VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

NYで話題のスケータークルー、スケート・キッチンが東京でハングアウト。

ニューヨーク出身のスケーター友達で2016年に形成された「Skate Kitchen(スケート・キッチン)」。カラフルなファッションやアーティスティックなセンスが目に止まり、「ミュウミュウ」の映像プロジェクトに抜擢されてから3年、ついに彼女たち主役の映画が公開。日本に訪れた機会にTシャツに着替えて原宿へと繰り出した。

「女性はキッチンにいるべき」という固定概念を覆したいという思いで、男性が考える女性の存在の象徴(=キッチン)を冠したスケート・キッチン。映画では、親や異性、友情といった人間関係の摩擦が描かれている。いくつになっても人と関わるって難しいけれど、自立心と責任力が交差する思春期ならなおのこと。将来への不安やプレッシャー、あたりまえのように存在する性差別。イラ立つ思春期、嘘だらけのSNS。生き抜くコツはどうやら愛すべき友達の存在と、自分自身を信じる気持ちのよう。仲間を持つことの意義や自分の好きなことを貫くことの大切さについて、メンバーの率直な意見を聞いてみた。


隣に座っている人がどんな人か表現してみて。

私の双子の妹ジュールズはすっごく社交的。彼女がいるだけで明るくなるの!いつも踊っていてユーモアのセンスがたっぷりなムードメーカー(ブレン)。

ブレンは、いつも自信に満ち溢れていて、恐れを知らないのがすごい。常に新しいことに挑戦してるの。ファッションが好きで音楽が好きだから、いつも新しいヘアスタイルやファッションを取り入れてる。人と会うのを怖がらないから誰とも話ができるのも尊敬(ジュールズ)。

アジャニはリトル・ゴート(小さなヤギ)。みんな彼女をそう呼んでるし、彼女自身もインスタによくヤギの写真をアップしてる。最初はすごく静かだけど慣れてくると話すの。アーティスト基質で、いろんな作品を作ってる。人に慣れるまで時間がかかるタイプね(カブリーナ)。

そんなこともないけど(笑)。カブリーナは、なにかビジョンがあるとそこに突き進める人で、スケート・キッチンの中のビジネス要素をまとめている人でもあるの。よく踊るしいつも音楽をかけていて、本当の自分をさらけ出すことを恐れない人。自分は否定するけれどとてもクリエイティブで、いつもカラフル(アジャニ)。


スケート・キッチンが他の女性スケーターと比べて注目されているのはどうしてだと思う?

いちばん大きい要素は肌の色や人種が違うことじゃないかな。通常は白人の女性スケーターが多いけれどスケート・キッチンはニーナ以外ヒスパニック系や黒人のガールズが集まってる。だから、周りの女のコが共感しやすいんだと思う。私たちは特に狙ったわけではなくて、みんなもともと友達だったんだけど、そのせいで他のクルーよりも絆が強いっていうのもあるかもしれないね(カブリーナ)。

映画を見た感想は?
自分をスクリーンで見るのはすごく変な感じだった。でも実際映画の中のみんなの姿は、いつもやってること。映画的にするために大げさに作っていること以外は、パークで遊んでるのも、ストリートでスケートしてるのも私達にとってはものすごく普通のことだから、違和感はあったけど、自分たちの日常を映しているだけという感じかな(ブレン)。

映画でも女性の権利をうたう発言もいくつか見られたけれど、最近馬鹿げてると感じた性差別や実際に自分に起きたことについて教えて。
LESスケートパークで男の子がナンパしてきて、「NO」っていったらボードから押し倒されたことかな。もう4年近くまえの話しだけどね。まだスケート・キッチンの結成前で、パークにはニーナと私しかいなかったある日のこと(アジャニ)。

スケート・キッチンが設立されてから、より自分たちの立場が確立されるようになったと感じてる?

スケート・キッチンが始まったからというよりも、スケートする女子の人口が自然に増えてから、そういうことが減ったとは感じてる。今は女性が常に5〜6人パークにいるし、女の子がスケートするのは当たり前になりつつあるよね。そのおかげで嫌な思いをすることは減っている、とはいえまだあるけどね(ブレン)。

若いVOGUE GIRL世代の男性たちが気づき、知るべきなことは?

誰かに判断される必要はないし、男性も女性の意見を尊重するべきだということかな(ジュールズ)。

逆に男性の素晴らしさってなんだと思う?

高いところに手が届いたり、重いものを持ったりできることかな(カブリーナ)。それに、男性の給料の方が高いから、私達はそこからもらえばいいんじゃないかな(アジャニ)。あと、配属者がいない人でも精子バンクで子供を持つことができることだね(カブリーナ)。


この映画は『Miu Miu 女たちの物語』のプロジェクトとして制作された「THAT ONE DAY」をベースに作られていてすでに当時から2年以上経っています。しかし描かれている若さゆえの葛藤や感情は普遍的なこと。10代の悩みがスケートやスケート・キッチンによって救われたという経験があれば教えて。

そのぐらいの歳になると、将来何がしたいかっていう質問を迫られることが多くなって、親とか社会的プレッシャーが増えるもの。そんなふうに悩んでいるとき同世代の友達に話すことで、自分だけ悩んでいると思ってたことが、実は普通なことなんだってことがわかった。それを知るだけでもすごく励みになったな(ブレン)。

スケート・キッチンとして活動することでいろんな機会をもらえたんだけれど、そこから自分が何を選択していけばいいかを試す訓練になったと思ってる(カブリーナ)。

学校とかで出会う同世代の人達と自分がどんなコミュニケーションを取ればいいのか。自分の中の感情をアートという表現方法ではなくどのように言葉にしたらいいか。そうすることでなりたい自分に近づけるっていうのが、人と関わることで得たものだと思う(アジャニ)。


映画ではSNSの便利さと同時に、フィジカルな人間同士の摩擦や感情部分が描かれてるけれど、みんなはSNSとどう付き合ってる?

私のフォロワーの中には、オンラインと実際でぜんぜん違う人がいたり、フォロワーが多いからって偉そうにしてる人に出会ったこともある。私自身もフォロワーが多いけれど、大切なのは数に振り回されないようにするマインドセット。ツールに使われないようにするかというのがキーだと思っている(ブレン)。

いま今年のチャレンジとして、個人のインスタアカウントを休憩してるの。プレッシャーも感じないし、とってもいい感じだよ。そのおかげで直接的なコミュニケーションからのほうが、人から学ぶことが多いなと感じてる(カブリーナ)。

映画をきっかけに今後どんな発信をしていきたい?

映画とかショートフィルムとかも作りたいっていう目標があるの。作品を通して周りからの評価が気になったり、自分自身も評価してしまいがち。でもいちばん大切なのは周りにどう思われるかというよりも、まずやることそのもの。やってみたら得られるものはたくさんあるから。周りを気にせずにとにかく実行するというのを、自分自身がまず実践することで、伝えていきたい(ジュールズ)。

心地よいところに留まらず、自分に何ができるのかをやりたいことの中から見つけてほしい。結果がどうかなんてやってみなくちゃわからないから、結果じゃなくてプロセスをエンジョイしてとにかくやってみることが重要(ブレン)。

人を変えることはできないけれど、自分が作るアートで人を間接的にインスパイアしていけたらって思ってる。ファインアートの世界はまだ白人男性が優位な世界で、ヒスパニック系の私がその中で前に出ることはまだ怖いけれど、恐れて引っ込まずに、有色人種の代表になれるようにしたいし、そんなふうに世の中を変えていきたい(アジャニ)。

今とにかく自分がやっていることを続けること。やりたいことを自分のやりたいようにやっていくことができるというそのものを伝えたい(カブリーナ)

ブレン着用のピンクのTシャツ¥8,000/LABRAT(ラブラット ブティック)、ジュールズ着用のベティTシャツ¥7,590/vintage(ピンナップ)、アジャニ着用のオレンジのTシャツ¥5,000/X-girl(エックスガール ストア)、ほか全て本人私物

Skate Kitchenがお答え!

1. 好きなファッションブランドは?
2. お気に入りのNETFLIXショーは?
3. スケート・キッチンの中で結婚するなら?
4. フられたときはまずこれ
5. お気に入りのインスタアカウントは?
6. 最近のヘビロテ曲は?
7. 月旅行に当選。誰と行く?
8. お母さんからのビューティティップは?
9. ドリームとラブ、どちらを取る?
10. ファーストボードはどこの?
11. スケートを楽しむためは?

ジュールズ・ロレンゾ @julesmoriah
1. NIKE
2. Black Mirror
3. アジャニ。一緒にアート作品を作れるし共通点が多いの。
4. 友達と遊んでハッピーになれることをする
5. @melovemealot
6. Beach BunnyとLil Uzi Vert
7. 親友のナタリーと
8. いつもリップグロスをつけること
9. ラブ
10. Zoo York
11. 楽しむことと自分のトリックに集中すること

アジャニ・ラッセル(ニックネームはLIL GOAT)@ajvni
1. 今のお気に入りはEVISU
2. ジョジョの奇妙な冒険
3. Dede。いちばん気が合うと思うし、彼女を長く知っていて私をとても良く理解してくれているし、私が必要と感じる時に一緒にいてくれるから
4. 家族や友達などの愛する人に囲まれる。新しいことにトライする
5. @shibuyameltdown
7. Lil Uzi。多分彼の宇宙船が一番イケてる
8. メイクの上でもスキンケア。とにかく保湿!
9. ラブはドリーム
10. Baker
11. コミットできないことはしない

ブレン・ロレンゾ @brennzolorenzo
1. DANIELLE GUIZIO
2. The Office
3. Drake
4. ワークアウトして自分いたわりデーを作る
5. @looseunicorns
6. Majid JordanとParty Next Door
7. ママと
8. 唇を保湿してグロッシーにしておくこと
9. ラブ
10. Zoo York
11. とにかく楽しんで!

ムーンベア(カブリーナ) @moonbeardiedhere
2. Black Mirror
4. ベッドに横たわって、泣いたら火をつける
7. King Princess。彼女を知るのに一番クールなやり方だとおもうから
9. ドリーム
10. MODELL’S SPORTING GOODSで買った
11. 楽しむこと

 

Swipe!
Swipe!