本文へジャンプ

ナビへジャンプ

LIFESTYLE

2015.05.11 LIFESTYLE 「おきゃんてぃーず」の25歳はこの1曲! でんぱ組.inc 「くちづけキボンヌ」

春から夏にかわっていくこの季節。
胸キュンな毎日送ってるかな?
学校や会社帰り、ちょっと手とかつないでみたらいいんじゃん?
てなわけで今回の「25歳はこの1曲」は
でんぱ組.inc 「くちづけキボンヌ」(2011年)

キュンキュンの時間切れの恋を 繰り返してばかり
だけど今日のキミは どこか違う…
永遠の時間切れの恋を 光速超えて抜けたら
君にこう言うの 「くちづけキボンヌ」永遠の…
草木のしずくに 学校の友達
すべてがずっと続くと 誰もが考えてた
永遠にon and onはなく この世の夢は儚く
印象派の絵の具が どこがおぼろげなように
キミが変えるべきは 未来なんかじゃなく
現在過去フューチャー そう今この瞬間
ホラ光が点滅して 二人をつつんで
アキバの夕まぐれに 二人は 二人は二人は

やべーーーーー!キュン死。

世界初!”チェキPV”
約1,000枚のチェキ写真のみで構成されている。
斬新なMusic Clipにもチュウ目してよー。キャワイイんだからさー。
https://www.youtube.com/watch?v=e4kB1g0fKIA
でんぱ組.inc 「くちづけキボンヌ」

でね、この曲作ったのがヒップホップアーティスト、かせきさいだぁ&木暮晋也(ヒックスヴィル)なのねん。僕が大学生だった90年代半ば、「かせきさいだぁ」ってのは、セント・ジェームスのボーダーシャツ着て、代官山でクロワッサン食べてるような
お洒落っ娘に人気あったんだよー。日本文学ラップのパイオニアだね。
「キャローン」ってのも発明して、一時期「渡辺満里奈」や「とんねるず」もよく使ってたなー。(各自調べること!)

『 ボクが随分素早く汽車から降りたタメ雲を焦がしたくらいさ
梶井基次郎の檸檬の中に出てくるような街の中は
埃っぽい匂いが立ち込める通り雨の後で
また鳴きだした蝉の声響く路地は駒絵と化したかのよう
遠くから聞こえる祭囃子 背筋を伸ばした 向日葵 』

https://www.youtube.com/watch?v=Pbh_CJ1xBbg
かせきさいだぁ 「じゃっ夏なんで」

でさでさ、その「かせきさいだぁ」も所属していたLittle Bird Nationってのがあるんだけど、知ってるかな?
「スチャダラパー」を中心として「TOKYO No.1 SOUL SET」や「四街道ネイチャー」、「脱線3」などが所属した日本のラップグループ・クランです。
それぞれ良いけど、他グループのMCをフューチャリングした良い曲もあるので、いろいろチェックしてみてね。今回は「スチャダラパー」に「脱線3」のロボ宙がはいったやつ。
天才タケイグッドマンのPVもワン&オンリーです。

https://www.youtube.com/watch?v=P0RxkdCNh28
スチャダラパー feat.ロボ宙 「LET IT FLOW AGAIN」

てなわけで今回は、「でんぱ組.inc」から色々と、90‘sのヒップホップまで掘り進んだわけだけど、興味持ってくれたかな?今見てもPV新鮮なんじゃない?
この辺知ってると30代~40代のお洒落っぽい上司や先輩、営業先とかとも話が円滑に進むかもよ。それっぽい人に「わたし、実はLB好きなんです。」なんて言ってみ?

そうしてこうして次回は先日亡くなったジャパニーズ ヒップホップの至宝。
DEVLARGE BUDDHA BRAND(ブッダ・ブランド)のお話につながるのでR 。

でもお約束はできないんだかんねっ。ばいちゃ!

 

 

PROFILE●田邊慎一郎1975年青森市生まれ。エフエム青森にて、類いまれなる音楽知識をもとに「おきゃんてぃーずのおきゃんてぃーぱーてぃ」のDJを担当。(A.K.A.津軽に降りた最期の天使)。大学卒業後カメラマンを目指し、NYや中南米、アジアを放浪後、なぜか料理の道へ入り、味にうるさい女子たちを魅了するシェフへと変貌。現在 レストラン Teraにて、オーナーシェフまで担当。

FromVOGUE