本文へジャンプ

ナビへジャンプ

LIFESTYLE

“ぽちゃカワ”歌姫、メーガン・トレイナーの初来日公演!

いちど聞いたら耳から離れないサウンド、「オール・アバウト・ザット・ベース」で全米第一位! 話題のシンガー・ソングライター、メーガン・トレイナーの記念すべき初来日が実現。老若男女問わず、幅広い世代の日本のファンを熱狂させた来日公演の全貌や東京滞在中の彼女の動向をお届け!

of 7
  • PHOTO : KAZUMICHI KOKEI
  • PHOTO : KAZUMICHI KOKEI
  • PHOTO : Meghan Trainor (Instagram)
  • PHOTO : Meghan Trainor (Instagram)
  • PHOTO : Meghan Trainor (Instagram)
  • PHOTO : Meghan Trainor (Instagram)
  • メーガン・トレイナー『TITLE』 ■ソニー ¥2,200+税 2015年3月4日発売
  • 関連記事サムネイル

 

2015年4月18日にラフォーレミュージアム原宿で開催されたメーガン・トレイナーの初来日公演。会場には小学生から大人の男性までが入り交じり、話題の歌姫を大歓声でウェルカム。キラキラ好きなメーガンは、ブラックのスパンコールトップスに、ミントグリーンのシャイニースカートという彼女の定番ライブルックで登場。マイクもアクセサリーも全身キラキラ。バックシンガーとダンサーを従え、最新シングル『ディア・フューチャー・ハズバンド』でショウを幕開け! ピアノの他に、ギターやパーカッションも弾きこなすマルチ・プレイヤーの彼女は自慢のキラキラウクレレで「タイトル」をシンプルなアレンジで披露。そして毎公演オーディエンスの中からファンを1人選ぶ“クイーン”のコーナーでは17歳の女の子が選ばれ、一緒に写真を撮ったりとメーガンに大接近! さらにマーク・ロンソンの大ヒット曲「アップタウン・ファンク」をメドレーで会場をあおり、場内はまるでダンスフロアに。セカンドシングルの「リップス・アー・ムーヴィン」でセットを一旦締めくくり、アンコールでは「ホワット・イフ・アイ」に続けて「オール・アバウト・ザット・ベース」をオーディエンスと大合唱。ファーストアルバム『タイトル』から全収録曲を含む、計15曲のライブパフォーマンスを完全燃焼でフィニッシュ。

 

【この日のセットリストはこちら!】
INTRO
Dear Future Husband
Mr. Almost
Credit
No Good For You
Title
Walkashame
Queen
Close Your Eyes
3am
Like I’m Gonna Lose You
Bang Dem Sticks~Uptown Funk
My Selfish Heart
Lips Are Movin‘
-Encore-
What If I
All About That Bass

FromVOGUE