本文へジャンプ

ナビへジャンプ

NEWS

銀座の初夏の風物詩「東をどり」をテーマにした粋な新メニューが登場!

今年創業115周年を迎えた「資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェ」が、2017年5月23日(火)より6日間限定で「東をどり」スペシャ ルメニューを提供スタート!

1

2

1925年(大正14)に始まり、江戸の粋と華やぎを今に伝える新橋花柳界のお祭り「東をどり」。毎年5月に開催されるこのお祭りにちなみ、新橋芸者の上品で粋な振る舞いをただよわせるスイーツメニュー2品が登場!

「東をどり」の和の雰囲気を抹茶で表現した「東をどりパフェ」は、きな粉のわらび餅や白玉、フルーツを入れたことで、食感や彩りも豊かな一品に。芸者さんを思わせる番傘の飾りも粋なポイント。そして、明治後期の新橋の芸者さんが好んで着た青緑色の着物“新橋色”をモチーフにした「新橋色のアイスクリームソーダ」は、その色調を青りんご風味のシロップとレモン、ジンジャー エールで表現し、伝統のアイスクリームをトッピング。

かつて、三味線のお稽古の合間に同店のソーダ水でひと息ついていたという新橋の芸者さんたち。その世紀を超えた“いいご(115)縁”に想いをはせながら、和のパフェと美しい色合いのアイスクリームソーダを楽しんで。

TEXT:YUKI KIMIJIMA

FromVOGUE