本文へジャンプ

ナビへジャンプ

牡牛座

牡牛座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。またこの季節がやってきましたね。そうです。2017年の上半期について皆さんに読んでいただける季節です。僕はこうして一年に2回「あ、そういえばもうそろそろ半期に一度の“しいたけ占い”が出る時期だ」と思っていただけることがすごく幸せなのです。みなさまにとっての2017年があたたかく、そして豊かなものになるように。今回も楽しんで読んでもらえたら幸いです。

2017年上半期、牡牛座は
「遠くにある理想ではなく、
自分の近くにあるものを愛し始める」

2017年上半期の
運勢は?

「力まない。自分を否定しない。
私は私でいい」

2017年上半期のあなたのオーラは「かなり深い集中」を表す鋭い水色。そして「いろいろとやり方が変わる」というピンク色が出ています。

オーラ
牡牛座

まずオーラの色で「かなり深い集中」を表す鋭い水色が出ている時は「直感的」になるのですね。頭や理屈ではなく「あ、私にとってこれが大事!」と動物的に感じ取る力が増すのです。そこに「愛情」などを表すピンク色が出ているので、あなたにとって2017年上半期は「愛情面」「プライベート」が重視されていきます。

ですから、これまでのあなたの選択の根底にあるものがキャリアアップや「自分がもっと力を発揮していくために」というものであったとしたならば、この時期からのあなたは「こっちを選ぶと私がもっと幸せを感じる予感がある」という感覚のほうを選んでいきます。例えばほら、「仕事面でもっとキャリアアップしたい!」という気持ちでバリバリしている時って、小物やリップのカラーで気持ちがフワッとしてリラックスしてしまうような色はあまり選ばないと思うのです。なんと言うか、もっと戦える色や、シャープな色合いを選んだりします。でも、あなたは2017年上半期に「かわいい」「私が満たされる」というようなものをいつもよりも積極的に選んでいくのです。

先に結論から言うと、2017年の上半期のあなたの動きは、

「力まない。自分を否定しない。私は私でいい」

というものになります。

あなたと理想について

2017年上半期のあなたは「ただ自分が欲しいものを追求していく」という姿勢ではなく、自分が持っているものや手に入れていくものを「近くにいる人たち」と共有しようとします。

「自分で自分を追い込む。そしてその過程で自分の弱ささえも克服し、自分が欲しいものを手に入れていく」

という理想の目指し方がこの2017年に変わります。あなたにあった「少しの孤高の匂い」が消え、もっともっと親しみやすい人になっていくのです。

「あなたのやり方が変わる」。その話に入る前に「あなたと理想」の独特な関係についてまず説明したいのです。

あなたと理想は、とても強い関係によって結ばれています。例えば、あなたはみんなに言うわけではないですが、いつも「理想の自分」のイメージを持っていると思います。「え、そんなの当たり前じゃないの?」と思われる人もいると思いますが、みんながみんな「理想の自分」を持っているわけではないのです。あなたは無意識に「理想の自分と比べて、今の自分はどうなんだろう?」と確認し続けます。あなたは自分が「できる」と思ったことや「やる」と決めたことに対して自分が「できない」という状態でいることを、自分自身に対して許しません。

「あなたの生まれてきた目的」という、少し大げさな言い方をしてもいいのですが、あなたはどんなことがあっても「自分にしかできなかったことを達成する」というミッションを背負っています。

もう少し「あなたと理想」についての話を続けたいのですが、例えば、あなたの次の月に生まれる双子座は「速さ」と「要領の良さ」を持っています。双子座は「まだやったことがないこと」に対して「なんとなくこうやればいいんじゃないか」という勘の良さで乗り越えてしまう器用さを持っています。

それに対して、あなたは「とりあえず一回は様子を眺めてみる」という過程が入ります。そして、大体の様子がわかった時に猛然と自分の実力を発揮し始めたりします。どうしてそういうやり方をとるかというと、あなたは「熱するまでは遅いところがあるが、一度動き始めた自分の力をストップさせることは自分でも不可能」と知っているからです。

もう少しあなたの話をしていきたいのですが、牡牛座の人って初対面の印象だとニコニコしていたりするので、「穏やかそうな人」「おとなしそうな人」とみんなから思われがちです。でも、少し時間がたつとみんなはあなたのインパクトの強さに気づくのです。「あ、この人って何があったとしてもやり通す人だ」という気持ちの強さを持っていることをあなたの周りの人は気づかされることになります。

あなたには確かに「速さ」という点で多少は苦手なところもあると思うのです。でも、そういうことを気にしないで試行錯誤しながら自分にできる努力と改善点を見つめ続ける強さを持っています。そしてやり通す。途方もないその行程を繰り返すことによって「あなたにしかできないもの」を作っていくのです。

そういう意味で、あなたにとって「いずれ私はこのレベルの物事を扱う」「いずれ私はこういう人間になる」という理想や夢、そして目標というものって「唯一のあなたの理解者」と呼んでもいいぐらいの深い関係によって結ばれていきます。あなたにとって「自分の理想」は、今の自分と切っても切り離せないぐらいに深い関係になっていくのです。

「自分はこういうことをやっていきたいな」「こういう人間になっていきたいな」と10代の頃に思った夢や目標が、大人になってからもあまり変わらないのです。自分が抱いた夢や目標と常に真剣に向き合い続け、戦い続けるのがあなたなのです。

理想の目指し方が変わる

そして、2017年上半期においても「私は理想の自分を目指していく」という姿勢は変わらないのです。でも、2017年上半期の最大の変化が、あなたの理想の目指し方が変わってくること。

これまでのあなたは、注意をしなければ理想を目指す過程で「今の自分の否定」をすることもありました。

これまでも牡牛座についてしいたけ占いで言っていることなのですが、「牡牛座には嘘が通じない」というところが強くあるのです。牡牛座は他人に言われる嘘も、自分が自分に対して「嘘をつく」ということもできません。自己採点で楽観的な数字はつけず、あくまで冷静に「今の自分は80点。よくできたほうだとは思うけれど100点になるまではこれとこれが足りない」という冷静で、かなり現実的な採点を自らに対して行います。

あなたは自分で自分を判断します。自分に常に点数をつけている感じなのです。だから、あなたの仲のいい人が「いや、あなたはよく頑張ったよ」と、それがあなたを励ますために言ってくれたことであったとしても、それを受け入れるまでに少し抵抗があるかもしれません。逆に「あー、あの人に気を遣わせてしまった。悪いな」と自分を責めてしまうこともあります。

理想を目指すって、注意をしないと「今の自分の否定」という面がどうしても出てきます。あえて激しい言い方で表すと、80点を取れたとしても、100点ではない自分を責めてしまう自分自身が出てきてしまうのです。「今の自分にまったく価値はない。私は自分が目指しているものを達成してはじめて価値を手に入れる」という価値観って、牡牛座の人は特に強く持っていると思います。このへんは本当に激しいんですよ、あなたって。

  • ・表面的には穏やかだけど、内側では常に激しく「今の自分」と戦っている
  • ・自分で決めたことを達成できない自分には価値を感じない
  • ・戦えない自分にやさしくすることはできない

あなたにはそういう激しさがあるのです。

それで、2017年はなぜかその「激しさ」があなたから消えていきます。「激しさ」や「今の自分との戦い」というものとは違うやり方であなたは理想を目指していくのです。

「今の自分の否定」ではない、
「好きなことを目指している自分が好き」へ

あなたがこれまで強く持っていた「理想に向かってとにかく頑張り抜く」という部分、時にそれが「こんな怠けている自分自身は認められない!」というぐらいまで自分に対して厳しさを持っていた心が、2017年上半期には穏やかになっていきます。

なぜ穏やかになっていくのでしょうか。

これはあくまで私が見たあなたの印象という注意書きを添えたいのですが、2017年のあなたって「遠くを見るのではなくて、近くを見る」ということを強くやっていくのです。

少し言葉の響き方を確認していきたいのですが、「理想の自分」と一回つぶやいてみてください。「私の理想って何だろう」「私は何をしたいか」など、そういう言葉でもいいです。一回つぶやいてみてください。

そうしたら「理想の自分」って言った時に、それが「どこか遠い場所にある」と感じませんでしたか? もちろん、同じ牡牛座の人でも「理想に向かって毎日ずっと取り組んできた」という人は「いや、私は理想をそんなに遠くの景色に感じない。もっと現実的な目標としてある」と言う方もいらっしゃると思います。

でも、多くの牡牛座の人にとって2017年上半期は理想というものを「こうなったらすごいなあ」とか「こういう自分になったらカッコイイなあ」という遠い場所にいる自分を目指すだけではなく、自分の近く、つまり「普段の生活でも心あたたまるような出来事を大切にしたい」というような、「アットホームなあなた」のほうが強く出てきている感じなのです。違う言い方をすると、「理想を追求するためにストイックになりすぎていろいろなことを犠牲にするのではなく、プライベートの充実や『満たされる』という感情も素直に求めていく」というのが2017年のあなたなのです。

今のあなたは「遠くの理想や目標」だけを目指している人ではありません。「それはそれで大事だけれど、もっと私のプライベートを充実させたい」という気持ちを確かに、そして強く持ち始めているのです。「あらためて私の近くにはこんなに素敵な人たちがいて、こんなに恵まれた部分もあったんだ」というふうに、自分の近くになるものを愛おしむ感覚を強く持っていきます。

「遠くだけではなく、近くを見つめ始めた」。そんなあなたには余裕が出ます。つまり、「〇〇にならなきゃ自分を認められない」という自分ではなくなるからです。「それを目指せる自分も好き。今の自分も好き」というやわらかい気持ちになっていきます。

だから、2017年上半期はその「余裕」をベースに「こうやってみてもおもしろい」「今までチャレンジしてこなかったことにも挑戦してみたい」という動きも出てきます。どうか楽観的に、「今の私なら何とかなりそう。やってみたい!」という感覚を大事にしてみてくださいね。

余裕を持ったあなた

あなたはずっと目指していました。「もっと自分はできる。もっと自分に自信を持ちたい」と。そのために自分自身に対して誰よりも厳しい採点をしてきたと思います。自分自身が目標を達成していくアスリートだとしたら、あなたは自分自身でそのアスリートとしての自分を厳しくチェックするコーチのような性質も兼ねそろえています。

でも、あなたはこの2017年に原点に戻ろうとしています。その原点というのは、

「絶対的な結果を出して自分や周囲を納得させるのではなく、生きていることを私が楽しむこと」

です。大げさに聞こえるかもしれませんが、あなたにとっては再び戻り始めた「楽しむ」という感覚が強くなります。

だから、ことあるごとにつぶやいてほしいのです。「私はひとりじゃない」と。あなたと同じ想いを抱く人って必ずいるから。あなたがそれを「自分にしかわからないもの」として閉ざしてはいけないのです。一部分だけでも「共有」できたら、それは立派な「共有」です。何かを共有できた人とは、あなたはうまくやっていくことができますよ。あなたは2017年に「幸せ」というものとうまく付き合っていくことができます。幸せになることに「精一杯力を込める」ってところまではあなたに必要ないものなのです。

2017年上半期、余裕を持ったあなたは「すべてをやろう」とはしなくなります。「この点に関しては60点でも構わない。だって私には大事にしていきたい途中の80点があるのだから」という、一歩引いて様子を見られる姿勢も大切にしていきます。

恋愛運はどうなる?

一緒に、穏やかな気持ちのなかでいられる人

2017年上半期のあなたの恋愛面も「近くにいる人」がキーワードになります。これもすごく大きな変化なのですが、2017年はあなたに合った「萎縮」や「緊張」「とにかくやらなきゃ」という緊張感がなくなり、かなりフットワークが軽くなるのです。

今までのあなただったら、いわゆる「自分に課す制約」が無意識のなかでも多かったと思うのです。「付き合うならこれくらいの人」だったり、自分自身に対しても「恋愛をするにはこういう自分でなければいけない」と。でも、2017年に起こるあなたの心境の変化って「興味を持ったらアリ!」というフットワークの軽さなのです。

牡牛座が恋愛面でも、他人に対して行う態度って「慎重」です。「とりあえずは様子を見る。そして自分の努力や展開の仕方で『手に入るのが確実』という勝算をつかんだ時に猛然と動き出す」という感覚があります。その慎重さを2017年は脇にどけてください。具体的には気になる人をあなたから誘ってしまっても大丈夫です。その時に「いつもの私ならここでもう一回様子を見ていたけど、私は多分この人が大好きだから一段跳んで、今度はふたりきりで会っちゃおう」とやってみてほしいのです。

2017年上半期のあなたの恋愛面や「合いそうな人」のキーワードは、

  • ・近くにいる人(普段は恋愛対象として見ていなかった)
  • ・休日に近くの公園やカフェでお話ができそうな人(気合いを入れて高級なお店で会う感じがしない人)
  • ・緑色や水色が似合いそうに感じる人

になります。補足すると最後の「緑色や水色が似合いそうな人」はあくまであなたの主観で構いません。この色は「人柄的な温かさ」や「清潔感」を表します。あなた自身の好みも「少し大人になった」、つまり、自分自身が「熱愛!」ということに陥らなければ恋をしないのではなく、「一緒に、穏やかな気持ちのなかでいられる人」を重視していく傾向があります。

2017年の恋愛面においてあなたに必要なことは「様子を見るのではなくて、ひとつジャンプしてしまう感覚」です。いつもの私だったら「まだ様子を見たい」と思っているところで「今度の日曜日あいている?」とぜひアクションを起こしてみて!

月ごとのアドバイス

January 1月
1月のオーラ
牡牛座

お試し期間中

「様子見」を表す茶色が出ています。これも少しいつものあなたとは違うのですが、お伝えしてきたように、今のあなたは「何かを目指している。理想の自分を目指している。でもそこに自己否定はない」という緩やかさや落ち着きを持っています。

牡牛座の不思議なところって「外見的にはゆっくりやっているように見えても、気持ちのなかではかなり激しく燃えている。自分を常に追い詰めている」というところ。でも、1月のあなたは「あわてずに、様子を見ながら。そして楽しみながら」自分のやっていることやこれからやろうとしていることを見つめ続けています。

あわてずにやっていってください。「自分の思った通りに周りが動かない」ということにも動揺しないで。この時期のあなたは「まあまあ元気です」「まあまあ楽しんでいます」という緩いセリフが言えたら、最高の状態だと思ってほしいです。

February 2月
2月のオーラ
牡牛座

直感的な行動

「アイデア」や「童心」を表す黄色が出ています。この時期までのあなたに何が起きているのかというと、それは「これまでやってきた自分に自信がついている状態」を表していたのです。この「自信」はどういう状態かというと、またまたあなたの説明で申し訳ないのですが、あなたは常に「自分の実力よりも多くの努力や準備を揃えて、完璧の上に完璧を期したい」という性質があります。「常に一発勝負」のような緊張感をいつも抱えているようなところがあるのです。

でも、そんなあなたがこの時期にはいろいろなことに対して「楽観的に、そして温かい目線で」見られるようになってきているのです。つまり「まあ、今の私なら何とかなりそうだわ」という余裕の態度。

March 3月
3月のオーラ
牡牛座

気づいたら一緒にいる人

「協力者」を表す緑色が出ています。オーラの色で緑色ってなかなか出ない色のひとつで、なんというかこの色は「バリアーが解ける」という色です。ほら、いつも一生懸命で能力的にもすごいけれど「ちょっと近寄りがたい人」っています。でも、オーラで緑色が出ている人って「あたたかさ」を感じられる人なのです。

その緑色がこの時期にあなたから強くなるので、あなたは自分に余裕を持ち、あなたが好きになる人と「もっと好きになりたい。もっと仲良くしたい」という気持ちが強くなります。そして、あなたに好感を抱く人もこの時期に自然と多くなります。

この時期は「気づいたら自然と連絡を多く取り合っていた」などそういう人の存在が強く出てくるので、その動きに注目していてください。なるべく身構えず、緊張せず、かといって「日常会話」で終わらせないで一歩を踏み出すというのがポイントです。

April
4月のオーラ
牡牛座

焦らないで

この時期に「あたためる」という茶色が出ています。少しだけ「焦ってしまう」という気持ちも強くなります。それはどうしてかというと「手掛けているすべてに対して手が抜けなくなってしまう」ということが出てくるからです。

その時に「自分なら大丈夫」と思ってください。この時期に「自己否定癖」が出てくる必要はありません。「全部を見直さなきゃ!」「私はまだいろいろなことができるレベルじゃない!」というセリフは自己否定なのです。

「大丈夫。物事は確実にひとつひとつ進んでいる。失敗することもまた経験。この経験が今できているなら、私は前に進んでいる」と思ってください。

やることが多くありそうです。だからあわてずに「今日できたこと」を気持ちの上でも重視して。

May 5月
5月のオーラ
牡牛座

夢中

「透明感」「夢中」を表す水色が出ています。ちょっと不思議な状態になります。子どもの頃にはよく体験するのですが、ほら、「何時間も好きなことをやっていても苦痛じゃない」ということがあります。そういう心境が5月にあなたに訪れるのです。

「やるからには成果を出さなきゃ」というような結果や成果にとらわれすぎることなく「あー楽しい」という状態が続いています。

「自分が透明になる感じ」

ただ好きなもの、好きな人と一緒にリズムを感じ合い、「自分はただそこにいる」という不思議な感覚です。「この時間をもっと続けていきたい」。そういう楽しい時間に対してものすごく集中していくことになりそうです。

June 6月
6月のオーラ
牡牛座

奇跡

「奇跡」を表すゴールドが出ています。好きでやってきたことが自分の想定を超えて「大きな広がり」を生んでいくことになりそうです。

この6月も含め、あなたが2017年に手に入れていく心境は「静かな心。そして自分を信じる心」です。少し稚拙な表現で言うと「根拠のない自信」でも構わないと思うのです。でも、目の前のことがうまくいっていようが、多少想定と違っていようが「私なら大丈夫」という気持ちをあなたは持ち続けます。

自分に対してポジティブな人間は驚くほどシンプルに奇跡を呼びます。「ちょうどある物事をやろうと思ったら、その道のプロに偶然出会うきっかけがあった」など。

そういう奇跡をぜひ起こしていってください。奇跡を起こすポイントって、やはり常に新鮮に喜ぶことです。「わかってる」という冷めた気持ちではなく「こんなこともあるんだ」と奇跡を発見するプロになっていってください。

しいたけからの
魔法のメッセージ

「まだもうちょっと準備をしたい」。「まだもうちょっと強くなりたい」。このふたつのセリフは2017年のあなたには必要ありません。少し心が寂しくなったら遠くではなく、近くを見てください。あなたが持っている悩み、夢、目指しているもの。それをひとりで背負うのではなく、みんなと共有してください。「強く、ひとりで乗り越えていくあなた」ではなく、「乗り越えていないほうのあなた」も、もっとみんなと共有してください。あなたはひとりじゃないですよ。

FromVOGUE