VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

“好き”という気持ちが原動力。河合優実、20歳が描くこれからの未来。

2021年、これからの時代を担っていくガール世代の注目株に、VOGUE GIRLがラブコール。ひときわ輝きを放つ彼らの、今年の野望や目標は? 今回登場してくれたのは、女優の河合優実さん。2019年のデビュー以降、話題の作品に次々と出演し実力を伸ばす彼女が見つめる“これから”を教えてもらいました。

–2020年はいつもと違った1年でしたが、そんな中でも映画、CM、ナレーションと大活躍でした。振り返ってみてどうでしたか?

他のみんなもそうだと思うんですけど、世の中的に止まっていた期間があったので実感的にはあっという間でした。仕事のスケジュールもスカスカだったように思っていたんですけど、振り返ってみると意外といろんな仕事をしていたんだなと! 去年は活動2年目だったんですけど、映画の仕事が多かった一昨年に比べて仕事の幅は広がった気がしますね。

–自粛期間中はどのように過ごしていましたか?

仕事がひとつもなくて家か近所にしかいない時期が2か月くらいあったので、その時は食事管理にハマっていました。コロナ太りが取り沙汰されていたので、気をつけようと思って食事管理アプリを入れたらすごくハマっちゃって…。栄養素のことも考えて何を何グラム食べたか計るくらいの徹底ぶりで、家族にもドン引きされていました(笑)。

–食事管理で得たものはありますか?

自粛期間が始まったばかりの頃は気持ちが落ち込んでいたんですけど、どんどん前向きになれて。体を整えたら心も整うんだなっていう気づきがありました。毎朝ウォーキングしたり、ファスティングに挑戦したり、自粛期間中の方が規則正しい生活ができていた気がしますね。本当は忙しい期間でも全部できればいいんですけど、時間があったからこそ、自分と向き合っていろいろ整えられたのかも!

–趣味の時間もとれましたか?

油絵とか、時間があるからこそできることをやっていました。小さい頃から絵を描くのが好きで、もともと油絵も絵画教室で習っていたんですけど、忙しくなってからは描く時間がとれなくて。昔使っていた道具を引っ張り出して、ひたすら描いて乾かして…をずっと繰り返していました。油絵って自分で完成を決めないと終わりがないので、中には未だに完成していない自粛期間で止まっているものもあります(笑)。

–趣味といえば、「一人ミュージカル」をしていると聞きましたが。

好きなミュージカルの演目を流して、家で勝手に歌ったり踊ったりしているだけなんですけどね。一番好きな作品は『コーラスライン』。あとは『ライオンキング』だったり『アナと雪の女王』だったり。家族にはうるさがられています(笑)。

–去年は仕事でもミュージカルに挑戦されていましたね。

10月から12月頭にかけてミュージカルをやらせてもらいました。それが初ミュージカルだったんですけど、すごく楽しくて! 舞台やミュージカルって毎日同じことをするので、人によってはしんどいと感じる人もいるみたいなんですけど、私はもともとミュージカルが好きだったので楽しめました。

–好きなことが仕事につながるのは素敵ですね。
もともとお芝居をやりたいと思ったきっかけもダンスだったんですよね。舞台に立って表現することの楽しさを知って、表現の世界にいきたいなと。

–この世界に足を踏み入れることへの戸惑いなどはありましたか?

今振り返るとよく決断できたなと思います。通っていた高校も進学校だったので、きっと周りからは「大丈夫かな?」って心配されていたと思うんですけど、その記憶がないくらい「絶対やりたい!」って勢いだけで進んでいました。高校3年の9月くらいに、進路希望を一般大から芸術系の大学に突然変えて、そこから事務所を探して応募して…という感じで。今だったらできないかも!と思うくらい、あの時の行動力は自分でもすごかったなと思います。

–やりたいと思ったことに対して、どんどんいけるタイプなんですね。

好奇心は旺盛ですね。でも何かに挑戦したい!っていうモチベーションがあるというよりは、興味の赴くところにいきたいだけというか。できないことをできるようになりたい、というよりも好きなことをやりたい!って気持ちが強いです。

–同世代の子たちに負けないように頑張っていることはありますか?

競争するために読んでいるというわけではないんですけど、同世代の子より本を読んでいるかなと思います。もともと本を読むのも好きで、時間がなくなって読まなくなってはいたんですけど、最近また読み始めて。吸収し続けたいなって思います。

–最近読んだ本でグッときた本は?

宮藤官九郎さんの『鈍獣』っていう戯曲を読んだんですけど、すごく面白かったです。映画の脚本よりも演劇の脚本の方が読み物として成立しているような気がしていて、なんでだろう?ってずっと考えていたんですけど、映画は映像ありきだけど演劇は言葉が大きな力を持っていることに気がついてハッとしました。あとは俳優さんのインタビューとか対談を読むのも好きです。一見繋がらないような人、例えば歌舞伎役者さんとかのインタビューを読んでいても、「芸」という部分で通じるものがあったりしてすごく勉強になるんです。

–憧れの俳優さんはいますか?

一番憧れなのは、森山未來さん。自分の追求したいことを、ずっとやり続けている感じがかっこいいなと思って。この間、森山さんが無観客無配信のパフォーマンスをしている様子の動画をYouTubeで観たのですが、すごい境地にいらっしゃるんですよね。世間の評価は気にせずに、自分ならではの価値観でやっている感じがすごいなと思っています。森山さんみたいになりたいというよりは、彼みたいに自分の軸を持っていたいなと!

–今後、お仕事で挑戦していきたいことは?

やったことがない役をやってみたいです。これまではどちらかというと受け身な役が多かったので、自分からアクションを起こすような役を演じてみたいなと思っています。最近、それってもしかしたら「脇役」なのかもしれないなと思っていて…。主役って脇役に影響されて成長していくことが多いなと! もちろんいろんな役に挑戦したいんですけど、今は物語を動かしていく脇役に惹かれます。

–20歳を迎えたばかりですが、大人としての目標はありますか?

地元の友達がどんどん自立して自分の道を歩んでいっている様子を見たりすると、もっと自分の足で立てるようになりたいなとは思います。今、実家暮らしをしているというのもあるんですけど、家族とか周りの人にすごく頼ってしまっている部分があるので。もっとちゃんとした人になりたいです(笑)。周りへの感謝は忘れないけど、自分で考えて考え続けて動いていける人に憧れます。

–今気になっている社会的トピックスはありますか?

ずっと気になっているのはジェンダーのこと。高校生の頃も課題研究っていう、大学でいう卒論みたいなものがあって、性的マイノリティー関連のことを学んでいました。映画の脚本とかテレビを見ていてもたまに出会うんですけど、男性的・女性的なバイアスがかかっているものには敏感に反応しちゃったりしますね。もちろん上の世代でも考えが進んでいる人はいると思うんですけど、私たち世代と上の世代とではジェンダーそのものの考え方や感覚が違うんだなと思って。

–河合さんの世代が中心になって、脚本を作ったりとか演技をしたりしていったら、いろんな価値観も変化していきそうですね。

その一人として、社会の価値観を変えていけたらいいなと思いますね。ただ枠にとらわれた考え方が基本的に苦手だし美しさの枠にはまってしまうのが嫌だと思いつつ、自分が今いる芸能界がそういう世界だという矛盾もあって、それがすごく難しいところです…。でも、最近は「ボディポジティブ」などの話題が取り上げられることも多くなったし、この調子でわかりやすい外見での区切りにとらわれない社会になったらいいなって思います。

–2021年はどのように過ごしたいですか?

仕事の現場も大きくなっていって、忙しくなったらいいなと思っているんですけど、その分どんどん時間がなくなっていくと思うので、自分の時間があるのは最後かもしれない!と思って、やりたいことは今のうちにやっておきたいです。それこそ映画や舞台を観たりとか本を読んだりとか、吸収する時間をできる限りとりたいなと思っています。今の自粛期間がチャンスだと前向きに捉えて、いろんなものを見て成長できたらいいなと思います。

  • PROFILE

    河合優実/女優。2000年生まれ。東京都出身。
    2019年映画「よどみなく、やまない」で主演デビュー。映画、ドラマ、MV、CM、モデルなど多岐にわたり活躍。
    映画『佐々木インマイマイン』などの話題作に出演し存在感を発揮。舞台『フリムンシスターズ』では、特技の歌やダンスを生かしてミュージカルに初挑戦し堂々とした演技をみせた。現在放送中のドラマ特区『夢中さ、きみに。』(【MBS】毎日放送)に出演中。2021年も『サマーフィルムにのって』や『由宇子の天秤』などの出演作の公開が予定されるなど、目が離せない期待の若手。

  • PHOTOS: YOSHITAKA FURUKAWA
    STYLING:RIKA ENDO
    HAIR&MAKEUP:YUKARI KOZONO
    KIMONO-DRESSER:KYOKO SATO
    INTERVIEW: RISA TAKAYAMA

【紫色アンティーク着物】アンティーク着物 参考商品 羽織着物 参考商品 半襟したハギレ ¥1,600 帯 ¥30000 帯締め ¥5,000 帯揚げしたハギレ ¥3,000 すそよけ 参考商品/すべてPonia-pon(ポニアポン tel. 03-3821-6270) 帯留めした星ブローチ ¥12,800 袖につけたレースカフス ¥9,800 ハートネックレス ¥230,000 イヤリング ¥12,000 ビーズバッグ ¥38,000 ヘッドドレス ¥12,000/すべてDORIAN GRAY(ドリアン グレイ tel. 03-3481-0133) ソックス、靴/ともにスタイリスト私物
【振袖】振袖 レンタル一式 ¥260,000/Ponia-pon(ポニアポン tel. 03-3821-6270)

<問い合わせ>
ポニアポン 03-3821-6270
ドリアン グレイ 03-3481-0133
Swipe!
Swipe!