいた彼女だからこそ、他の誰でもなく、自分自身の気持ちが最重要だというモットーは説得力抜群。歌手としてはもちろん、今後はロールモデルとしてもマディソンに注目!

TEXT:MARIKO PEELING

FromVOGUE