VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

ポスト・セックス・ブルー? 女性の約半数が「した後に憂鬱になる」と判明!

LOVE/BODY
SHARE

素晴らしいセックスの後、愛情ホルモンが大放出されたかのようなハッピーオーラに包まれてベッドで過ごす二人……というのがラブコメによくあるシーン。あなたもそんなハッピーなひとり? それとも、ひょっとして、セックスの後にちょっと気分が沈んじゃったり憂鬱になったりしていない?

■ポスト・セックス・ブルーって何?

『Journal of Sexual Medicine(ジャーナル オブ セクシャル メディスン)』誌に発表された新しい研究によると、セックスの直後に46パーセントの女性がPCD(ポスト・コイタル・ディスフォリア)を経験したことがあるという。セックスの直後に涙が出そうになったり、メランコリック、不安、攻撃的な気持ちになったりするのが、PCDの特徴。なんと被験者230人のうち、20人に1人が過去1ヶ月の間に“セックス後の憂鬱”を感じたことがあるのだとか。思ったより多くの女性が、ポスト・セックス・ブルー(セックス後のブルー)を経験している様子。

■どうしてブルーな気分になるの!?

研究では、ブルーな気分になる原因だと考えられそうな“恋人との関係”について、被験者を調査してみた。恋人とうまくいっていない女性のほうが当然ポスト・セックス・ブルーになりそうだが、女性の恋愛状況とPCDには何の関係もなかったという、意外な事実が判明!

現在サイエンスの分野では勃起障害やペニスのサイズに関連する研究は進んでいるにも関わらず、女性の性欲にまつわる研究は残念ながらまだまだ進んでいない。PCDに関する研究は少ないが、一説には、ホルモンが深く関与しているという。オーガズムが引き起こす体内での化学物質の変化が、セックスの直後に女性に頭痛をもたらす場合もあるのだとか。

PCDはあまり世間に認識されておらず、十分な研究もされていない。今後の発展が待ち遠しいが、もしPCDのような症状が出たら医師に相談することをオススメする。そして、セックスの後にブルーになってしまっても、それは、あなただけじゃないってことを覚えておこう!

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!