本文へジャンプ

ナビへジャンプ

LIFESTYLE

大失恋を乗り越えるために、絶対やってはいけない6つのNG行動。

環境が大きく変化しやすい春は、出会いの季節であると同時に別れの季節。辛い失恋や破局を引きずらずに、新しい恋に向けてポジティブな気持ちになるために、気をつけておきたい6つのNG行動をチェック!

PHOTO:SPLASH/AFLO

 ■元彼のSNSの覗き見はダメ!
別れた直後に元彼のインスタグラムやフェイスブックを覗き見するのはありがちであり、無害のように思える行為。でもちょっと待った! 相手の近況をマメにチェックするというのは、別れた事実を受け入れられず、何かしらの手段で元彼と繋がっていたいという思いから。破局からすぐに立ち直るためには、ソーシャルメディアをしばらくお休みして、元彼と連絡できる手段は全て絶とう。まずは別れた事実から目を背けず、自分の中で受け入れることが大切。

■この世に独りぼっちだ……と絶望しないこと!
付き合っていた大切なパートナーを失ってしまうのは、誰にとっても大きな喪失感。心にぽっかり大きな穴が開いてしまったよう。一緒にディナーやランチを楽しんだり、料理を作ったり、映画を見たり、いろいろなことを二人でシェアしてきたから、自分の片割れをなくしてしまったように感じてしまう。でも、こんな時こそ、友達や家族、愛する人達の存在を忘れないで。元彼と過ごした時間を、今度は女友達とのキャッチアップや家族との団らんなどに使うと、自分を取り戻せるはず!

■周囲の心配をよそに、悲劇のヒロインになってはNG!
まるでこの世の終わりのような悲しい気分になってしまうのは当然のこと。でも、友達があなたを元気づけようとしてくれた時に、余計なおせっかいだと言わんばかりに心を閉ざしてしまうのはNG。何気ない普段のおしゃべりさえ、今は楽しむ余裕がないかもしれないけれど、試してみて。本当に気分が楽になるから。それでも足りないなら、今の気持ちを紙に書き出したり、音楽で表現したり、何か自分が没頭できる物作りをするのもいいかも。

■消化不要になるので、予定を詰め込みすぎないで!

破局の苦しみを忘れようと、予定をパンパンに詰め込みたくなるのは理解できる。何もせずにボーっと過ごしていたら、無意識のうちに失恋ソングが頭の中で流れ出して、悲しみが倍増するだけだもの。でも予定をやみくもに入れて、毎日を忙しく過ごそうとするのは危険! 少し落ち着いて、変化を受け止める時間を自分に与えてあげよう。そうすれば心が安定してきて、また自分への自信が沸き上がってくるから。

■全てを新しく変えようと決意なんてノンセンス!
元彼は「運命のパートナー」じゃなかったんだって認めるのはとてもつらい。「元彼と私はカップルとして成立しなかった、私のどこがいけなかった?」って考えてしまうのはよくあること。でも覚えておいて。あなたには悪いところは何もない。ただパートナーとしての相性が良くなかっただけ。自分の欠点をあれこれ探しまくるのはやめて、自分のステキなところに目を向けよう。彼がいるかいないかなんて関係ナシ!

■ツイッターで破局についてコメントのはイケてない!
直接相手に話さないで、ソーシャルメディアを通じて元彼に対する皮肉ともとれるコメントをアップするのは良い方法じゃない。もしまだ何か伝えたいことがあるのなら、直接元彼に話しているところを想像してみて。どうしてもこれを伝えておくべきことがあるのなら、ソーシャルメディアじゃなくて元彼に直接伝えよう。フォロワーに知らせる必要はどこにもないから。

出典:TEEN VOGUE
TRANSLATION:TIMMY

FromVOGUE