本文へジャンプ

ナビへジャンプ

獅子座

獅子座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。またこの季節がやってきましたね。そうです。2017年の上半期について皆さんに読んでいただける季節です。僕はこうして一年に2回「あ、そういえばもうそろそろ半期に一度の“しいたけ占い”が出る時期だ」と思っていただけることがすごく幸せなのです。みなさまにとっての2017年があたたかく、そして豊かなものになるように。今回も楽しんで読んでもらえたら幸いです。

2017年上半期、獅子座は
「ただ笑い合う」

2017年上半期の
運勢は?

「強くなる」というだけではなく
「弱い自分」に光が当たり出す

2017年上半期のあなたのオーラは「頑張るところを決めて結果を出す」というネイビー。そして「自分の子ども心を取り戻す」という黄色が出ています。この2017年ってはじめに予言をしちゃいますけど、いつもの年以上にあなたは笑顔が多くなります。

オーラ
獅子座

まず注目したかったのが、あなたから出ていたネイビーという色は「線引き」を表していたのですね。何に対して線引きをするかというと、それは「頑張るところ」と「頑張らなくてもいいと決めたこと」になります。つまり、すべてに対して頑張って乗り越えていくという、一種の超人的なやり方ではなく、「激しさ」や「強さ」ではなく「私が楽しむという時間も大切」という穏やかな姿勢になっていくからなのです。

あなたには過去数年、そして2016年もそうだったのですが、「必死」という空気が残っていました。もちろん、その「必死さ」ってすごく尊いものだったし、2016年まで自分自身に対して「余裕」を感じられることは少なかったと思います。「毎日自分の限界を超えなければいけない」ということがありすぎて、もう逆に限界じゃないという時を思い出すほうが難しかったというような感覚を覚える人もいると思います。「このままじゃダメだ!」と自分に危機感を覚えてじっとしていられない、なにか修行しなきゃ!という気持ちすら起きていた人も多いと思うのです。

2016年まで、あなたは「強く」なければいけなかった。強い自分でいて、いろいろなことにチャレンジし、対応してこなければならなかったこともありました。

でも、2017年の上半期には「弱い自分」と「子ども心」に光が当たり始めます。それではあなたにとっての2017年がどういう形になっていくのかを詳しく見ていきましょう。

落ち着く

2017年の上半期、あなたから「落ち着きたい」という気持ちが強く出てきます。まず、この「落ち着きたい」という気持ちって文字にすると全然普通じゃないですか。「いや、常に落ち着きたいと思って頑張っていますよ」と反応された方もいらっしゃると思います。

でもちょっとここで2016年までのことをあらためて振り返ってみてほしいのです。その時までのあなたの心中って、「前を向く」という気持ちが強かったと思います。

「前に向かって切り拓いていかなければ自分の居場所はない」

というところまで気負っていた方もいたと思います。でも、2017年ではその「切り拓く」という力の使い方をそこまでしなくなります。これは極端に「何に対しても頑張らなくなる」という話ではもちろんなく、範囲を定めていきます。範囲を定めて「この部分については頑張るけど、この部分に関しては乗り越えなくてもいいや」という気持ちが出てくるのです。この「乗り越えなくてもいいや」という気持ちって、2017年のあなたから出てくる革命的ともいっていいぐらいに大きな変化をもたらします。

「乗り越えなくてもいい」ということ

もう少し「乗り越えなくてもいい」という気持ちについて説明していきます。

こういう話を聞いてもらいたいのですが、たとえば17歳ぐらいのときって、いきなりひどいたとえ話で申し訳ないのですけれど、どの人にも「生理的に大嫌いな人」っているはずなんです。「だらしない人はとにかく問答無用で許せない」など。ほら、その年代の頃ってまだ世の中について何にも知らない時でもあるから、大人になってくると「まあ、みんないろいろあるからしょうがないよね」と寛容になる部分も出てくるけれど、10代の思春期まっただなかの頃って「だらしない人はとにかく許せない」など、そういう「大嫌いな人や性格」がもしかしたらいちばん多くある年代だと思うのです。

あなたが大人になってからも「大嫌いなもの」として過激に反応するものって

  • ・だらしなさ
  • ・不誠実
  • ・責任を取らないこと
  • ・人として美しくないこと

というようなものになります。もしかしたらここに「弱音を吐くこと」が含まれる人もいるかもしれません。そして、これらの言葉って「人が持つ弱さ」という部分で共通しませんか?

感覚的な話をしたいのですが、「強さ」ってピーンと張って、緊張感を保っているイメージがあるのに対して、「弱さ」って何かそのピーンと張った糸みたいなものが「だらーん」と張らなくなってしまったようなイメージ。

あなたって、なんと言うかそういう「17歳性」みたいなものが大人になってからも強く残る人なのです。「モノを知らなくてけっこう。でも私は私の流儀でいく!」「ほかの人が弱いのは認める。でも私は自分に弱さは認めない。だってそれは美しくないから。必ず乗り越えます」というピーンと張り詰めた姿勢を常に持っているあなたは多くの人たちから信用されるし、必要とされます。

だからあなたは、どんなことがあっても最終的には「気合いで乗り越えていく」という姿勢と共にこれまでも生きてきたところがあります。

それがですね、この2017年は「そこまであなたが強さを必要としなくなる」と言ったらどう思いますか? それを想像できますかね。でも、あなたは「強さ以外の自分」を持とうとしていっているのです。だから、話を進める前にこれだけは確認しておいてください。

今のあなたが自分自身についてどう思おうとも、今のあなたは「いろいろなことを必死で乗り越えてきて、ひとりの力の弱い人が強い人間へと変わっていった」という姿であることはちゃんと確認しておいてください。「乗り越えてきた結果」としての今のあなたがいるわけだから、それはちゃんと自覚をして、「よく頑張ってきたね」と抱きしめてあげてください。自分の腕や肩、胸のあたりをポンポン叩いて「はい、よく頑張ってきたね」と自分に対して言ってあげてください。

その上でここまでの結論を言うと、2016年までのあなたは「前に向かってとにかく必死に居場所を切り拓こう」としてきました。しかし2017年に入るとあなたは「帰る場所を持つ」という動きが加速します。戦うところは戦うけど、自分の素が出せる場所も持ち、そこに帰って落ち着くというあなたも出てくるのです。

帰る場所を持つ

2017年上半期は「強さ」や「すべて乗り越える」という姿勢ではなく「弱さ」や「乗り越えなくてもいい」という姿勢を持つという話をここまでしてきました。ではあなたにとって「落ち着く」「帰る場所を持つ」とはどういうことなのでしょうか。それを説明していきたいと思います。そして、この話をする時にはどうしてもあなたという人間をもう少し深く分析していかなければいけないのです。わずらわしく感じたらごめんなさい。

これも感覚的な話になってしまうのですが、周りの人間から見た時に、獅子座の人ってどこかいつも「決まっている」のです。「隙のなさ」というイメージなんですね。着ている服もなんとなく「あなたらしい」というイメージに沿ったものだし、あなた本人は全然意識していないとしても、例えば「仕事がOFFの休日、幼なじみの友達とカフェに行く服装」というイメージを、あなたはつかむのがうまいのです。なんと言うか、そういうOFFの時に外にちょっとお茶をしにいく時でも「そのへんにあるものをテキトーに着てきました」という印象を外の人に対して持たせないのです。

なんでしょう、あなたっていつもピーンと張っている人だから日常生活の中でも「コンセプト」のようなものをつかむのが非常に得意なのです。例えばあなたが仲良くなりかけた人たちとのご飯会の幹事を任された時って「大体みんな普段はこういうところでご飯を食べていそうで、こういう性格の人たちが集まるから、あそこのお店だと気兼ねなく仲良くなれるかもしれない」という、その時に感じたコンセプトに沿ってお店を予約したりできる人なのです。

それはまるでプロのカメラマンと趣味でカメラをやっている人の違いみたいなもので、プロのカメラマンって自分が撮る写真が「どういう目的で、どういうシーンで、クライアントがどういうものを欲しがるか」というのを計算して撮るのが仕事です。それとは違って、趣味でカメラをやる場合においては「撮りたいものを撮る」で正解のはずです。

あなたが2017年にやろうとしていることは「いつもプロとしてコンセプトを考える」ということももちろんやるのですが、それだけではなく「撮りたいものを撮る」という趣味としての写真というものも大事にするようなイメージなのです。

でも実際、たとえばプロとして「みんなから必要とされる写真」を撮ってきたようなあなたが、仕事モード以外の「自己満足」で好きなものを撮るというのはちゃんとした手立てが必要になります。そのやり方は後に書いていく2017年1月の時期運の「あの頃に戻ったら」というところに詳しく書いたので読んでみてください。

ともかく、「自他ともに認めるような完璧な行動や結果ではなく、自己満足を許す」というのがあなたにとって2017年上半期の最大のテーマになります。人から「なんであなたそれやっているの?」と言われて完璧な答えで返すのではなく「好きだからやっているの」と笑顔で答えられるようになるのが目標なのです。

2017年上半期は、どうか「好きだから」という言葉を意識して多く使ってほしいのです。それは友達同士の日常会話のなかでも「今週はどう? 忙しい?」と聞かれても「まあまあかな。でも、好きだからやっている」「好きなんだよね」というセリフはぜひとも日常用語として使っていってほしいのです。

先ほど挙げた、あなたは「プロとしての目線」、つまり「どう求められる私であるべきなのか」という、まるでいつも就職の面接を受けるかのような緊迫感で毎日を過ごさなくていいのです。ちゃんと答えられなくていいし、いつもきちんと自分の考えをまとめておく必要もないのです。

ただ「好きだから」というセリフだけ言えたら。

あなたはそのシンプルさを2017年の上半期に取り戻していきます。そして、ただあなたは笑います。うれしいから、楽しいから、そして好きだから。

「好きと感じているから笑う」

究極にシンプルですが、これをあなたは追求していってほしいのです。

恋愛運はどうなる?

ただ自然に笑える人

2017年上半期のあなたの恋愛面は「笑顔に戻る」ということがキーワードになります。ここまでもお伝えしてきたように、あなたにとっては「自己満足」という感覚がとても大切になるのです。「自己満足って何?」と言うと、それはですね、「『好きだから』という以外に、理由が説明できないもの」なんです。

それって恋愛でもそうなのです。恋愛や人を好きになることって「好きになったから」という理由以外では説明できないのです。ある人のことがどうしてもなぜか気になって、気がついたら「好きになっていた」というのが好きになるということだから。

だから、「なかなか人を好きになれない人」のなかでは何が起きているかというと、それは自分がやることすべてに対して「成果」を出さなければいけないと思っているのです。

だからここでも後で書く(※ 2017年1月の箇所)「あの頃に戻って」ということが関係してきます。まだ自分が何者なのかも知れなかった時。世の中のことや、「生きていく」ということがどういうことなのかをまだ全然知らなかった時のほうが、「自然と惹かれていく」「自分の大切な自己満足の世界」があるから。

あなたはもう少しだけ立派でなくてもいいのです。もう少しだけ完璧を目指さなくてもいいと思います。人が人を好きになること。そしてお互いがお互いに対して自然に惹かれていくことって、何も「完璧なシチュエーション」が用意されていなければ発生しないことではないのだから。

あなたに伝えたいです。自分も、他人からも「さすが〇〇さんだ」と言われるだけの結果を残すのがあなたでなくてもいいんです。それをやり続けるといずれ辛くなってきてしまうこともあります。「頑張って結果を出す」ってどんどんハードルが上がっていってしまうこともあるから。

あなたはね、2017年上半期の恋愛で「ただ笑える人」を目指せばいいです。「笑える」って本当にいろいろな種類があるから。「ただ自然に笑える人」があなたと縁がある人です。

2017年上半期のあなたの恋愛面や「合いそうな人」のキーワードは、

  • ・その人のそばにいるだけで自然に「ただ笑う」ということができる人(リラックスできる人)
  • ・「この人って自分がやりたいことができている人だなあ」とあなたが感じる人
  • ・まだ17歳の成分を強く残している人。詰めの甘さなども見えてしまうけど、それが可愛いと思える人
  • ・その人の笑顔があなたにとって光って見えたと感じられる人
  • ・イメージカラーではないけど、その人にちょっと「少年っぽさ」や「少女っぽさ」を感じられる人

になります。「その人の笑顔があなたにとって光って見えた」「少年や少女のように感じられた」というのはあくまであなたの主観で大丈夫です。

「ただ笑い合える人同士でいたい」

シンプルだけど、あなたがこの2017年の上半期で目指す恋愛はそういう恋愛です。

月ごとのアドバイス

January 1月
1月のオーラ
獅子座

あの頃に戻ったら

「強い希望」を表す赤が出ています。この赤はあなたにとても強い力をもたらします。少し変なアドバイスになってしまうのですが、2017年1月、できればお正月の時期に「17歳に戻ったとしたら何をしたいか」というリストを作ってほしいのです。もし今これを読んでくれているあなたが17歳以下の人だったら「これからやりたいこと」で大丈夫。

例えばそのリストは「東京に行ったら東京タワーを見る!」、「将来は素敵な人、うーん、そうだな。芸能人で言うと〇〇さんみたいな外見の人と仲良くなる」など、そういうことでいいのです。それを再び書いてみてほしいのです。

なぜそんなことをするかというと、その願望って現実のものとして今年返ってきます。だからこそ、あなたの多少ツンデレの部分(興味があるものに対しても「別に興味ない」と言ってフタをしてしまうこと)を、書くことによって、脇にどけてもらう目的があります。

あなたが目指してきた「立派な大人像」の脇にどけてあった「幼き夢」にこの時期にもう一度光を当ててあげてください。叶った夢があったら、自分を褒めてあげてね。

February 2月
2月のオーラ
獅子座

やりたかったことを取り戻そうとする

「封印していた希望」を表す黄色があります。この黄色のフタが開いて、再び力の一部になろうとしています。この時期は「まだ何もわからなかった頃の自分」と「今の自分」が入れ替わったり、入り交じったりするような感じになります。そういう時にどういうことになるかというと多少「ぼーっ」とするのです。

こういう時って「今まで私にとって絶対にこれが大事」と思っていた価値観がちょっと揺らぐのです。そして、揺らいだことによって「あれ、もしかしたらこっちのほうが大事かも」「こっちのほうが楽しいじゃん」という転換が起こるから。

特に、1月のところでも書いた、まだ自分が何も世の中や生きていくということに関して知らなかった頃の「幼き夢」を、あなたは後回しにしないで自分の日常生活のなかに取り戻そうとします。あの頃、「字がきれいな大人になりたい」と思った人はその夢を後回しにせず、習字道具を買って自己流に練習し始めたり、書道を習い始めたりする感じです。

March 3月
3月のオーラ
獅子座

フットワークを軽く!

「フットワークの軽さ」を表す水色が出ています。あなたは2017年に入り「とりあえずやってみる」というような軽い動機と軽い行動を自分に許してきています。その結果どういう形になっていくかというと、「思いつきが普段よりも当たり出す」ということが起きてきます。

「普段入ったことはないけどこのお店はおいしそう」とか、あるお店に知り合いを誘おうとしたら「ちょうどそこへ行きたいと思っていた」と言われるような感じになります。

この時期も、フットワークは軽くあってください。そして、意識してもらいたいのが「なるべく疲れを残さない」ということ。疲れってもちろんすごくハードな肉体的な疲れもありますが、精神的な疲れが与える影響も多いのです。どうやったら疲れを残さないかというと「絶対に勝たなければいけないということはない」ということになるかもしれません。

あなたは「自分も、他人も“ある結果によって”納得させなければいけない」というプレッシャーを常に抱え続けている人です。だから時に「結果」をあまり重視しないことも大切になりますよ。

April 4月
4月のオーラ
獅子座

状況が動く

「状況が動く」という水色。そして「やりたかったこと」を表す赤が出ています。今年はじめてやり始めたことに対して手応えが出てくるし、言葉で表すとこの時期のあなたには「呼応」という現象が強く出てきます。

つまり、「あなたがやろうとしたこと」と周りからの「あなたにやってもらいたかったこと」に強いマッチングが起きてくるのです。

それでね、これは覚えておいてほしいのですが、この2017年中、あなたは急に自信をなくしたりもします。つまり、あなたが抱えるのは「幼き夢」なのです。だから、その夢がうまくいき始めると大人としていろいろ知っている自分がダメ出しをし始めたりすることもあります。「そんなしっかりとしていない考え方と取り組み方ではうまくいくはずがないよ」と。そういう自分が訪れてきたら「ご忠告ありがとう。お役目ごくろうさま」とあいさつをして、そしてあまり気に留めないようにしましょう。

May 5月
5月のオーラ
獅子座

回答が出る

「自分が良いと思うことをやってきた」というネイビー。そして「自分でも思ってもみなかった良いものが生まれてくる」という薄い黄色も出ています。この時期はすごく不思議なのですが、多分タロットカードで言うところの「ジャッジメント」というような現象が起きてきます。

これは「自分がやってきたことに対して、大きな世界からの回答がくる」という感じ。ちょっと言い方が怪しいですね(笑)。でも、ちょっとそうなると思います。

怖い話ではまったくないので、この時期に自分に起こる出来事に注意してみてください。それを自分で採点してみてほしいのです。「あ、まだ反応が弱いっていうことは、もっと違うやり方でやっみましょうかね」「思った以上に自分がやりたかったことへの反応があってうれしい! よし、もっともっとやっていくぞ!」という感じで。

キーワードは「もっともっと自分が喜ぶことをやる」です。

June 6月
6月のオーラ
獅子座

もう一度子どもの頃の気持ちで

「今の私でいいんだ」というターコイズ色が出ていました。この時期にもひとつの大きな変化が訪れます。その変化について説明する前に、あなたがここ最近ずっと取り組んできた努力について「お疲れ様でした。よく頑張ってきました」と伝えさせてください。

あなたはずっと自分を変えようとしてきました。なぜか? それは愛を受け取るためです。もちろんこれからもその努力は続くと思いますし、これで終わりではありません。

あなたが愛を受け取るためにやってきた努力は「こういうことをやってきました」という、自分や他人を納得させる答えに頼らないで、「なにも持っていない私ってけっこう楽しい」という自分にシフトさせていく努力だったのです。

「楽しいことはただ笑顔で楽しむ」

シンプルに。力強く。あなたはその「ただ楽しむということも大切」という最大の子ども心を取り戻していきます。

しいたけからの
魔法のメッセージ

「もっと楽になりなよ」。このようなセリフってあなたが何回も人から言われてきたセリフだと思うし、あなただって「楽になりたい」ってずっと思ってきたはずです。でも、それ以上にあなたは他人からの期待を背負ったし、他人のことも背負ったし、「自分がどこまでいけるか全部を賭けて試してみたい」と思って駆けてきた人です。2017年、あなたは帰る場所を持ちます。そこには何も持ち込む必要はありません。ただあなたが笑えればいいのです。「ただ笑い合える」にあなたは帰ります。おかえりなさい。

VOL3:「TRUE COLORS」LALAと見つけた、タイムレスに輝くマチュアなツヤ色。
BEAUTY

VOL3:「TRUE COLORS」LALAと見つけた、タイムレスに輝くマチュアなツヤ色。

RMKの連載企画。3月はRMKのベースメイクとの相性を考えた究極のアイシャドウと、血色感&骨格を美しく引き出してくれるチークによる限定コレクションをご紹介。出演するのはテラスハウスで一躍注目を浴びたモデルのLALA。

VOGUE GIRL PROMOTION

お部屋とモードに大変身。 玉城ティナが魅せる、最旬インテリア&ワードローブプラン。
FASHION

お部屋とモードに大変身。 玉城ティナが魅せる、最旬インテリア&ワードローブプラン。

玉城ティナが、モードなパジャマルックや家具のように目を引く華やかなテキスタイルに身を包み、ファッションとインテリアの素敵な関係を披露する。

FromVOGUE