VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

金曜の夜はaggiiiiiii散歩 第28回:「マヤ・サーマン=ホークを追え! 」

LIFESTYLE/CULTURE
SHARE

オーノー! 全国のソフィア・コッポラファンに残念なお知らせです。製作を進めていた実写版『リトル・マーメイド』の監督をソフィアが降板したとのニュース。主人公のアリエル役のキャストをめぐってスタジオ側と意見が合わなかったことがその原因だといわれているけれど、ではソフィアが目をつけていた女優とは誰なのでしょうかー!

agii6-4-1

それはマヤ・サーマン=ホーク! 勘のよい方ならすぐにわかる彼女はそう、イーサン・ホークとユマ・サーマンの16歳になる娘です。これまでキルステン・ダンスト、スカーレット・ヨハンソン、エル・ファニングなどブロンドヘアでナイーブな雰囲気の美少女を好んで主役に起用してきたソフィアですが、やはり彼女もそのDNAを受けついでいるなあと納得。マヤはこの月曜日にニューヨークのリンカーンセンターで行われたCFDAアワードで、はじめて親の付き添いなしのレッドカーペットデビューも果たしたところ。ザック・ポーゼンのフローラルドレスに身をつつんだ姿がかわいすぎるでしょ!(メロメロになったザック・ポーゼンのインスタグラムにマヤの写真がいっぱい上がっています(笑)。ゆらゆらと波打つ美しいロングヘアはやはり人魚の役を演じるのにぴったりのような気が。『リトル・マーメイド』については残念な結果となりましたが、今後なにかのプロジェクトでソフィアとタッグを組む可能性は大いにあるのではと期待! ソフィアの作品で次にいちばん早く観られるのは、日本でも秋から始まる映像配信サービス「Netflix」で放送予定のビル・マーレイ主演『A Very Murray Christmas(原題)』でしょうか。楽しみですね!

11312308_497264523756155_1859160286_n
PHOTO : INSTAGRAM (ZAC POSEN)

ところでイーサン・ホークといえば、今年のアカデミー助演男優賞にノミネートされた『6歳のボクが、大人になるまで』もまだ記憶に新しいですが、現在も大忙しでこれから8本もの出演作が控えているみたい。マヤも撮影セットを訪れたのは、われらが『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグやジュリアン・ムーアと共演するロマンティックコメディ『Maggie’s Plan(原題)』。こちらも早く観たい!

 

Illustration : aggiiiiiii
*************************
aggiiiiiii(アギー)
兵庫県生まれ、東京在住。2007年よりオルタナティブカルチャージン『KAZAK』をはじめ、2013年にはソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』のオフィシャルファンジンも手がけた。とりあえずなんでもDIYでやろうとする。旅行が好き。www.kazakmagazine.blogspot.jp

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!