本文へジャンプ

ナビへジャンプ

LIFESTYLE

月9「いつ恋」で萌えシーン連発中の西島隆弘が登場。ニッシーと恋愛シミュレーション診断!

1月からフジテレビで放送中の月9ドラマ、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」略称「いつ恋」。旬の俳優陣と『東京ラブストーリー』を手がけた坂元裕二氏による脚本が大注目の本格派ラブストーリーだ。

Print

回を重ねるごとに盛り上がりを見せるネット上での「いつ恋」ツイート。なかでもニッシーこと西島隆弘の役柄による“お姫様抱っこ”や“バックハグ”など、「萌え死」シーンの数々が話題沸騰中。2016年3月21日(月)の最終回を目前にして、西島隆弘さんをVOGUE GIRLがキャッチ! 女子のハートを鷲掴みする秘密と、ニッシーこと西島さんのプライベートな恋愛観について直撃。

今回、西島さん演じる井吹朝陽は主人公の音(有村架純)に想いを寄せる御曹司の役。複雑な家庭環境で育ったお坊ちゃんのチャラついた面を見せながらも、実は優しく夢の実現のため一生懸命…そんなギャップのあるキャラクターと、甘いマスクが世の女子を魅了する。

「6人の群像恋愛ドラマのなかで、音の運命を振りまわす役であり、もっともドラマティックな存在というのが僕のポジションでした。例えば『君に両思いをあげられるよ』というセリフはすごく坂元さんらしくてかっこいいのですが、言うのが恥ずかしいくらいでした。今回の作品では坂本監督がキャスト本人の雰囲気を見ながら、放送と並行しながら台本を書いてくれたので、僕はとてもロマンティストに映ったのかな?」と大反響だった名台詞を振り返る西島さん。

そんな疑問も明らかにすべく、ニッシー本人に恋愛診断クイズを出題! インスピレーションが赴くままに、恋愛に纏わる2択問題に答えてもらいました。さあ、あなたもニッシーのアンサーと答え合わせをしながら、擬似・相性チェックをしてみて!! またVOGUE.comでも、さらなるロングインタビューと撮り下ろし写真および、動画メッセージ公開中なのでお見逃しなく。

▼ニッシー恋愛診断の答えは写真の下に。

of 5
  • PHOTO: KIYOTAKA HAMAMURA
    Q1:  初デートのお店選びをするならば、アットホームな居酒屋? それとも流行っているオシャレなお店??
    相手のキャラクターにもよりますが、基本はおしゃれな方を頑張って選びます!
     
    Q2: 恋人にするならどっち? 食事をものすごく美味しそうに食べる人? それとも美味しそうなものを作ってくれる人??
    作ってくれる方が好きです。特に和食を作ってくれる彼女だったら最高ですね!
  • PHOTO: KIYOTAKA HAMAMURA
    Q3: 犬派? 猫派??
    基本は犬好きです。僕自身はペットを飼っていませんが、彼女の連れペット、大歓迎です!
     
    Q4: 合コンなどの男女でワイワイするとき、会話を引っ張っていくタイプですか? それともいじられ待ちなタイプですか?
    結構まわす方のタイプです。今の「いつ恋」チームだったら、僕が一番の年上なので、会話をふったりなんかして、盛り上げる役に徹します。
  • PHOTO: KIYOTAKA HAMAMURA
    Q5: 恋は積極的or消極的? 役柄の朝陽みたいに何度もめげずに追うタイプですか? それとも身を引くタイプですか?
    僕、ここ最近はもうグイグイ行く前に諦めちゃってるんですよね(笑)。気になる人ができても、妄想(シミュレーション)でうまくいかないと、そこでもう無理って! ぶっちゃけ、恋愛は経験しているよりも妄想している時間の方が長いです。お酒も飲まないから、勢いに乗せることもできないし、理想は高くなる一方だし、こじらせてますよね? でもルックスにはそこまで最近はもうそんなこだわりはないです! 背が僕より高いのはちょっと…ぐらいですかね(笑)。
     
    Q6: 好きな人との過ごし方は? アクティブにお出かけする派? それともおこもり派??
    どちらも好きですよ。思い立ったら動くタイプなので、気まぐれです。おうちにこもりっぱなしの時もあるし、急にディズニーランドに連れて行っちゃったりすることも。ドライブが好きなので、遠出だってします。
  • PHOTO: KIYOTAKA HAMAMURA
    Q7: 告白のタイミングは? 朝陽君のように全力でサプライズを仕込む? それとも日常の会話でさらっと言う?? 
    ある程度、自信があるときはめいいっぱいのサプライズで攻めます。全然、相手の気持ちが読めないときは、さすがにフラれた時のことを考えて、さらっと言うかな(笑)。
     
    Q8: 好きな子にはどっぷり甘えたいタイプですか? それとも尽くすタイプ??
    甘えるのは苦手で、案外、ドライな一面もあるかもしれません。特に仕事にどっと集中するとそうなっちゃいますね。とはいえ、愛されていることはきちんと実感していたいので、甘えるというよりは、相手が喜んでくれることをします。
  • PHOTO: KIYOTAKA HAMAMURA
    Q9:  恋のはじまりは、ひと目惚れが多いですか? 友だちとして仲良くなってから好きになるのが多いですか?
    どちらもありますが、どちらかというとひと目惚れかな……だから発展しないのかも! 誰かと「出会って→話をして→知り合う」環境がなくなっちゃったんですよ。多分、お酒を飲みに出かけたりしないといけないんだろうな。でも、男女が明らさまに出会いを求めて集まるような飲み屋さんってどうも苦手で。
     
    Q10:恋において、ロマンティストですか? リアリストですか??
    周囲からはロマンティストだと言われます。好きな人に、何でもない日に突然、花束を贈ったりしますしね。用意していた「ありがとう」の顔ではなく、予想だにしていなかった時の喜んでいる顔を見るのが嬉しいじゃないですか? 僕は愛されたいタイプの割に、お祝いなら「される」より「する」方が好きなんです。例えば、誕生日でも当日ではなく、お互い忘れて季節も変わっちゃったくらいのタイミングで突然あげたりする方が素敵だと思うんです。
  • 関連記事サムネイル

 

■「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
衝撃の最終回は3月21日(月) 21時00分~21時54分
監督:坂元裕二
キャスト:有村架純、高良健吾、西島隆弘、高畑充希、坂口健太郎、森川葵ほか

FromVOGUE