本文へジャンプ

ナビへジャンプ

魚座

魚座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。2017年も下半期に入っていきますね。この2017年の前半で既に「何が起こっているのかわからないぐらい、自分を動かす力が加速している」、「今までの自分でいてはいけない気がする。だから変わりたい」など、感想はそれぞれに出ていると思います。このしいたけ占いが、皆さんが進めるそれぞれの大切な物語の少しの助力になれたら、いつもこれに勝る喜びはないです。ゆっくり読んでみてください。

2017年下半期、魚座は
「エゴイストになる」

2017年下半期の
運勢は?

変身

「変身」を表す黄色。そして「とがった自分を愛する」のピンク色が出ています。いきなりなのですが、2017年の終わりまでに、自分の気持ちのなかで「今の自分の形態って終局を迎えていくんだろうな。次に向かってジャンプできるはずだし、私自身としては次の章に入っていきたい」と思ってきています。つまり、あなたは2017年下半期において「変身」を迎えていきます。

オーラ
魚座

芸術者、表現者としての魚座

この2017年下半期に起こる「変身」という現象について詳しく話をする前に、魚座の人が持つ「芸術の体現者」としての性質をお話ししていきます。

もともと魚座の人って、自分自身の自己紹介が難しい人たちでもあるのです。魚座って「自分がひとつの限定された役割」に押し込められることを本能的に嫌います。だから、会ったばかりの人に自己紹介をしなければいけないシーンなどで「一応、学生をやっています」など、そういう「一応」がついた紹介の仕方をします。「学生」という名称で自分のすべてなんて言い表せないもどかしさを感じます。

魚座の人って、ごはんを食べるために、大人として社会にいるためにいろいろな肩書きをそれぞれ持っていると思うのです。でも、あなたのなかでいちばん強いエネルギーは、

「自分が感じた衝動を、命がけで表現する」

ことなのです。あなたが感じた衝動を、あなたは最高の条件で外の世界に放出しようとします。その瞬間、あなたは普段のあなたではなくなるのです。それがあなたの芸術家性なのです。芸術家が残した絵画の迫力って、単なる「絵のうまい人が描きました」から伝わってくるものではなく、「その人の人生すべてが叩きつけられたかのような衝撃」として感じられるわけでしょう。

実際に、表現活動を行っている魚座の人って、自分が感じている「美」の世界と一体化します。だから、美と一体化している魚座の表現って、見ている人を「ゾクッ」とさせるのです。「この人は、私が知っている世界にいる人じゃない」と、見る側はその表現の光に魅せられていくのです。

あなたは⾃分が「⼼の底からうれしい」「今の私、イケてる」と思っているとき、ほかの⼈よりも強くオーラが輝きます。それだけ、夢中になっているときのあなたの表情って特別なパワーを帯びるのです。そのパワーを、あなたはこの下半期にもっともっと⾼めなければいけません。それこそ「もっと私を⾒ろ!」と周りに強制するぐらいのエゴイストにならなければいけないのです。この下半期は以下のことをぜひやってみてください。あなたにとって特別な瞬間、それは「⽉に1回⼤好きなお店でごはんを⾷べるとき」など、⾃分がまるで「特別な撮影をしているモデル」であると意識して「私はこの特別な瞬間を誰よりも楽しんでいる!」と、究極の紙⾯を飾るぐらいのつもりで⾃分を光らせる。モデルさんって撮影の瞬間に⾃分⾃⾝を最⼤級に光らせます。あなたにもそれをやってもらいたいのです。

ちょっと冒頭から飛ばしてしまったのですが、だから魚座って、「自分じゃない何かの力」を持っている人が多いのです。だから、その「力」を外に向かって出していくために、なんらかの表現の方法を持っていたほうがいいのです。

古代から、歌やダンス、絵画などの芸術作品って、いわゆるこういう言い方が苦手に感じられる方には申し訳ないのですが、人間が人知の限界を超えて作った、神への贈り物という歴史があります。魚座にはその芸術の体現者が多くて、不思議な力を自分のなかに宿している人が多い。だから、自分の意思とはちょっと関係ないところで「人生が動かされる」という経験をよくしたりするのです。

「自分じゃない力によって動かされる」

それはつまり、「なんだかよくわからない衝動」。衝動があなたの人生を動かしてきたのです。

新しい世界を知るために、
次のレベルの⾃分になっていく

ここまで書いてきたように、あなたを動かすものって「衝動」です。魚座の行動って、これはネガティブに受け取らないでいただきたいのですが、ほとんどすべて脈略がないのです。「急に衝動が起きて、それをやりたくなった。いや、どうしてもやらなければいけなくなった」。その連続だから。

でも、社会という場所で暮らしていると、その衝動のすべてを「急にやるわけ」にはいかないことがほとんどです。だから魚座も一応「社会性」という仮面をかぶるし、社会生活のなかで「好き勝手に振る舞いすぎないようにする」という訓練を自分に課したりします。

でも、あなたの本分って「衝動によって、やってみなければわからないことに自分を賭けること」なのです。

そして、この2017年の下半期にあなたに起こる衝動は、

「もうここまでの自分は終わり。変身して次のレベルに行かなきゃ」

という感覚です。ですから、2017年後半から来年2018年も含めて、大がかりな移転や引っ越し、そして環境をガラリと変えてしまう方も多いです。それはあなたが行っている変身の一種の「脱皮」なのです。今の自分じゃ窮屈になってきているのです。感覚が鋭い人なら、これを読んでいる時点で「もう今の自分って昔の自分なんだよな。その姿で見られるの、嫌なんだよな」と感じている方もいらっしゃると思うのです。

ちょっとだけ品のないたとえ話で申し訳ないのですが、たとえば自分の年収が増えるときって必ず「そのレベルの年収を稼ぐ人たち」と仲良くなります。これは無理やり出会うという意味ではなく、自然とそうやって気が合ってしまうのです。

「自分の周りの環境とか、気が合う人が変わっていく」

実はもう自分のなかでは感性のレベルが変わってきているのです。

2017年下半期、あなたの感性のレベルはひとつの大きな爆発を起こし、次のレベルに行っています。なので「え、こんな人と気が合うんだ」という“次のレベルにいる人”と気が合ったりしていきます。

この下半期でのあなたの爆発力を高めるためにやっていただきたいことがあります。

  • ・いつも自分がいる地域とは違う場所のお店に行ったり、カフェに入って会話の違いなどを感じてみる。
  • ・都会に住んでいる人は、都会だけではなく、遠征して自然が多い場所に行ってみる。
  • ・その逆に、自然が多い環境に住んでいる人は、都会に遠征してその空気を感じてみる。
  • ・身体性が前面に出たパフォーマンス、表現活動を見に行ってみる(バレエや舞台、ダンスやフィギュアスケートなど)。
  • ・「自分にとって憧れの人」に会えたら何を話したいか、自分は何をしてきて、何を目指している人なのか、それをもう考えておく。

ぜひやってみてください。

仕事運はどうなる?

心が動き出す!

2017年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「何に感動していきたいか」です。仕事面に関しても「ただ頑張る」というわけではなく、下半期のテーマである「私は何を感じて生きていきたいか」という、壮大なテーマに関連していきます。下半期においては、あなたは壮大に「自分の生きていく環境は、自分で決める」と言っておいたほうがいいです。あなたにとって「どういう環境に自分の身を置くか」ってすごく大切なこと。魚座の人は生活の隅々までも、何を食べるか、何を着るか、誰といるかということに関しても「面倒くさいからこれでいいや」という判断はなるべくしないほうがいいのです。それはもちろん疲れているときはしょうがないけれど、「今の私はこれを食べると心が動き出す!」というパッションや感動とともにあらねばならないのです。ですから、仕事面に関しても「今まで続けてきたから今後も頑張る」ではなく、何を実現していきたいか。何の感動を伝えていきたいか。そして、仕事の種類によっては「感動」を体現できないとするならば、仕事以外の時間で「どう感動する時間を過ごしていくか」。それをあなたにはリミットを振り切れるくらいまで今期追求してほしいのです。だって、魚座の世界に小出しはないから。省エネなんかやってしまえば、あなたは「めんどうくさいからこれでいいや」の世界に行ってしまう。だから、振り切って!

恋愛運はどうなる?

究極的に自己満足を追うこと

2017年下半期の恋愛面でのあなたのテーマも「エゴイストに戻る」なのです。もともと魚座ってものすごい献身性を持っているのです。好きになった相手に対して「どこまでもやってあげたい。喜ぶ顔が見たい」。無限の奉仕ができるのです。だから、あなたはちょっと自分自身に疲れを感じるときに、「誰か私のことをわかってくれる人に、プライベートで“よしよし”ってしたり、“よしよし”ってされたい」という欲望が出てきます。でも、この下半期のあなたは「エゴイスト」に戻ってほしいのです。「私は自分の見たい景色を見ていく。次のレベルに行く。うだうだ言っていないで完全燃焼する」と。あなたはここまで頑張ってきたから恋愛面、つまり対人関係で疲れてしまっているところがあるのです。でも、ここであなたはその疲れに慣れてしまってはいけません。「完全燃焼する」。それがあなたにとって恋愛面でも、あなたの魅力を呼び覚ますキーワードになるのです。究極的には「全部自己満足でやっている。そして、私の自己満足は相手にサプライズを与え、ほかの人にはできない喜びを与えないと気がすまない」と、せっかくならそこまで傲慢に自分で喜びを感じてみてください。卑屈になってはいけませんよ。「あなたの世界を喜びで満たしてみせる」。それくらいのロマンと雄大さを持つこと。「究極的に自己満足を追う」。それがあなたの恋愛面での下半期のキーワードになります。

月ごとのアドバイス

7月
走り出す準備。
8月
背負い込みすぎない。動き出す。
9月
自分を褒めてエネルギーをチャージ。
10月
メリハリをきちんとつける。やるときはやる自分。
11月
勝負どころ。輝く人になる。
12月
独走する。
July 7月
7月オーラ
魚座

「遠征」を計画してみる

「解放を感じる」というターコイズが出ています。あなたはこの時期に「何に興味がなくなるのか」について細かく精査してほしいのです。「飽きた」でもいいです。たとえば「いつもこの時間でダラダラメールのやりとりをするのが飽きた」と感じたら、その時間を縮小してください。「今から5分に区切る!」などですね。「興味がなくなった」「飽きた」を探して、その時間をなくすか縮小していく。そして「時間をつぶす時間を少なくして、その分、一生懸命頑張ってみて、そして大きく遊ぶ!」と思ってほしいのです。それが自分を解放していくことにつながっていくから。あなたはこの夏に「小さな部屋」から空の下に戻っていきます。だから、「遠征」というキーワードでひとりでもどこかに旅に出る。そこで太陽や風を感じてみる。できれば海のほうがいいです。そこではなるべくSNSなど「普段の自分を知っている人たち」との接触を避けて旅人になってみてください。「人がどう思うか」ではなく、「私がどう気持ちいいか」という視点で!

August 8月
8月オーラ
魚座

自分で背負い込みすぎないこと

「プレッシャー」を表すネイビー。そして「解放」を表すターコイズ色が出ています。この8月は「きちんと休む。自分を解放する。無理にいろいろ詰め込まない」と意識してみてください。というのは、この時期にちょっと人間関係に緊張感が走る場面があったりするのです。たとえば「なんでここまで私がしなければいけないのか」など。いわゆる損する部分もあるのです。でも、全体的な流れは悪くないので、きちんと楽しむために、きちんと「抜く」ことが大切です。頑張りすぎて行きづまるのではなく、合間にちゃんと風に当たってみたり、コーヒーブレイクをしてみたり、「ホッ」とひと息つけるようにいてください。この時期も相変わらず衝動的に「あ、海行きたい!」と思ったら行ってしまったほうがいいです。「私って結構自由にいろいろなところにすぐ動けるんだ」という意識を持って。それが極端な話、家の近所に出向く際もそう思うこと。そうするとあなたの行動力と魅力がアップしていくから。

September 9月
9月オーラ
魚座

自分を褒めながら頑張る

「自分を褒めてあげたい」のピンク色が出ています。この2017年、あなたが「今いる自分のレベルや場所から動こうと思えば思うほど」、結構いろいろなことが起こるのです。それなりに濃い体験や、「いや、こんなこと私にできるのかな」ってたじろいでしまうものまで。それで、人ってただひたすらに「頑張れ」と言われて頑張ることなどできないのです。だから、この9月のあなたは調子がいいときでもあるけれど、少し寂しさなども感じてシュンとしやすいときでもあるので、以下のことをやってみてください。ちょっと疲れているなと感じたり、何かの作業の途中でひと息つくことがあったら「よし、今から私のことを褒めます」と自分に言ってください。そして、あなたがこの数時間でやっていたなんらかの作業について「よくやった、私」と褒めてあげてほしいのです。たとえばデスクでの作業の前にサッとデスクを拭いたら「デスクを拭きましたね。きれいを大事にしました、私。えらい」って。それをやり続けてほしいのです。褒めることが見つからなかったら「今から私を褒めるための行動」をとってください。できればシンプルで簡単なことがいいです。自分を褒めると、自分を信じたくなってきますよ。他人が自分を褒めてくれるって気まぐれなこともあるから、自分で褒めてあげること。

October 10月
10月オーラ
魚座

幸運とともにある。
だからこそ切り替え能力を

「直感や幸運が強くなる」という黄色が出ています。8月、9月、そしてこの10月も連続してそうだったのですが、2017年下半期のあなたは、ちょっと体力勝負のところがあります。2017年自体があなたにとって「予測もつかないこと」ばかり起こる感じなので、いざあなたに急にチャンスが巡ってきたときに体力が残っていなくて「ボーッ」としてしまう可能性が少しあります。だから、抜くときは抜いてください。具体的には自分が頑張ろうとしたことが思ったよりもできなかったとしても「やるときはやる! やらないときはやらない! やれないときはやれない!」と言って、半分開き直ってほしいのです(笑)。開き直るって他人の前ではあまりやりすぎないほうがもちろんいいけれど、「切り替える」という意味ですごく大事な儀式なのです。「やれないときはやれない! 一生懸命やろうと思った。でもこういうこともある!」って。ひとつの失敗やうまくいかなかったことに対して凹んでしまわないでください。幸運はあなたとともにあります。だから、一回一回開き直ること。

November 11月
11月オーラ
魚座

自分が自分として輝く人になる

「自分は自分として輝く」の森の色。そして「周りから助けられる」の緑色が出ています。なぜ森の色のオーラを「輝く」と表現したのかというと、「自分が自分として輝いている人」は、やっぱりその裏側に必ず孤独があります。輝いている人で孤独じゃない人っていないのです。どうしてかというと、自分で常に切り開いていかなければいけないし、「今」に落ちつくことはできないし、自分で正解を出していかなければいけない。その孤独に耐えて、みんなを喜ばせるってすごく大変なことでもあるのです。そして、影を避け、明るい光を放つ人の原動力は「エゴが強く」なければいけないところがあります。「私がなんとかする!」という自信ですね。そのエゴを強く持ち続けてください。この11月も、そして2017年も、あなたはきちんと「とがる」こと。生意気ぐらいがいいです。それで人に負けない気持ちを持って、そうしたらあなたは必ず助けられます。とがることって、人の悪口を陰で言うことではありません。「今日を自分として生きる。そしてそれをやり切る覚悟」です。11月は勝負どころですよ。頑張れ!

December 12月
12月オーラ
魚座

エゴイストであることを守る

「得意でないことをやっている」というオレンジ色が出ています。少しだけ、今やっていることが「キツい」と感じてしまう人が出てくるかもしれません。どうしてかというと、今のあなたはきちんと「今までの自分にはできなかったこと」をやっているのです。だから毎日が挑戦だし、毎日がキツいと感じられてしまうこともある。でも、それってすごく正しい「キツさ」です。できれば手をゆるめないでください。「絶対にモノにしてやる」と野心を強く持ってください。そして、2017年のあなたはエゴイストであるべきだから、「誰のためにやっているか?」と思ったら「自分のため」と答えてください。もっとワクワクしたいから。次の景色を見ていきたいから。そして、自分が輝くことを恐れない。今、目の前にいない「誰だかよくわからない誰か」に認めてもらおうとしなくなったとき、あなたはめちゃくちゃに輝き出します。だって、自分に嘘はつけないから。自分のことって自分でちゃんと見ているから。

しいたけからの
魔法のメッセージ

「エゴイストに戻る」。美しい人ってワガママです。美しい人って傲慢です。そして、美しい人って誰よりも強く「自分が美しい人間であること」を課します。自分に嘘がつけないという感覚。毎日を自分なりにちゃんと生きる。その日一日で自分の持っているものを全部出し切る。それをやると毎日が楽しくなります。毎日が「舞台」になります。そして、もっと大きい「舞台」を望んでいくことになります。あなたって自分に対してすごく鈍感なところがあります。だから、自分でやっている自分のすごさをきちんと褒めてあげてください。あなたは速い人なのです。他人からの評価なんて待っていてはいけません。自分のことを見逃さずに自分で褒める。そしたら、そうやって褒められた自分ってあなたをもっと刺激的な世界に連れていってくれるから。自分を味方につけてください。そして、もっとおもしろい世界、そして変化が常に起こるような日々に遠征してください。もっと遠くへ! あなたが目指す旅は始まったばかりです。

しいたけ

SHIITAKE LIVE CHATInstaライブチャットで
しいたけさんと話そう!

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけさんとInstagramライブでチャットできるスペシャル企画を開催!12星座別に実施するので、ぜひ参加して。詳細はこちら。

FromVOGUE