本文へジャンプ

ナビへジャンプ

LIFESTYLE

待望の来日公演のすべて!ケイティー・ペリーの「THE PRISMATIC WORLD TOUR」を追っかけ!

プリンセス・オブ・ポップ、ケイティー・ペリーの「THE PRISMATIC WORLD TOUR」が、ヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアを周り、ついに日本へ! 来日公演2日目となる2015年4月26日に参戦したアシスタントのKURUMIがライブをレポート。大の親日家で知られるケイティーのオフショットもインスタグラムからチェック!

of 9
  • PHOTO : AFLO/Imaginechina
  • PHOTO : AFLO/Imaginechina
  • PHOTO : KURUMI ITO
  • PHOTO : AFLO/Splash
  • PHOTO : Instagram/katyperry
  • PHOTO : Instagram/katyperry
  • PHOTO : Instagram/katyperry
  • PHOTO : Instagram/katyperry
  • PHOTO : Instagram/katyperry
  • 関連記事サムネイル

実に4年ぶりとなる、ファン待望のケイティー・ペリーの単独来日公演が2015年4月25、26日に東京体育館で開催された。会場にはツアーやミュージックビデオの衣装から、ケイティーがハロウィンに仮装したチートスまで、アイディアを凝らしたコスプレに身を包んだKaty Cats(※ケイティーファン)が集結し、場内はまるでケイティー・ペリー・ボウルに。

サポートアクトのDJデュオ、The Dollsのパフォーマンスが終わり、今か今かとケイティーの登場を待っているところで会場が暗転。“Roar”の前奏が流れ、光る槍を持ったダンサーがステージにスタンバイ。そしてついにケイティーが登場! 会場が大歓声で包まれるなか、スクリーンに映し出されたライオンとケイティーの“Roar”(咆哮)でライブが幕開け。なんとケイティー、アジアツアーからこれまでのツアー衣装の一部をチェンジ。暗闇で光るプリズマティックな演出は東京のロボットレストランからインスピレーションを受けたとか。キラキラ光る演出の中、“Part Of Me” “Wide Awake”を続けて披露。

発光する舞台は次に、エジプシャンイメージに早変わり。“Dark Horse”ではゴールドの馬に乗って登場し、ミュージックビデオのイメージをそのままステージへ。“Legendary Lovers”ではバックダンサーとセクシーな絡みも見せ、会場は大興奮!

ライブ中盤でひまわりモチーフの衣装で登場したケイティーはステージ上からファンを見渡し、1人の女の子を呼び寄せることに。手作りのひまわり衣装にパステルレインボーのウィッグをつけた自分そっくりなファンに、ケイティーも「鏡を見ているみたい。」と驚きの表情。「“I love you”は日本語で何て言うの?」などと日本語を教わり、一緒にセルフィーを撮ったりと、選ばれたファンにとって一生の思い出をプレゼント。「California Dreams Tour」でも最前列で見ていたファンをステージに上げるなどして、常にファンとの交流を大切にしてきたケイティー。アコースティックで“Unconditionally”を会場のファンに捧げ、場内は感動的な雰囲気に。

また、毎回来日するたびに凝ったネイルアートをオーダーするケイティー。カメラに手を近付けて新しいネイルアートもお披露目。日本大好きのケイティーらしく爪には日本国旗や“ケイティ” “Tokyo girl” “Kawaii”といった文字が! 東京公演のあとは台北やマカオに向かう予定だけれど、親日家のケイティーらしくネイルはそのままにしておくそう。

続いて“This Is How We Do”~“Last Friday Night”ではグリーンのウィッグにポップなピンクの衣装で登場。会場に絵文字やシャンパンボトル、タコスの巨大バルーンが出現し、そのうちのひとつには“COVER GIRL”の文字が。広告塔を務めるコスメブランドの宣伝もばっちり◎。

ライブも終盤、“Teenage Dream”で会場のボルテージはマックスに。“California Gurls”を続けて歌い上げ「サヨナラ、トーキョー!」と言い一旦ステージから撤退。そしてアンコール前に公式の3Dメガネ、Prism Visionをつけるよう指示が。ケイティーが花火柄の豪華なコスチュームで登場するとバックスクリーンに花火が打ち上げられ、Prism Visionを通すと本物の花火の中で歌っているように見えるという仕組みに。スクリーンとステージが一体となった中で“Firework”を歌い上げ、来日公演に幕を閉じた。アルバム『One Of The Boys』から新作『PRISM』まで、約90分のステージでヒット曲を続々熱唱し、Katy Catsも大満足。また近いうちに日本に戻ってきてほしい!

 

セットリスト
Roar
Part Of Me
Wide Awake
Dark Horse
E.T.
Legendary Lovers
Kissed A Girl
Hot N Cold
International (Vogue) Smile
Legends Never Die (with Ferras)
By TheGrace Of God
The One That Got Away
Thinking Of You
Unconditionally
Walking On Air
This Is How We Do – T.G.I.F – This Is How We Do
Teenage Dream
California Gurls
-Encore-
Firework

FromVOGUE