VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

人と比べず、私だけの居場所を探して。実直に心と向き合う、三浦透子のスタイル。

LIFESTYLE/PEOPLE
SHARE

5歳より子役としての活動をスタートし、アカデミー賞国際長編映画賞受賞をはじめ、多くの映画賞をさらった映画『ドライブ・マイ・カー』への出演では、世界からの喝采を浴びた女優・三浦透子。世界からの目がどんなに変化しようとも、おごらず、冷静に自分自身への視点を持ち続ける彼女が抱くのは「目の前にいる人と大切に向き合いたい」という真摯な思い。自分だけの居場所を見つける三浦透子のスタイルの築き方とは?

  • PROFILE

    三浦透子/女優、歌手。1996年、北海道出身。2002年、サントリー「なっちゃん」のCMでデビュー。話題作に多数出演する傍ら、映画『天気の子』(2019)でRADWIMPSが手がける主題歌のボーカリストに選抜され、歌手としての才能にも注目が集まる。第94回アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞した映画『ドライブ・マイ・カー』(2021)のヒロインの運転手役でさらに脚光を浴び、第45回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞している。10月期のカンテレ・フジテレビ系月10ドラマ「エルピスー希望、あるいは災いー」に出演のほか、2022年12月16日(金)より公開予定の映画『そばかす』では、長編映画で単独初主演。同映画では、主題歌『風になれ』の歌唱も担当する。

  • GIRL OF THE MONTH

    街は私の一部。自分だけのスタイルをつくる三浦透子の視点。

    伝統と革新が交わる交差点、知性が宿る古書店、ふと時が止まったかのようなノスタルジックな建築……。温かなカルチャーが残る街並みが、私の人生にそっと寄り添い、育ててくれる。変わりゆく時代の中で、変わらない居場所をつくるこの街で女優・三浦透子が見つけたのは、どんなときも惑わされない自分だけの美学。ニューヨークの街で、独自の審美眼とスタイルを磨く作家、フラン・レボウィッツの生き方をヒントに、私だけのスタイルを探しにいこう。

MODEL: TOKO MIURA
PHOTOS: SARAI MARI
STYLING: CHIKAKO TANIFUJI
HAIR: GO UTSUGI @ PARKS
MAKEUP: ASAMI TAGUCHI @ HOME AGENCY
COOPERATION: HILLTOP HOTEL, YAGUCHISHOTEN
INTERVIEW & TEXT: TOMOKO OGAWA
DIRECTOR: GEN ARAI
EDITOR: SAYA YONEKURA
Swipe!
Swipe!