VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

驚愕!世界の人口の3分の2がヘルペスに感染していると判明。自分の身はどう守る?

LOVE/BODY
SHARE

ほとんどの人がこれまでに“ヘルペス”というワードを一度は聞いたことがあるはず。だけど、自分には関係ないと思っていない? 実はそれって大間違い。なぜなら最近WHO(世界保健機関)が発表したデータによれば、世界中の50歳以下の人口の67%、つまりは37億人が単純ヘルペスウイルス1型に感染しているから。

しかもヘルペスは感染しやすい上に、今のところ完治する治療はない。実はとっても怖いものなのだ。

まず、ヘルペスとはどんなものかをおさらいしよう。代表的なのは、唇の周辺に水ぶくれが起こる口唇ヘルペスなどの単純ヘルペスウイルス1型、そして性器やアナルに起こる性器ヘルペスなどの単純ヘルペスウイルス2型だ。感染の経路は、前者が口と口の接触、後者は肌と肌が触れ合う性行為がメイン。そして両者ともに感染するとかゆみや痛み、水ぶくれ、熱が出るなど風邪のような身体的症状を伴う。また、冷たい目を向けられるという心理的苦痛を味わうこともある。

でもすべての人に症状が出るわけではない。だからこそ、知らない間に感染したり、感染させてしまったりする。特に感染率の高い単純ヘルペスウイルス1型は、オーラルセックスなど性器に触れるだけでもうつってしまう。

ここまで読んで「もしかしたら自分も……」なんて気がしたら、まずは病院の検査に行こう。単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型は両方とも血液検査で分かる。特にロマンスの相手がコロコロと変わってしまう人は、一度だけでなく定期的に検査して。もしヘルペスに感染していたら、発症時には性行為を控えること。感染していないなら、性行為の時は触れる前に相手の性器をチェックするようにしてみて。

とはいえ、無症状の人から感染することも多い。きっちりと防ぐには、相手が感染しているか、いないかについても知っておくことが大切。そしてセックスの際は、ちゃんと避妊具を使おう。

ヘルペスはHIVやエイズ、ガンのように最悪死に至るものではない。抗ウイルス剤の薬で発症を抑えることもできるし、少しの気遣いで感染を防ぐことだってできる。今後は、キスも性行為も慎重に行うよう、心がけてみて。

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!