VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail

役のためにプライベートは〇〇!? エマ・ワトソン、人気者ならではの苦悩を明かす。

LIFESTYLE/CELEB
SHARE

日本でも公開され、瞬く間に大ブームを巻き起こしている映画『美女と野獣』。主人公を演じるエマ・ワトソンは、この世界的大ヒットで、早くも“2017年最も稼いだ女優のトップ“に君臨。しかしその名声と人気の陰には多大なる苦労がある模様……。

この度カバーを飾った『Interview Magazine』誌でのインタビュー企画で、女優ジェシカ・チャスティンと電話越しの対談を行ったエマ・ワトソン。『ハリー・ポッター』シリーズで名声を得た彼女が、子役出身、そしてトップ女優ならではの苦悩を語った。

「私たち3人、ダン(ダニエル・ラドクリフ)、ルパート(・グリント)は、子どもだったし、おとぎ話のキャラクターでもあったから、実生活もおとぎ話であるかのように思われてしまったの」。

そんな経験から、プライベートと仕事には一線を引き、自身の生活とアイデンティティを守ることに徹しているエマ。「役を演じるには、役と私自身を切り離して見てもらうことが大切。だから私はプライベートを絶対に守るの。役柄を信じてもらうには、みんなが私の実生活の詳細を知っているなんて厳禁だから」。

また、才色兼備でフェミニストな自身のスタイルを理想の女性像に挙げられることに対しても「ロールモデルって呼ばれるのは恐れ多い。だって、そこから落ちる運命にあるような気がするもの」と冷静にコメント。さらに「お菓子作りが好き。チョコチップ入りのバナナケーキは自信作よ。その美味しさにみんな脱帽すると思うわ」と意外な一面も明かした。

ちなみに、ジェシカがエマに電話をかけた際、入浴中だったというエマ。かつて別のインタビューで「1日2回は入りたい」と入浴愛を語っていたけれど、その愛は本物のよう!

FOLLOW US

VOGUE GIRL の最新情報を CHECK!

Swipe!
Swipe!