本文へジャンプ

ナビへジャンプ

NEWS

「アー・ペー・セー」より、チュニジアのアートクラフトをインスピレーションにした生活雑貨コレクションが発売。

チュニジア生まれの生活雑貨コレクション「ラ・リスト・チュニジエンヌ」が、「A.P.C.(アー・ペー・セー)」から登場。オーガニックな素材使いとシンプルな美意識が詰まったデザインを生活に取り入れて。

1

6

「アー・ペー・セー」のクリエイティブ・ディレクター、ジャン・トゥイトゥの妹であるロランスと、チュニジアの職人の協力のもと創作された「ラ・リスト・チュニジエンヌ(=チュニジアのリスト)」。

「アー・ペー・セー」夏コレクションのエクスクルーシブとして展開されるフータ。あまり聞き馴染みのないフータとは、チュニジアの伝統品のこと。かつては大衆浴場のタオルとして使われ、素肌に心地よい100%コットンの生地をサヘル地方の伝統的な手織り機で編んでいる。同じく3本のストライプが印象的なラグマットとバスケットは、スマーというチュニジアで採取された自然なイグサと野性のヤシを、地元職人が編んだもの。ボルドーに加えブラックが、「アー・ペー・セー」限定で展開される。

陶器もまた、チュニジアで代々受け継がれてきた伝統の品。陶工職人が作る3点セットのボウルは、チュニジアで定番のスープに使うクラシックなボウルに適した純粋な粘土から作られている。同様にカップは、湧き水を飲むために使用される最も古くからあるチュニジア陶器からインスパイアされたもの。

素朴で温かみのあるデザインのアイテムがそろう雑貨コレクションは、これからの季節のアウトドアのお供にもぴったり!

TEXT:TOMOMI HATA

FromVOGUE