本文へジャンプ

ナビへジャンプ

LIFESTYLE

いつだってエフォートレスシック。ルー・ドワイヨンが見つけた、音楽と私。

モデル、女優、そしてジェーン・バーキンの娘として、ファッション界からラブコールが絶えないルー・ドワイヨン。近年ではフランス版のグラミー賞で最優秀女性アーティスト賞に輝くなど、シンガーとしてもその非凡な才能を開花させている彼女が、このたび3年ぶりとなるニューアルバムをひっさげ来日! ブルーノートでのライブ前日に、作品の制作秘話から、気になるファッションの話題まで、たっぷりと語ってくれた。

 

lou01ⓒrights reserved

昨年末にリリースされたルー・ドワイヨンの2ndアルバム『Lay Low』。本作はデビュー作とは違い、楽曲制作はもちろん、レコーディングや編集、ミックス、マスタリングに至るまで、彼女自身の舵取りによって行った極めて私的な作品だ。プロデュースは以前から興味を持っていた、カナダのインディペントレーベルに所属するバンド、ティンバー・ティンバーのテイラー・カークに依頼。一度はオファーを断られたが、なんとか時間を作ってもらうことに成功し、制作に漕ぎ着けたという。

「1作目がありがたいことにフランスで賞をもらったんだけど、その状況があまりにも居心地が良すぎて、冒険好きな私は逃げたくなってしまって……。だから2作目は怖さもあったけど、自分自身ですべてやると決めて。ギター1本と着替えだけを持って、テイラーが住むカナダを目指したの」。雪に閉ざされたモントリオールのスタジオにひとりで向かった彼女は、メンバーと5日間にわたり蜜なレコーディングを行い、その後も現地とフランスを行き来しながら、最終的に自身の手でアルバムを仕上げた。「ひとりでやらなきゃいけない孤独、不安も含めて今作ではさまざまなことを学んだわ。機械に頼らずリアルに音を作っていく過程を通して、私はパーフェクトじゃないものが好きだし、ミスも好きで、そして静寂を心から愛していることも再確認できた。それがとても良い経験だったと思ってる」

PREV
1 2 3
NEXT

FromVOGUE