VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

カーラ・デルヴィーニュ、“ノーチェラ”を表明するもビヨンセのステージを賞賛。その意図とは?

LIFESTYLE/CELEB
SHARE

今年も人気セレブたちが続々と会場入りしたコーチェラ・フェスティバル。カーラ・デルヴィーニュは、不参加の理由、さらにビヨンセのパフォーマンスを賞賛した思いを激白!

コーチェラの親会社のオーナー、フィリップ・アンスチャツ氏が、反LGBTのグループをサポートしていることを受け、今年はイベントに不参加だったカーラ・デュヴィーニュ。しかし、インスタグラムではヘッドライナーを務めたビヨンセのパフォーマンスを賞賛!

「スピーチレスよ。涙が溢れて、身体中が震えたパフォーマンスだった。特にデスティニーズ・チャイルドの再結成。本当に私たちのアイコン。私たちを刺激し、互いを高めてくれてありがとう」

カーラのこのコメントを見て、“イベントには反対なのに、ビヨンセを褒めるなんておかしい”と一部では反感の声も。これに対し、カーラがインスタグラムのストーリーで反論。

「ハッシュタグは“ノーチェラ”。反LGBT、そして銃規制をしない人が主催のフェスティバルには行かない。だけど、私がその人を恥だと思っていたとしても、参加するアーティストに尊敬の意を表明することは許されるべき。ビヨンセに感動したから、やっぱりコーチェラも好きになったっていう訳じゃないもの。今だって(コーチェラには)絶対に行かない。私が自分の好き、嫌いを表明することは、誰にも止められない。自分自身、そして自分の信じていることは、誰かに惑わされちゃダメ」

イベント自体には不支持なものの、参加するアーティスト達の功労は別物と考えるカーラ。自分のまっすぐな思いを恐れずに発する彼女は、やっぱりカッコイイ!

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!