本文へジャンプ

ナビへジャンプ

山羊座

山羊座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。2017年も下半期に入っていきますね。この2017年の前半で既に「何が起こっているのかわからないぐらい、自分を動かす力が加速している」、「今までの自分でいてはいけない気がする。だから変わりたい」など、感想はそれぞれに出ていると思います。このしいたけ占いが、皆さんが進めるそれぞれの大切な物語の少しの助力になれたら、いつもこれに勝る喜びはないです。ゆっくり読んでみてください。

2017年下半期、山羊座は
「うれしいを、みんなで」

2017年下半期の
運勢は?

「うれしい」の復活

「自然な表情」のピンク色。そして「明るい光を受け取る」の黄色が出ています。

オーラ
山羊座

2017年下半期にあなたが意識して口にしてほしい台詞があります。それは「うれしい」という台詞です。

  • ・「〇〇ができてうれしい」
  • ・「一緒にいれてうれしい」
  • ・「ひとりの時間が持ててうれしい」
  • ・「前までの自分とは変わることができた。うれしい」

そんな具合に。どうしてこういうことをお伝えしたのかというと、あなたは下半期に周りの人からの助け、そして幸運からの助けを数多く受けます。そういうあたたかい声援なり幸運を受け取るあなたが、いわゆる感情を凍結させてしまっていてはいけないのです。そうなると、うまくそのあたたかいものがあなたに届かないから。まずそれを覚えておいてほしいのです。

2017年の下半期のあなたの流れはどうなるのか? それをお話ししていく前に、あなたが持っている「山羊座マインド」の取り扱い方について説明させてください。

山羊座が抱える「責任」という感覚

山羊座ってよく西洋占星術の世界では「責任の星座」と言われます。この「責任」の感覚って確認しておいたほうがいいのです。その上で、あなたに尋ねたいことがあって、以下のふたつの台詞って心当たりがないでしょうか。

  • ・「先のことはわからない。だから今は自分がやっている〇〇をもっと完璧にこなしていきたい」
  • ・「いつか落ち着けたらいいな」

ものすごく極端な言い方をすると、山羊座の人生ってこのふたつの台詞でずっと回ってしまう可能性もあるのです。「将来的に落ち着けたらいいな。らららー」って。裏を返すと「ずっと落ち着かない」ということがなぜか起こってしまう。

「山羊座の気持ちはいつも落ちつかない」。そのカラクリをひとつひとつ説明していくと、ほかの星座と違って、山羊座の「今」に集中する力ってすさまじいのです。「今」から目をそらすことがなかなかできないのです。

だから山羊座は、無意識のうちに「これを完璧に終わらせる。その後なら倒れてもいい。そして倒れたらまたひとりで自分を回復させて、また自分の全力を尽くしていくだけ」というすさまじい爆発力を持って生きています。自分が動いているときの「ON」の時間にはとことん、誰にも邪魔されないぐらいにやりきりたいのです。もう一方で「もう家に帰りたい」「とにかくひとりでダラダラしていたい」というときのOFFの時間に関しても、誰にも邪魔されないぐらいにまでとことんやりきりたい気持ちがあります。

「一度自分がこうすると決めたら、誰にも邪魔させないぐらいにやり抜く」というのがあなたの強さであり、いわゆる暴走性なんですね。

あなたはONにしろ、OFFにしろ、「やる」と決めたら、とにかく自分の世界に入っていきます。

その暴走モードに入って

「自分が納得するまでやれるかどうか」

その「納得」を感じられるまでやり抜くのが、あなたにとって「責任」という感覚なのです。

他の人とは違う「責任」感覚

通常、世間で言われる「責任」って、たとえば企業に勤めている人だったら無断欠勤をしない、業務で定められている会議には参加する、そういう「最低限守らなければいけないこと」を指します。「最低限の責任を果たしてくれたら、あとはそれなりにあなたの自由にしていいよ」と放任も認めてもらうのが普通言われる「責任」という感覚です。

でも、山羊座の「責任」や「責任感」って随分違うのです。最低限ではなくて、MAXなのです。「自分が命懸けでやれるかどうか」なのです。そして、その責任を引き受けた以上は命懸けでやり、そして倒れるまでやるという過激な責任なのです。だから、裏話なのですが、あなたが最大限に感じる快感って「もうどうなってもいい。この時間の延長でぶっ倒れてもいい」というモードに入ることで、そうなると最大にあなたはキラキラし出すのです。でも、ほどほどにしておきましょう。たまにはいいんですけどね!

話を戻して、なぜそこまであなたが「過激な責任」を背負うのかというと、山羊座っておそらく「加減ができない」星座なのです。大げさな話、命懸けのMAXでやりたいか、MAXでできないか、そういう極端と極端との間を激しく動いています。そのふたつのモードしかない自分をやりきる。そして、その両極端の自分をとことんやった山羊座は、はじめて「気晴らし」や「みんなとただ何もしないでいること」をやりたいと思えるのです。

あなたにとっての「責任」。喜びも、悲しみも、苦しさも、そして達成も、「全部ひとりで引き受ける」。そういう「責任」の感じ方をあなたは2017年下半期に変えていくのです。もうちょっと話につき合ってみてください。

自分ひとりで引き受ける責任ではなくて、
みんなで引き受けていく責任

ちょっとチェックしてもらいことがあって、架空の話で、あなたは今からインタビューを受けるとします。そのインタビューのときに「最近何がうれしかったですか?」と聞かれたとイメージしてください。はい、5秒以内に答えられなかった人、ひとりで責任を背負いすぎです。みんなに迷惑を掛けてはいけないと思いすぎです。

そうしたら、その質問に5秒以内に答えられた人も、答えられなかった人も、一日に何度かイメージでインタビューを受けてください。夜寝る前に1回でもいいですよ。そしてきちんと「うれしかったこと」を答える。

この下半期は、そういう「うれしかったリハビリ」をやってほしいのです。だからことあるごとに独り言で「今日のごはんがおいしくてうれしかった」などと、うれしかったことの確認をする。そういう「小さな幸せ」と「小さな喜び」はみんなと共有できるものです。逆に、何年もかかってひとりでものすごいエネルギーを費やしてたどり着いていく「大きな幸せ」って、実は他人とあんまり共有できないものなのです。ほら、無理やり共有しようとすると「私がどれだけのことをやってきたと思うんだ」という、ちょっと強迫的になっちゃうから。

小さな幸せを大切にして、そしてその小さな幸せを共有していくこと。

それを大切にしてほしいのです。

あなたがこの下半期に抱えてほしいもの。大事にしてほしいもの。

それは「苦しさ」ではなく「うれしさ」なのです。大きな達成ではなく、小さな幸せのほうなのです。「あ、今日はいつもよりも何分か気持ちよく歩けた気がする」。それだけでいいのです。そういう小さな幸せを大事に大事にやっていく。それができる「私」を好きになっていく。それがあなたのこの2017年下半期の宿題だと思ってください。必ずあなたならできるから。

仕事運はどうなる?

自分が自分にインタビューをする

2017年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「みんなと共に」です。これですね、ちょっと「しつこいな」と思った人もいると思います。この数年間、山羊座には「ひとりではなく、みんなへ」という趣旨のキーワードを伝えているから。でも、それは同じことの繰り返しなのではなく、あなたは少しずつ「みんなへ」という方向にちゃんと歩んでいます。できれば、この下半期もこれまで述べてきたような「架空のインタビュー練習」を仕事方面でもやってほしいのです。つまり、今どういう仕事をやっているのか、進捗状況がどうなのか、この仕事をどういうイメージでまとめていきたいのか、そういうことを休憩時間などに、自分で答えてほしいのです。「え、今やっている仕事ですか? 資料の整理です。〇〇部長は見る部分が細かくて。だから私なりに細かいところも抜かりなくまとめようと思います。今日はありがとうございました」という感じです。そのインタビューをしない山羊座って「……。」という世界に入っていっちゃうことがあるから。そのインタビューに答えているとですね、確実に他人に「私のこと」を話したくなってくるんですよ。もっと赤裸々に。そうしたら、「いいことも悪いことも、自分の責任だけではなく、みんなの責任の場所に生きている」という実感が湧いてくるから。ぜひやってみてください。

恋愛運はどうなる?

責任ではなく、
うれしいを共有する

2017年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「責任ではなく、うれしいを共有する」です。今回、全部に対してそうなのですが、恋愛面に関しても、まずどうしても「自分へのインタビュー」をやってほしいのです。どうしてかというと、それをすることによってあなたは「昨日まで知らなかった自分」を知ることになるから。今の時代における「恋愛」って、「正直それをする余裕がない。自分のことだけでも精一杯なのに、誰かを幸せにできるかどうか自信がない」と尻込みしてしまっている人が多いです。でも、恋愛をする人はいます。それはどういう人なのかというと「もっと知りたい」と思う人なのです。「相手のことをもっと知りたい」。それが恋愛や「相手を好きになること」の原点です。そして、その原点の前に「昨日までは知らなかった自分を知る」があります。「こんなことができたんだ」「こういうことをうれしいと思ったんだ」と確認をしていく。そうしたら「もっと自分に喜んでもらいたい。うれしい場面を共有したい」と自分自身に対して思うようになります。それが山羊座の恋愛のスタートです。あなたはやさしいから、一度好きになった相手に「何があっても私はこの人の面倒を見なければいけない。迷惑を掛けてはいけない」と、いつもの独特の責任感のもとに背負おうとします。責任ではなく、うれしさを共有すること。

月ごとのアドバイス

7月
準備期間と整理。
8月
楽しさとうれしさと行動と。
9月
バリアを外していく。
10月
ひとりの時間を持つ。
11月
無理しすぎない。調整しながら頑張る。
12月
再び自分を褒める。
July 7月
7月のオーラ
山羊座

準備期間と整理

「準備期間と整理」という茶色が出ています。あなたにとって、2017年下半期の始まりの月になる7月は重要な月になります。そんなに大げさにはやらなくてもいいので、お正月のような、1年の始まりの感覚で「今年の抱負」を書いてみてください。「今年、私は何を大切にしたいか」です。それをできればメモ帳なり、どこかに貼っておくか、見られるようにしておく。それがなぜ大事になるかというと、この7月から今年の後半戦に入っていきます。そのときに「何を大事にしていくか」という方針を決めておかないと「とりあえず目の前にあるものから懸命に頑張り続ける」という、いつもの山羊座の「とりあえず全力で歯車を回転させるモード」に入っていっちゃうのです。だから、自分のなかでいつも「このために頑張っているんだ」という目標や喜びを確認しておいてください。この7月に関しては準備が多くなります。これからやっていくこと。これから楽しんでいくことに対する準備期間。

August 8月
8月のオーラ
山羊座

楽しさとうれしさと行動と

「やってみたい」を表すオレンジ色。「あなたならできるよ」を表す茶色が出ています。この8月にいろいろな準備期間が終わって、勢いに乗っていきます。そのときにこれまで書いてきたように「自分を知るインタビュー」を続けてきた人って、「こういうこともやってみたい」という意欲が出てくるのです。これはハッキリと言います。今のあなたの価値は「今何をしているか」ではなく「今から何をしていきたいか」です。その意欲や「これができたら楽しいだろうな。私の人生に素敵な思い出が残っていくだろうな」と思うことをやっていってください。できれば「これまで通りの自分でもできそうなこと」ではなく「それをやったら、ちょっと不安だったけど“やればできるんだ”と思いっきり笑っている自分」を想像してやってみてください。きっとできるから。楽しさやうれしさはあなたを解放していってくれるから。「落ち着いたらやろう」はできれば禁句で。楽しさやうれしさを味わうために「後で」じゃなくて、必ず「8月の終わりまでにはとりあえずこれはやる。ここで楽しむ」と決めておいて。

September 9月
9月のオーラ
山羊座

バリアを外していく

「不安の取り扱い方」を表す紫色が出ています。この9月にあなたが取り組んでいることは「今までの私を壊す」という努力です。これは恐い意味ではありませんよ。あなたは、どこかクールなのです。でも内面は違います。ちゃんと戸惑い、追い詰められ、その上で「やんなきゃ!」と自分を駆り立てる。でも、周囲の人たちに対して過度に「何も心配いらない。私は大丈夫だから」と自分を表現することを抑制してしまうことがあるのです。でも、あなたは今、そういう自分を壊しているのです。「他人に心配をかけてはいけない」という態度から、ちょっとだけ違う一歩をこの時期のあなたは歩めます。「もっとこうしたい」という希望は、あなたのなかで「これくらいできなきゃ、自分は無能だ」という恐ろしい方向へ自分を追い詰める言葉に変換されてしまうときがあるのです。だから、希望を大切にすること。希望を持って、「私は楽しみたい」とお腹に抱いて、その結果なんてハッキリ言ってどうでもいいんだから。「楽しもう」「チャレンジしよう」と思って行動した自分を褒めてあげてください。それをやっていると「誰も入ることができなかった」あなたのバリアが解けていくから。

October 10月
10月のオーラ
山羊座

ひとりの時間を持つ

「ひとりの時間も大切。誰かといる時間も大切」というターコイズ色が出ています。この時期に少しだけひとりの時間も持ったほうがいいと思います。どうしてかというと、今年の山羊座って、いつの間にか「ひとりでいるよりも、誰かと一緒にいることが増えてくる」から。それがとても濃い体験なのです。ひとりの世界に閉じこもるのではなく、誰かと一緒に責任を背負っていくことであったり、青春のような目まぐるしさであったり。そういうひとつひとつの大切な体験を、どこかでひとりになって「自分のなかで大切に消化する時間」を持ってほしいのです。できれば1泊ぐらいでひとり旅をしてほしいのですが、そのような余裕を持つのは難しいかもしれないので「何もしないでただブラブラ歩く、プチ冒険」の時間を持ってみてください。山羊座はいつも「何かしなきゃ」とプレッシャーを抱えるから、この10月は意識して「何もしない自分」という時間を持ってほしいのです。

November 11月
11月のオーラ
山羊座

うれしいと感じることを頑張る

「うれしいと感じることを頑張る」というピンク色が出ています。今年の山羊座はあらゆる場面で「調整」が必要だと思ってください。その「調整」というのは「これは頑張りたい」と思うことと「う~ん、今のタイミングだと難しいなあ」と思ってしまうこと。いわゆる「全部に頑張る必要はない」と、自分でいつも確認しておいたほうがいいのです。できればインタビューを自分にして「うれしい活動」を優先にして。「うれしい」という感情が続くものっていい形で続いていくのです。たとえば「体調を整えたり、ダイエットをするためにヨガをやったほうがいいんですか?」という質問って、そこにはもう「強制」が入っています。そうではなくて「ヨガをやっているのが気持ちいい。うれしい。そうしたらいつの間にか以前よりもそれほど食べ物の量を消費することに関心がなくなってきた」というような変化のほうがいいのです。そういう「自分がうれしいと思うこと」の活動がこの時期とても強くなってきます。

December 12月
12月のオーラ
山羊座

自分を褒めてあげる

「自分を褒める」というネイビーが出ています。この12月にまず約束してほしいことがあって、それはこの1年の終わりの月に今年を振り返って、ひとつひとつうれしかったこと、苦しかったこと、頑張ったことをイメージで再現して「よく頑張ったね」と褒めてあげること。2017年の終わりが近づき、「もう何もしたくない」「来年も頑張らなきゃ」など、そういうふうには思わないでほしくて、まずきちんと振り返って、褒める。この12月に見える「大切な人や大切なもの」をよく覚えておいてください。それらはあなたが今年頑張って、頑張って、感情を伝えてきたものです。そして、この12月は最後まで気が抜けないです。自分に任されたことを最後までやりきる。でも、それはあなたひとりが背負わなければいけない責任ではなくて、みんなで一緒に背負いましょう。

しいたけからの
魔法のメッセージ

あなたの持つやさしさって、「自分のことは自分でやらなければいけない」「私の周りにいる大事な人たちに迷惑を掛けてはいけない」など、いつの間にか「自分はひとりで抱えなければいけない」と思う方向に自分を導いてしまうことがあります。山羊座ってひとりの時間も大切なのです。でも、ひとりの時間に慣れてしまうと「自分をどう伝えたらいいのかわからない」と思ってしまうことがあります。自分を伝えるのに勇気はいりません。「今日は必ず誰かと話すぞ!」という強制も必要ありません。そうじゃなくて、普段から自分を褒めてあげてください。そうしたら、「自分が知らなかったかわいい自分」を発見できます。この下半期でいっぱい「かわいい」もの、「うれしい」ことを発⾒してください。そしてあなたは⾃分が知らなった「かわいい⾃分」をたくさん発⾒してください。立派な自分を目指すことも必要です。でも、「かわいさ」という宝物を、あなた自身も、そして周りの人も一緒に、大切に育ててあげてください。あなたはかわいいんだから。

しいたけ

SHIITAKE LIVE CHATInstaライブチャットで
しいたけさんと話そう!

しいたけ占い下半期公開を記念して、占い師しいたけさんとInstagramライブでチャットできるスペシャル企画を開催!12星座別に実施するので、ぜひ参加して。詳細はこちら。

FromVOGUE