VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

「おきゃんてぃーず」の25歳はこの1曲!『秋のニュージャージー soul』

LIFESTYLE/CULTURE
SHARE

もう、出口の見えないゲームは終わりさ。
夕暮れの錆びれた街の九月。JBのキャメルウォークでひとり歩く。
タピオカ入りミルクティーのような、ぬるく冷たい風が頬を撫でた。

チリンチリーン♪

「いらっしゃーーい。あら、シンちゃん、ご無沙汰―。それどころじゃないわよねーアンタ。ロク沙汰 ナナ沙汰じゃないのよー。(プンスカ)」

「ごめんよ、おしる子。とりあえずMACALLANロック。
あとは、スローなブギにしてくれ….」

 

P.M 6:45
まだ他に客のいない『BAR きんとき豆』の名物ママおしる子(42歳・男)は深く頷き、自慢の長い爪(深ミドリにウルトラヴァイオレットの水玉を施した)で「ニュージャージーsoul」の女帝 シルヴィアのスローなブギを、ターンテーブルに乗せた

 

『Sho Nuff Boogie』 Sylvia (1974年)

sylvia sho nuff boogie

https://www.youtube.com/watch?v=QhE9ClhYKL0

https://www.youtube.com/watch?v=KWvXo4fED-Q (モーメンツと一緒にSoul Trainで)

 

ニュージャージーを拠点に長く音楽活動を行ってきたシルヴィア・ロビンソンが2011年9月29日午前6時28分ニュージャージー州セコーカスの病院で心不全のため死去。シルヴィアは自身もシンガーとして「ピロー・トーク」などのヒットもあるが、最近では「ヒップホップの母」などとも呼ばれる。世界で最初のラップレコードの一枚「ラッパーズ・デライト」を1979年にリリースし、その後のラップ、ヒップホップの隆盛の歴史の第一歩を作り出した。スタング・オールプラチナム・レコードの設立、シュガーヒル・レーベルの設立、チェス・レコードの買収など、音楽起業家としても成功を収めた。

シルヴィアは、1935年3月6日ニューヨークに生まれた。1950年代からソウル・デュオ、ミッキー&シルヴィアとして「ラヴ・イズ・ストレンジ」が1957年に大ヒット。1964年、ジョー・ロビンソンと結婚。シルヴィア・ロビンソンとなった。1968年にニュージャージーでスタング/オールプラチナム・レコードを設立。モーメンツ、ホワットノウツ、リムショッツ、ダニー・エルバートなど多くのソウル・ヒットを放った。モーメンツは「ラヴ・オン・ア・トゥー・ウェイ・ストリート」などのヒットを放ち、その後79年にレイ・グッドマン&ブラウンと名前を変え、活躍。また自らもシルヴィア・ロビンソンとして1973年セクシーな「ピロー・トーク」の大ヒットを生み出している。

『PILLOW TALK』 Sylvia (1973年)

2

https://www.youtube.com/watch?v=otGzq7eFxRw

 

1979年、地元のクラブで黒人の若者がやっていたいわゆるラップをレコード化することを思いつき、地元で見つけた3人組みをシュガーヒル・ギャングとして15分近くの「ラッパーズ・デライト」をレコーディング。トラックはシックの大ヒット曲「グッドタイムス」のベースラインを拝借し、12インチでリリースしたところ、これが大ヒット。このとき作ったレーベルがシュガーヒル・レーベルで、ラップ/ヒップホップ専門レーベルとして最初のものとなり、以後多数のラップレコードを輩出した。この「ラッパーズ・デライト」は、これをラップしている3人にシルヴィアがある金曜日に出会い、週明けの月曜にワンテークで録音したものだという。
『Rapper’s Delight』 The Sugar Hill Gang (1979年)

4

https://www.youtube.com/watch?v=rKTUAESacQM
その後、シュガーヒルからはファンキー・フォー・プラス・ワン、トリーチャーラス・スリー、特にグランドマスター・フラッシュ&フューリアス・ファイヴの「ザ・メッセージ」などは大ヒットし、ヒップホップ史上でも重要な作品となった。

 

『The Message』 Grandmaster Flash  (1979年)

5

https://www.youtube.com/watch?v=VjLHrhLVwzs

これらの資金を背景にシュガーヒルはチェス・レコードのカタログなどを買収、リリースしたりした。(※wikipedia調べ)

 

「シンちゃん、アンタちょっとは落ち着いたの?秋になるといっつもニュージャージーサウンドなんだからもうー、アンタ。」

「ヨンキュー、おしる子。お酒おかわり。あと、もう1曲。甘―いのちょうだいよー。」

「もう、でっかい甘えん坊さん。」

ちょっと嫌がるそぶりをみせながらも、孔雀のような長いまつ毛をバタバタいわせるおしる子。これはGOのサインだ。
おしる子は、その優に100cmは超える、巨大なヒップを揺らしながらレコードに針を落とす……

 

『 Sexy Mama』 The Moments  (1974年)

The-Moments-Those-Sexy-

https://www.youtube.com/watch?v=YGs6V-QTE_I

 

ってなわけで、今回の「25歳はこの1曲」は秋にピッタリ『ニュージャージーsoul』特集でしたっての。ハードな毎日を送っているみんなに処方箋かいといたから聴いてみてよ。たまにはしっとりするのも悪くないよ。

あ、あとは突然なんだけど、オイラのこのコーナーもこれにてお仕舞いなんだって。

おねーちゃんたちも元気で暮らせよっての。ちゃんちゃん。(ビートたけし)

 

PROFILE●田邊慎一郎1975年青森市生まれ。エフエム青森にて、類いまれなる音楽知識をもとに「おきゃんてぃーずのおきゃんてぃーぱーてぃ」のDJを担当。(A.K.A.津軽に降りた最期の天使)。大学卒業後カメラマンを目指し、NYや中南米、アジアを放浪後、なぜか料理の道へ入り、味にうるさい女子たちを魅了するシェフへと変貌。現在 レストラン Teraにて、オーナーシェフまで担当。

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!