VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

「人に優しくできず、いつも自己嫌悪に陥ります」【ガールなお悩み相談室第32回】

“ガールな”お悩みにズバリとお答え!
LOVE/RELATIONSHIP
SHARE

みんなからのお悩みに、VOGUE GIRL公式キャラクターのGIAが真摯に向き合い、ズバッとアドバイスをする「ガールなお悩み相談室」。今回の相談者は、仕事でも人に優しくできず、そっけない態度をとって、自己嫌悪を繰り返す29歳の女性。そんな彼女にGIAはどんな言葉をかける?

 

人に優しくできず、自己嫌悪に陥ることがあります。体調が悪いとか、機嫌が悪いわけではないのですが、人に話しかけられると面倒に思ってしまいついそっけない態度をとってしまいます。職種上、人に優しくしなければならないのに、同じようなことを繰り返していることも自己嫌悪になる理由のひとつです。自分の気持ちを切り替えるコツがあれば教えてください。

「職業上、人にやさしくしなればいけない」って、人に優しくしなくていい仕事なんてどこにもないよっ!人の優しさって、本来は義務ではなく心から湧き上がってくるもの。仕事だったらその「優しさ」を、感情で流されることなく理性や状況などを考慮しながら判断したり接していくものじゃないかな?表面的に優しく接するのではなく、物事の判断や行動の根底に優しさが必要だとGIAは固く信じています。

人に優しくできないときの理由のひとつは、自分の感情を優先したいという心の余裕のなさからくるもの。頭では駄目だとわかっていても心がそうしてしまう今のあなたは、どこか別の部分で満たされてないもの、例えば日常の小さなイライラとか些細な不満があるんじゃないかな。それを一度、見つめ直すことは大切かもしれないよね。

駄目だと自覚しているのに自分の気持ちを優先してしまうのは、自分に甘えてる部分もあるんだと思う。本心から良い人にならなくてもいいから、仕事上で会う人に対しては最低限の礼儀とマナーを持って接する。多くのことが人間関係で成り立っている仕事でそういう態度をとってしまうのは、マナー違反だよね。自分の感情だけを優先させるのではなく、人と丁寧に接することは社会で生きていく上での礼儀なんだと、もう一度肝に銘じるべき。例えば、自分から話しかけに行くとか、話しかけられたときに面倒くさいと思って目をそらさず目を見て話すとか、意見に反するようなことを言われたとしても一拍置いてみるとか。世の中にはマナー講座や本がたくさん出ているわけで、自分の気分のむらに関係なく、人と安定して関係を築くために、そういうところから学び直してみるのもひとつの手。

あとは、周りにいる素敵だなと思う人をマネしてみるのもいいかも。素敵な人って、自分から丁寧に挨拶したり、相手を選ばず公平に接したり、マネしたい部分っていうのはたくさん出てくるものだから。自分の周りにいなかったら、ドラマや映画に出てくるちょっと素敵な人とかでもいい。そういう人の対応能力を観察してみると、「優しさ」という漠然とした感情が、より具体的なものに見えてくるはず。

気持ちを切り替えるためには、自分の中にある甘えと不満に向き合うことが大切。同じ毎日が繰り返される中で、今日は駄目だと思っても、諦めずに明日はちゃんと丁寧に接しようと思うこと。そっけなく失礼な態度をとってしまったなと思ったら、帰りがけに「お疲れ様でした」と自分から声をかける勇気をもってみるとか、そういう形で、少しずつ自分がやったことをフォローしていくっていうことも大切だよね。

まずは、人に優しくしようと思わなくていいから、相手も感情を持った人間なんだということを認識して、きちんと向き合うことを意識する。形からでもいいから、丁寧に相手に接する。改善したいと思うのに、自分がそっけない態度をとり続けてしまうというのは、自分に甘えている証拠。自分でも気づく人間としてのバランスの悪さは、他人もきっと気がついているよ。けれど、人からの評価はいつでも変えられる。明日から変えていけば、すぐにそういうイメージも払拭されるんじゃないかなと思う。

 

>>>他のお悩み相談を見てみる。

Swipe!
Swipe!