VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

おしゃれ業界人のキャリアインタビュー[Vol.11Hana4さん/ネイルアーティスト]

おしゃれ業界人のキャリアインタビュー
LIFESTYLE/PEOPLE
SHARE

ida_hana4_2

その場限りのアートであるネイルを、スキルとして、作品として伝えていく

現在は講師として、ネイルセミナーも開催しているHana4さん。自分の技術を人に伝えるということにも力を入れているそう。

「自分のスキルを伝え広めていくというのは、すごく楽しいことだと思っています。講師として授業を通して生徒さんに技術を教えるというのもそうなのですが、私がよくやるのは、例えば素敵な絵を描いている若手のアーティストさんがいたときに『あなたの絵気に入ったから、私のネイルと物々交換しませんか?』と提案して、私がネイルをするのと交換で相手から絵をもらうというようなこと。お互いの技術の共有と交換ですね。それをスキルシェアとか、スキルトレードって私は呼んでいます。実は今、それを伝統工芸をやっている方や、人間国宝と言われる方々にお願いしに行っているんです。歌舞伎だけではなく、この先なくなってしまいそうな伝統をどうにかして引き継ぎたいんです。そういったものをネイルの形に取り入れたり、絵でも表現できたらと思っています。ネイルは残らないものだけれど、スキルとして伝えることによってちょっとでも残すことができれば自分自身の生きた証になるし、ネイリストがものを残すことによってネイルの価値がちょっとでも上がるんじゃないかなと思っています。12月ぐらいにまた個展をやろうと思っていて、今構想を練っているところです。前の個展では小さいものにしか書いていないので、今度はもうちょっと大きい作品で自分の仕事を残すということに挑戦してみたいですね」

最後にHana4さんのバッグの中身からお仕事のヒントをリサーチ!

「小さくて可愛いバッグとエコバッグの2個持ちが多いですが、状況に応じてこういうかっちりしたバッグと使い分けています。このバッグはRick and Royのものです。基本的に荷物は少なめ。iPhoneケースは私の絵がプリントされたもの。猫の顔のポーチはお財布です。カメラは常に持ち歩いていて、デザインの参考になりそうなものを撮っています。中央の赤リップは、私がプロデュースした携帯の充電器。キャップにはロゴが。レブロンの赤リップは最近の必須アイテムです。もともと赤リップが大好きで、周りからも赤リップのイメージだと言われるくらい(笑)。サングラスは友人からもらったもの。大好きなキャッツアイ型のフレームでお気に入りです。時計は、父と母がペアでつけていたもの。私のは母から譲られたもので、父と同型のものを私の夫がつけています」

【PROFILE】Hana4さん/ファッションプレス、エディターアシスタントなどの経歴を経て、フリーランスのネイルアーティストとなる。現在はサロンを持たず、アーティストとして日本国内だけでなく、海外でも活躍している。Instagram( @hana4)も大人気で、自身の高感度なライフスタイルやファッションも注目を集めている。

PHOTO:TAKAKI IWATA TEXT:YOKO ABE

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!