本文へジャンプ

ナビへジャンプ

LIFESTYLE

ガールなお悩み相談室 第3回:「気になる彼とデートしたい! どうやったら誘ってもらえる?」

悩めるガールのお悩みに、VOGUE GIRL公式キャラクターのGIAがズバッとアンサーする「ガールなお悩み相談室」。今回寄せられたのは、恋愛についての相談。気になる彼がいるとき、あなたならどうする?

Q. 気になる彼がいるけれど、なかなかデートまで進展しない……。どうやったら誘ってもらえますか?

 

■GIAからのアドバイス

つまり「デートに誘われたいのに、誘われない」ってことよね。そんな悩みを持つガールに、2つの提案。

1つ目は、ずばり「誘え」。デートは誘ってもらえるものと大人しく待ってずに、自分から誘うこと。誘うと言っても、なにも自分から声を掛けるだけがすべてじゃないわ。結果的に相手が誘いやすい状況を作っていくことも、デートを実現するための大切な努力よ。
まずは話している時やメールで、会話の端々にデートなキーワードを散りばめること。例えば、男の子が「おいしい餃子が食べたい」って話をしてたなら、「〇〇の餃子っておいしいらしいよ。行ったことある?」とか、「なんか感動する映画とか見たいよね」だったら「上映中の〇〇って映画、すごくいいらしい」などなど。”日時決めの前”のきっかけみたいなものをたくさん作っておくの。2人の中で「共有したいものや時間」が増えれば、それだけ彼もデートに誘いやすくなるはず。
それでも彼が誘ってこないようなら、その時はこちらから誘ってみればいい。思い切って「そういえば、同僚が教えてくれた目黒の餃子屋さん、すごくおいしかったの。この前テレビにも出てたんだけど行ってみない?」って言っちゃう。友達としてか恋人候補かわからないままでも、彼が乗り気だったら一歩前進! そのデートを最大限に楽しむこと。もし相手が「ちょっと待って……」的な逃げ腰の反応をしたとしても、「え? だって私たち餃子好きだよね?」ってうまくかわせる。デート未遂になってもプライドは保てる方法だから、覚えておいて。といっても、そんなイケてない反応する男の子はこちらから「ごめんなさい」よ! どんなに頑張っても残念ながら恋人以上に発展する可能性は低いから次を探しましょ。

2つ目は「自分の中にカルチャーを持て」。
自分の好きなものをしっかり持っている人って、やること、選んだものにもちゃんと意志がある。他の人と同じような服を着ていてもどこか独自のニュアンスが漂ってくるものよね。そういう人って自然と目立ってくるから、男の子にとっても気になる存在になるんだと思う。
さらに突っ込んで言うと、好きなものがたくさんあるガールを目指してほしい。興味のないものをシャットアウトせずに、その中から好きなポイントを見つけられる女の子って、男の子との会話が弾みやすいもの。例えば野球に全然興味がなくても、気になる彼からその話題が出たら「行ったことないけど試合見てみたいな」「野球のルールってシンプルだけど頭使うのね!」「どうして野球が好きなの?」などなど会話をはずませられる人って、一緒にいて楽しいなって思ってもらえる。そういう「会話が弾む共通のものをこの子はたくさん持っている」って相手に伝われば、一緒に楽しい時間を共有したいなって思ってもらえるはず。
知らないことを「興味ないし」ってシャットアウトするってことは、何かを好きになるという感情を忘れてしまった状態。そんな状態じゃ、デートに誘われるなんて程遠いということを肝に銘じておくべし!

<迷えるガールに贈る3つの処方箋>
・あなたと「何かを共有したい」と思わせる会話術を磨いて!
・自分から誘ってしまうのもデートへの早道。
・好きなものに説得力が出るカルチャーガールを目指す!

ILLUSTRATION : TAROUT, EDITORS:GEN ARAI, AKIKO MIYASHIMA

FromVOGUE