本文へジャンプ

ナビへジャンプ

水瓶座

水瓶座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。またこの季節がやってきましたね。そうです。2017年の上半期について皆さんに読んでいただける季節です。僕はこうして一年に2回「あ、そういえばもうそろそろ半期に一度の“しいたけ占い”が出る時期だ」と思っていただけることがすごく幸せなのです。みなさまにとっての2017年があたたかく、そして豊かなものになるように。今回も楽しんで読んでもらえたら幸いです。

2017年上半期、水瓶座は
「ギューッ(大切)かポイ(いらない)で」

2017年上半期の
運勢は?

受け止め、受け流す

2017年上半期のあなたのオーラは「やさしい気持ち」を表す水色が強く出ています。

オーラ
水瓶座

あなたの2017年上半期の水色というオーラには大きな意味があり、まずひとつが「受け止め、受け流す」というメッセージ。もうひとつは「出会うべきモノや人がいる場所へ導かれる」というもの。このふたつのキーワードを基に、あなたの2017年の上半期を一緒に見ていきましょう。

まずはじめに

私は年に2回、このVOGUE GIRLで上半期と下半期の占いをやらせてもらっているのですが、あらためてその時にただ「こういうことが起きますよ」という紹介だけにはとどまらないつもりなのです。なんでこんな前説を水瓶座の人だけに入れたかというと、今回の上半期占いで、「あなたの持っている性質」について強く触れていきます。それは決してあなたを批判したりせず、「深いところから変化が始まる」という意味でそうする必要が出てきていたからなのです。

人間って、いろいろな「面」や「性質」を持っています。それがなんでしょうかね、ある時間、ある年によって「強調されて出やすくなる」というような独特のリズムがあるのです。例えば、よく周りの人から「やさしい」と評価される人がいたとします。でも、その「やさしさ」に対してすごくスポットライトが当たって、すごく良い形で評価されるのは、時期によってその強弱があるのです。

2017年上半期にあなたが体験すること。「あなたがこれまでの人生のなかで築き上げてきた自分自身のすべて」が出てきます。

徹底的に人に貢献しようとするあなた

あなたという人を見ていった時に、まずほかの人にはない大きな特徴として「徹底的に人に貢献する」という価値観があります。これはですね、あなたにとっては「普通」だけれど、ほかの人にとってはすごいことなのです。少しこういう話に付き合ってもらいたいのですが、多くの人の行動基準のひとつに「自分が得するかどうか」というものがあるのですね。ある食事会なり飲み会なりの幹事を引き受けたら、通常「えー、忙しいのにやだなー。あ、でも前から行ってみたかったお店があったんだ。あそこの予約が取れたらラッキー」というような「自分の得がある方向」に話を持っていくような、通常「ちょっとした下心」ってみんなちょっと持っているのです。人の相談に乗る時も、自分が好意を抱く人から何か相談されたら「ラッキー」って少し思ってしまうのが人間です。

でも、あなたという人はそういう「自分が得をする」という考え方が極端に苦手か、そもそも思いつかないのです。だから、あなたは自分で気づかないうちに「すべてに対して全力を尽くす」というような姿勢を持つことがあります。先ほどのたとえ話に関連すると、あなたは自分が特に興味や好意を抱かない相手から相談を受けたとしても、「それは自分が引き受けたことだから」と考えてベストを尽くします。あなたにとって「肩の力を抜きなよ」「いつも頑張りすぎだよ」という友人・知人からの指摘って、総量としてものすごいことになっていると思いますが、何回言われたとしても「肩の力を抜くか。言われるほど頑張っていないんだけどな」って不思議に思ってしまうことのほうが多いのです。

あなたが抱える隠された理想のひとつとして「人に貢献しまくって倒れる」というようなところがあるのです。だって、あなたの目標のひとつに「人間を超える」ということがあるから。だから「誰かのお世話をしてきちんとお礼や対価をいただく」という、当たり前の出来事に対して「恥じらい」を持ってしまうことがある。そんな独特の価値観を隠し持っているのです。

こういう「人に貢献しまくって倒れる」という性質で、あなたに少し似ているものを持っているのが蠍座の人たちです。でも、この蠍座の人たちって限界がくると「壊れる」のです。壊れて人に毒を吐いたり、人に喧嘩を売ったり、自分で酔いつぶれて自分の活動を停止させたりするようなお茶目な部分があるのですが、あなたの場合は「壊れながらも活動をやめない」という驚異の粘りがあるのです。むしろ「壊れてからが勝負だ」と思っているようなところもあります。それはですね、もちろん悪いことではないのです。

それを踏まえたうえで、ちょっとここであなたが2017年にちゃんと幸せになっていくための魔法を授けたいのですが、鏡に向かって自分自身に「ありがとう」と声をかけてみてください。家に帰ってきた時などでもいいです。あなたが「幸せ」を受け取るということよりも「やるだけやって倒れる」という独特の美意識のほうが強い場合、面と向かって「ありがとう」と言われることに恥じらいを覚えるはずです。まず「ありがとう」を受け取ることに慣れる。それがあなたにとって魔法になるのです。

自分を大事にするためのテクニック

「自分が倒れるぐらいまでの、人に対する徹底的な貢献」。それがあなたの隠された性質として強くあるものなのです。しつこいようだけれど、あなたは何かをするにしても、人のためにやってあげるにせよ、「とりあえず自分が犠牲になればいいや」というかなりすごい考えが最初にさらりと出てきてしまうのです。それはですね、みんなにとっては「最後」に考える最終手段なのです。

あなたは2017年上半期に「受け止め、受け流す」ということを強化していきます。

これもちょっと具体的なテクニックになるのですが、空き時間にぜひやってみてほしいことがあります。

あなたが他人に会って、そして何かを言ってもらったり、何かをしてもらったり、もしくは何か嫌なことをされたりします。その場面が終わってひとりになった時に、自分のなかの「幼児」に尋ねるような感じで「今の〇〇さんのあの言葉ってどうだった? 好きだった? 気持ち良かった? 嫌だった?」って聞いてみてほしいのです。そして「好き」と「気持ち良かった」という感覚を覚えたら「じゃあ大事にしようね。ギューッ」って自分の両腕を抱きしめてあげるようなことをやってください。「この感触は大事で気持ちいいから、私は未来に持っていく」というようなイメージです。そこまで考えずとも「ギューッ」って大事にするだけでもいいです。

逆に「嫌だった」と感じたことに関しては、自分のなかの「幼児」に向かって「じゃあそれはポイしちゃいましょうね」と言ってその場で捨ててください。「忘れちゃいましょうね。嫌ね、あの人は」と言ってあげてください。

なぜこんなことをやるか。それはあなたにとって大事なことは「気持ち良いこと」と「気持ち悪い、不快なこと」に分けて、とりあえず起きた出来事を受け止めて、そしてそのまま「愛のあるもの」は受け入れ続け、「愛のないもの」に関しては「ポイする」必要があるからです。

あなたには「とにかくどうあったとしても私が関係を結んだ人や組織に尽くさなければいけない」という「倒れるまでやりますよモード」のスイッチがあります。そのスイッチをこの2017年は休ませることができます。そのスイッチが入らないことによって、あなたは「幸せ」というものを獲得していくのです。大丈夫。できるから。だから、「ギューッ」か「ポイ」かと、よく覚えておいてくださいね。そこに「大人の事情」を持ち出さなくていいです。「本当はあの人のこの言葉に関してはポイしたいんだけど、これまでお世話になってきたからなかなかポイする決断が湧かない」など。その場その場でいいのです。好きな人のなかにも「嫌い」と思える部分があってもいいわけだから。その場その場の判断ですよ。

出会うべきモノや
人がいる場所へ導かれる

あなたが2017年上半期に「大好き! ギューッ!」と「嫌だ! ポイ!」をやり続けることによって、あなたは自分が出会うべきモノや人に引き合わされます。これはよくよく考えてみたら至極普通の話で、あなたは自分が思っている以上に「すべて」を引き受けようとしてきたところがあります。

だからね、あなたっていろいろな知り合いがいると思うし、お友達ももちろん人によって多くいたり、少数だったりするけれど、「知人」「友人」「家族」、そして「恋人」という人の前で「この人たちの役に立たなければいけない」というプレッシャーを常にどこかで感じてしまうことがあると思うのです。

あなたに伝えたいのが、「どんなに大事な人でも、ひとつやふたつ嫌いなところや『嫌だ!』と思ってしまうところがあってもいい」ということ。「自分にとって大事な人だから」ということで、あなたが相手に対して「苦手」とか「嫌」と感じるところをあなたが克服していく必要はないです。だから「嫌だね、あれ。よし、ポイしよう」と自分に言ってあげてください。

そうすると何が起こるか。あなたが流れ出します。「すべて」に対応することをやめたあなたは、あなたの持つ愛の力を必要とし、あなたもそれやその人を必要とするというものへと引き合い始めます。

幸せになるってまず何から始めるかというと、それは自分にとって「嫌い」と思うことや「苦手」と思うことを体感的にハッキリさせることだと思います。「うっ。これだけは努力しても無理なんだよね」と感じる不快感は努力によって克服しようとしないこと。

ほら、どの人にも「一緒にいて楽な人」と「一緒にいるとそれが何分かだけでもすごく疲れてしまう」という人っています。「一緒にいて楽な人」って例えばそれが仕事関係の人であっても「あの人に会いたいなあ。すごく癒されるんだよな」と感じる人。そういう人と会っていると疲れない。あなたが好きで選ぶ人ってそういう「疲れない人」であっていいのです。あなたは一度契約を結んだ人を、それこそ先ほどからお伝えしているように「倒れるまで奉仕し続ける」というスイッチもある人だから、「ポイ」を増やしてみてください。「ポイ」という感覚を一回一回やることによって、あなたは違う形で人を信じられます。そして、人と深い関係を築いていけます。「深い関係」というのは「それは大好き! うっ、それは苦手。無理」と言い合える関係なのです。

やさしい気持ち

あなたが今よりももっと幸せになっていくためには「一方的に愛を受け取るなんて悪い。いいです。自分のことは自分でやりますから。それよりも私があなたのお役に立てることはありませんか?」というようなプロのサービス精神をいつも発揮するよりも、シンプルに「ありがとう」と言えることなのかもしれません。

「大好き! ギューッ!」と「嫌だ! ポイ!」とやってきたあなたは、自分が愛せるものを見た時にやさしい雰囲気を出します。そしてその「愛」を歓迎する雰囲気を出します。逆に、嫌なものを見た時には「嫌だなー」という空気をちゃんと出せます。それが大事なのです。

あなたは自分にやさしい気持ちになれます。ミスや失敗をしない自分ではなくて、ミスや失敗をしてもその自分を誇れるあなたへ。そして自分と他人にやさしいあなたへ。2017年は愛のために挑戦していくことがたくさんありますよ。

恋愛運はどうなる?

気持ちいいか、
気持ち良くないか

2017年上半期のあなたの恋愛面は「気持ちいいか、気持ち良くないか」ということがキーワードです。

恋愛面においても、あなたの「人に尽くしまくって倒れる」「壊れてからが勝負だ」というような驚異の忍耐力なり耐久力を違う力に流していくことが必要になります。その時にはやはり、これまで説明してきたような「相手の反応や言葉、態度は気持ち良かったか、それとも気持ち良くなかったか」をもう一度あなたがひとつひとつの場面で体感する必要があります。

2017年に、あなたはある程度「結果」を手に入れます。その「結果」はあなたが持っている「精神的な幸福度」とかなり深い関係があるのです。例えば、世の中にはたまに「波乱万丈続き」の人もいます。もちろん、本人が望まないのに「なぜか波乱万丈な展開に巻き込まれることが多い」という傾向性が強い人もいます。でも、そうした「波乱万丈」って気をつけないと慣れちゃう時があるのです。むしろそういう波乱万丈じゃなければ落ち着かなくなってしまうということになる人もいます。

そういう「できれば苦労をしないコース」にあなたが行くためには、すごく地道にだけれど「これは気持ちいい。これは気持ち悪い」ということを自分自身に教え込む感じで確認していってほしいのです。

2017年上半期のあなたの恋愛面や「合いそうな人」のキーワードは、

  • ・胸が「ザワザワする(この人の面倒を見なきゃ。この人は私がいなきゃダメになっちゃう)」という人ではなく、胸が穏やかな気持ちになるような人
  • ・水瓶座は2017年が「いろいろな感じ方が過去のものになって、新しく価値観や幸せを作り直す」という年になるので、ひとつひとつ「気持ちいい、気持ち悪い」を確認していくこと
  • ・「え、これくらいで喜んでもらえるの?」ということが相手に対してできること。そして、どんなに小さいことでも喜んでもらえたことはあなたの魅力なのだから自信を感じること
  • ・自分の「全開」や「100%」じゃなくても一緒にいられる人。かといって「もう何もできない……」という「0%」で会う感じでもない人。「気を遣わないから好き。あの人と会えるのはうれしいな」と感じられる人
  • ・色でいうとベージュや薄いグレー、自然なオーガニックコットンなどが似合いそうな人

になります。

「自分にとって気持ちいいと感じる人」

シンプルだけど、あなたがこの2017年の上半期で目指す恋愛はそういう恋愛です。

月ごとのアドバイス

January 1月
1月のオーラ
水瓶座

「自分にやさしく」

「頑張る系の目標はそれほど立てないでいい」という森の色が出ています。一年の始まりの月は、その人がやはり一年間かけて取り組んでいく重要なテーマを表す色が出るのですが、そこに「それほど頑張らなくてもいい」というメッセージがあったのです。

どういうことかを説明する前に、水瓶座の人のなかにはこの一年の始まりの時期に「周りの人のテンションが高くなってはしゃぎ出す」ということがちょっと苦手と感じる人もいます(もちろんそういう人だけではありません)。どうしてかというと、失礼なことを言います。みんなってはしゃいで「今年も頑張るぜー」と言って3日で忘れられるからです。でも、あなたってけっこう忘れられない人。だから「あー、そっか。また頑張るという目標を立てなきゃいけない時期なんだな」と感じてしまうこともあります。

今年は「自分にやさしく」でいいです。頑張る方向での目標はほどほどに。「自分にやさしく」と決めるだけでいろいろと良いことが起きるから。

February 2月
2月のオーラ
水瓶座

サバイバル

「タフな状況」を表す青。そして「知恵」を表す黄色が出ています。これはちょっと2016年からの流れですが、あなたにとって「どうしていこうか」と思う問題に対してずっと取り組んでいるのです。

  • ・向き合うことがハードな問題に対して、このままの形で取り組むべきなのか
  • ・それともすっぱり違うものを選んでいったほうがいいのか
  • ・自己犠牲が大きすぎているものなど

そういう問題点に対してあなたが2017年に出す答えは「楽しよう」が正解です。「全部を出しきって、自分が関わる人(たち)を救う」ではなくて、「みんな結構自由にやっている」と思って、少しずつ楽になっていく道を。その時に大事になる実践が「大好き! ギューッ!」と「嫌だ! ポイ!」です。

March 3月
3月のオーラ
水瓶座

自分にやさしくするをさらに実践

「あ、そうだ。私は自分にやさしくしていいんだ」ということに気づく黄色が出ています。この時に対人関係や人間関係、そして「私は本当に必要とされているのかな。喜ばれているのかな」ということで少し感傷的になったりすることもあります。一方で「やっぱり私ってすごいな」と思うことがあったり、そういうバランスが少し不安定。

これもお伝えしておきたいのですが、あなたが「みんなの役に立っていて」、「みんなに喜ばれて」、そして頑張っている時には、なぜか急に不安になる時があります。

あなたは80点で頑張っている基準を「もう少し頑張れたら限界を超えられたな」と感じることがあるからなのです。「100点をとらない」ということを「自分に対するやさしさ」だと思ってください。できれば意識して「人が満足する100%は提供せず、80%ぐらいの物足りなさを自分に感じることが自分にやさしくっていうことなんだな」と感じていてください。

April 4月
4月のオーラ
水瓶座

楽しければOK!

「いい距離感」を表す緑色が出ています。自分に対しても、人に対しても「心許せる」という時間を過ごしていきます。この時期はせっかくだから「良いこと」も「悪いこと」も、会う人に対して伝えていきましょう。なんというか、それは他人の悪口などそういうことではなく、今の自分が不安に思っていることも、「こういうことをやっていきたいんだよね」ということも、両方言い合う感じです。

この時期はできれば16歳ぐらいの人がやるようなことをしてください。だから、ちょっと無茶もいいです。「楽しければOK!」ということをひとつのキーワードにしてほしいし、できれば「みんなでどこかに旅行に行く」など、そういう計画も立ててみてください。

旅行が難しい場合は「みんなで集まる会」でもいいです。「みんなで海を見にいく会」など。同じ景色を一緒に見るって、すごく共有感があります。

そういう「みんなで集まる」ということが難しい人も「楽しければOK!」という言葉によって自分がやってみたくなることをやってみて。

May 5月
5月のオーラ
水瓶座

楽しみたい

「自分にできること」を表す水色。そして「チャレンジ」を表すオレンジ色が出ています。ここに来るまで月並みな言い方ですが「うまくいったこと」も「失敗したこと」もあると思います。あなたは「失敗しないやり方」を見つけようとして逆に「行動することに臆病」になってしまうのではなく、失敗しても「受け流す」というほうを選ぼうとしています。そこには何かをしようとした意思があったのだからというところで自分を受け止めようとしています。

「うまくいったこと」も「失敗してしまった」ことも含めて、落ち着いた気持ちで「やりたいことをやっていけばいいんだ」という気持ちになっています。この時期はとてもいい時期です。「無難」に終わらせようとはせず「冒険」や「挑戦」を楽しみましょう!

June 6月
6月のオーラ
水瓶座

私は私で

「私を愛する」というエメラルドグリーンが出ています。この時期にあなたが「自分を愛する」ということができているかどうかの基準として「知ったこっちゃない」というセリフが出てきているかどうかで判断することができます。言葉にすると少しひどく感じられるかもしれませんが、「他人事」という言葉があるように、あなたは自分が守れる範囲で人を守れればいいのだし、相手から100を求められていても(もしくはそれだけ求められているような気がしても)、70しかやってあげられない時があってもいいのです。

「ここまでしかやってあげられなかった」

ということをどうか背負わないで。あなたが強くなって、自分にやさしくなって、自分を愛している時の基準。「知ったこっちゃない」と笑いながら言ってスルーしてください。人と愛し合うのは「相手を背負うこと」ではないことを再び学んでいます。

しいたけからの
魔法のメッセージ

あなたは自分のこと以上に他人のことを考え、「どうしたらもっと多くの人が喜んでくれるか」など、今までそういうことにすごく奉仕をしてきました。でも、2017年には強く自分自身を取り戻します。自分自身への愛です。だから「ギューッ」か「ポイ」で。その感覚があなたを必ず助けてくれるから。「ポイすべきなんだろうけれど、私も悪かったかもしれないし」ではなく、その時「ポイ」と感じたら一個一個捨てちゃっていって。

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。
FASHION

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。

おめかしをするときのハッピーな気持ちを詰め込んだストーリーに、女優・高畑充希が初登場。相棒の“ブル”といっしょに訪れたレトロなビューティパーラーを舞台に、プレイフルで小粋なグッドガールスタイルを披露。

読むと元気に!心のビタミン!2017年上半期しいたけ占い
HOROSCOPE

読むと元気に!心のビタミン!2017年上半期しいたけ占い

読めば納得、腑に落ちて、みるみる元気が湧いてくる。心に響くと話題のしいたけ先生が占う、2017年上半期のあなたの運勢は?

FromVOGUE