本文へジャンプ

ナビへジャンプ

牡牛座

牡牛座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。いつもしいたけ占い、そしてこの下半期や上半期を待っていてくれてありがとうございます。この原稿を書くのはみなさんの1年間をいちばん近くから見られるようで僕にとってもすごく素敵な時間ですし、特別な時間です。今後はVOGUE GIRLさんを通じて原稿だけではなく、みなさまと接する時間を作っていきたいので、どうかそのときもよろしくお願いいたします。

2016年下半期、牡牛座は
「自分を『ギュッ』としてあげる」

2016年下半期の
運勢は?

自分に厳しくするのではなく、
自分を愛する

まず、この2016年下半期にあなたから目立って出ている色が3色あります。

オーラ
  • 1

    肩から上に出ていた「到達」「達成」を表すオレンジ色

  • 2

    お腹など、体の中心部に出ていた「自分に厳しい」というネイビー

  • 3

    下腹部から下に出ていた「出会い」「今までとは違う世界と縁ができる」という緑色

まずなんといってもこの下半期、あなたにとって大切になるキーワードが①の「到達」「達成」です。詳しく説明していきたいのですが、後ほどそれをやっていくのでここではこれくらいで。

②の「自分に厳しい」というネイビーについて説明したいのですが、あなたは自分に厳しくしようと思えばいくらでも厳しくできる人です。

あなたは自分自身について「とても満足した」など、「今の自分にけっこう満足している」という“満足感”のようなものを、もともと感じにくいタイプでもあります。

「ここまでできた。よし、もっと!」

と次のステップをすぐ求めます。そういう「自分に厳しい」という自己評価の部分もこの下半期は見つめ直していきます。

そして③の「出会い」「今までとは違う世界と縁ができる」という緑色は、「自分に厳しくなりすぎる」のをやめ、「私には何もできない」とネガティブになるのをやめること。そして勇気を出して「そのままの自分」でもう一歩前に進んだ時に新しい扉が開いていくという意味があります。

周囲が心配するぐらい頑張り屋のあなた

ここでいろいろなことを説明する前に、あなたの性質について見ていきましょう。

もともと持っている性質として、あなたは周囲が心配するぐらいの頑張り屋です。努力は大きく分けて2種類あると思います。ひとつは「自分が好きで、得意な部分を伸ばす」という努力と、もうひとつは「自分が苦手で、不得意な部分を伸ばす」という努力です。

あなたの特殊性は「私が好きな世界は私だけが守らなければいけないから、好きな部分も苦手な部分も全部フォローする、カバーする」という両方の努力を抱えているところなのです。気づかないうちに「苦手な部分に関しても手を抜かない」という自分が出てきます。

もちろんそれは悪いことではないのですが「好きではない」と「苦手なこと」って、そこに取り組み続けていくと、どうしても気分がハッピーにはならないので「自分が好きなものって何だっけ?」という迷路に入ってしまいがちです。

少し例え話をしたいのですが、あなたが好きになった人が英語圏の人で、あなたはその人と「完璧なコミュニケーションを取りたい」と思い、語学学校に通います。ここまでは、あなたは素早い動きをします。それで、その語学学校で「こんなレベルだと彼と満足なコミュニケーションが取れない!」と“今の自分の語学レベル”に怒り、徹底的に自分を追い込んで勉強しようとしてしまうのです。

でも、ちょっと振り返るとあなたがその語学学校に通った理由って「徹底的に自分を追い込むこと」ではなくて「英語が話せたらもっと毎日が楽しくなるだろうな」「もっと彼と一緒にいる時間が楽しくなるだろうな」というところから始まったはずなのです。

「自分を追い込みすぎて、本来抱いていた“楽しいイメージ”を忘れないこと」

これがあなたにとってとても大切な覚え書きになります。

社交辞令を言われるのが苦手

あともうひとつ、あなたには「社交辞令を言われることが苦手」「必要もないのに自分のことを褒められるのが苦手」という面があります。その理由のひとつとして、「自分は常に初心者である」という意識があるからです。

その「初心者意識」を持つ人がよく心の中で抱く感情って「私はまだまだ」という言葉です。ほかの言い方をするとあなたは

「外でどんなに評価をされようとも、自分という人間がどういう人間なのか正直わからない」

と感じることが多いです。

ここまで出てきた言葉をまとめると、

・「今の自分に満足することが(なかなか)難しい」
・「自分を追い込むのが得意」
・「人の目に触れない、表に出てこない努力を自分なりにしていくのが得意」
・「ずっと初心者意識で『私はまだまだ』という意識を抱きやすい」

というあなたがいるのです。

あなたがこの下半期でテーマとしていることは、「今の自分を乗り越える」ということだけではなく、

「今の自分のまま、つまりすべて完璧に準備をしたあなたではなく、天然でほわ~んとしたままの自分も一緒に未来に進んでいく」

ということです。その先にあなたにとっての「達成」と「新しい出会い」があります。

毎日「到達」と「達成」を入れていく

ここまでお話ししてきたように、あなたは「私はまだまだ」という気持ちになってしまいがちです。「努力は裏切らない」という信念があるからこそ、その信念で強くやりすぎてしまったりもします。

「私はまだまだ」と思ってしまうと、自分がたどり着きたかった場所が見えなくなってしまうこともあるのです。

努力をして、自分を追い込むあなたはとても素敵です。でも、もうひとつのあなたの素敵な面、つまり「天然な性格を持っていて、周りの人たちから愛されるあなた」という面も一緒にあなたの夢に向かって連れていってほしいのです。

そのやり方は簡単。

毎日、ひと仕事終わった後や、今向き合っている作業から休憩に入るという時に、

腕を組む感じで「ギュッ」と自分をハグしてあげてください。

これだけです。そして一日の終わりにも「今日も一日お疲れ様」と言って「ギュッ」と自分をハグしてあげてください。

これによって何が起こるのでしょうか?

それは、あなたにとっての「到達」や「達成」が先の見えない未来にあるものではなくなります。

一日の終わりに必ず「今日もありがとう」という自分にたどり着きます。

上のような言い方って「なんか気持ち悪い」と感じる人もいると思います。でも、自分を追い込んで、はるか先の結果を求めていくためには、「とりあえず今日もお疲れ様」ときちんとねぎらってあげられる自分が大切です。長く自分を磨いていくためには、日々の自己満足も必ず必要になってくるのです。

“自分ハグ”のもうひとつの効果

この“自分ハグ”は、あなたにもうひとつの効果をもたらしてくれます。それは「他人からの愛情を受け入れる」ことがあなたにとってもっと簡単になっていくことです。

一日の終わりに「ギュッ」としてあげる。そうすると、あなたの体や気持ちがだんだんと「ご褒美」「褒められること」、そして「愛される」ということを受け入れられるようになっていきます。

あなたにとってこの「ご褒美」「褒められること」「愛されること」はとても大切なこと。でも、いつの間にか「それを期待しない」と封印していることがあるのです。

「どうせ私が望む形で愛されることなんて手に入らない。だから私は今できる頑張りをするだけ」という“リアリスト方向”にすぐスイッチが入ってしまうのです。

初対面のやさしさから
次のステップへ

ちょっとこういう場面を思い描いてください。仕事でも、学校でも、一緒に共同作業をして(←あなたの恋愛感情にとって共同作業はすごく大事なものです。これはまた恋愛の項目でちゃんと説明していきますね)、あなたがある人に対して「この人おもしろいな。話し方や作業のやり方を見ているかぎり、多分信用できる人だな」と思ったとします。

実は、まだ初対面から2回3回と顔を合わせる段階、つまりお互いにまだ少し「緊張感が残る初対面モード」が抜けていない時って、実はあなたの得意な場面でもあります。と言うのは、あなたには気に入った人に対して「なぜか私たちずっと知り合いだったよね」というような同郷感のようなものを出せるからです。そして「おもてなし」の精神があるから、相手のことに気づいて、やさしくすることもできます。

そしていよいよ「初対面モードを抜けて、お互いプライベートの場面でも仲良くしていこうという段階に入った時」について(詳しくは恋愛の項目で説明するとして、簡単にお伝えします)。

そういう時に、あなたは尻込みしてしまうのです。「私の幸せがここで手に入るわけがない」と、目の前の出来事を恐れるリアリストの部分が出るのです。だから、一日の終わりに「ギュッ」としてあげてください。そして今日の自分にひと声かけてあげてください。駅から家に帰るまでの帰り道でいいです。うれしいときも、悲しいときも、「ギュッ」としてあげる。そうするとね、あなたは目の前に出てくる、あたたかさや、やさしさを自然と「ギュ」と抱きしめてあげることができるようになりますよ。

2016年下半期は「結果」ではなく
「好き」や「愛している」の再確認

なぜこんなことをしつこくお伝えするかというと、この2016年の上半期に、もう自分にとっての幸せを手に入れている人もいるし、それを今扱っている最中の人も多いから。この幸せを「状況」や「結果」として見ないでほしいのです。例えば、自分が好きな仕事をしている人がいたとして、「将来的にあまり給料が上がらないだろう」と、そういう面を見てしまうと今見ている「幸せ」は、すぐに幸せではなくなり、「不満」や「不安」になっていきます。

今の自分の幸せ感をきちんと感じているかどうかってすごく大事になります。

「幸せ感」がもたらす結果って本当にすごいのです。多少の不都合や物足りないことでも「今の自分が目の前にあることを幸せに感じているかどうか」によって数年先の結果は変わっていきます。

幸せって「幸せだよ」って言ってあげないと“なかったこと”になってしまうのです。だから「幸せだなあ」と感じたことに対しては「幸せだよ」と言って、一日の終わりに自分自身をちゃんとギュッとしてあげてください。

ギリギリに
追い込まれるのが好きなあなた

ここでもう一度お伝えしたいのですが、牡牛座の人たちって「倒れる寸前まで追い込まれる感覚」が残念ながら嫌いではありません。むしろ好きです。

少し変な例え話になってしまうのですが、あなたはこの「スレスレ感」や「極限状態で入る真剣勝負感」など、要は「これ以上やったら倒れるという時に感じる“ゾクゾク感”」が大好きなのです。

だから牡牛座が好む芸術作品や世界観って、他の人から見たらちょっと「苛烈(かれつ)さ」ややりすぎ感がありますし、もうちょっと失礼な言い方をすると、牡牛座が好きな世界って少しグロテスクなところがあるでしょう?

たとえばヒヨコが3羽いたら「かわいい」という感想をみんな抱くけれど、そのヒヨコが「これでもか!」と50羽ぐらいいるような世界にどうしても惹かれていくところがあります。

話を戻して。牡牛座はどうしても自分自身に対して「徹底的に」ということを求めます。自分の70%の力で手に入るものを信用しないのです。偶然手に入るものを信用しない。自分なりに全力で組み立てて「必然的に」手に入るものを信用します。あなたが持っている主観の世界には、「やりすぎがちょうど良い」という感覚があるのです。

だから、やりすぎる前に「ギュッ」としてあげる。しつこいけどこれ大事。

恋愛運はどうなる?

「まだ今の自分には自信がない」
という殻を破っていく

あなたが持っている恋愛感覚は、よく言われるように「熱しにくく冷めにくい」という面がとても色濃いです。

まだ初対面から2回3回と顔を合わせる段階、つまりお互いにまだ少し「緊張感が残る初対面モード」が抜けていないところから次の段階に行く時に「ちょっと尻込みしてしまう」という癖があることを先ほど説明しました。

あなたは初対面から次の関係になっていく時に、自分の「素」を見せることをすごく気にしてしまいます。カッコつけしいのところがあるのです。

「いや、いい人だろうけど私の内面を見たら、絶対にあの人は私のことを嫌いになるよ」

と、どこかで思ってしまいます。

この理屈に対しては、理屈ではやっぱり対応できないのです。

そうではなく、体の感覚としてギュッと自分でハグしてあげることが大切になります。

すごく大事なことを言いたいのですが、「一緒にいてなぜか緊張してしまう人」と、「一緒にいてなぜか安心感を覚える人」がいます。

その両者の違いは何かというと、「一緒にいて安心感を覚える人」って、完璧ではないけれど、“ある程度自分に対して満足していて、そして、ある程度自分を愛している”ということです。この「完璧ではないけれど」というのがミソです。

あなたが目指すべき姿は、一日の終わりに「ギュッ」として、この「ある程度、今の自分に自己満足感を覚えている」という平和な姿です。「まだまだこんなもんじゃない!」「まだやれるはず!」というあなたも、もちろんひとりの時は出してください。自分の可能性を追求してください。でも、誰かと一緒にいる時は「いやあ、おかげさまで」とゆるくあったほうがあなたの魅力は引き立ちます。

あなたはこの2016年の下半期で「殻を破る」ということをしますが、その「殻を破る」とは「先の自分を追求する」のではく、「今の自分を(まあまあ)愛する」ということです。

「今の自分を(まあまあ)愛する」

ということを説明するために、ここまでの文字数を必要としたのです(笑)。

もう一度言います。この2016年の下半期の恋愛面でも、「今の自分に自信が持てないから殻に入る」ではなく、「自分から殻を破っていく」ことがとても大切になります。

「私なりに頑張ってきたと思うけれど、まだまだ足りない。もっともっとやらなきゃ!」

ではなく、

「え、私がなぜ頑張っているかって? うーんと、それは好きだから。自分が関わっている人たちや世界や仕事が好き。だから自分がやれる範囲で頑張っているの! あなたは何が好きな人なの?」

と思えるあなたのほうが素敵です。

「私はこういう世界で結果を出している」という結果の部分について話すのではなく、「私が好きなのはこれ!」と自分の好きなものや好きな世界についてちゃんと自信を持ってキラキラした瞳で説明してあげてください。

特に今年の8、9、10月にわたって「自分が解放的になる」ために、友人関係でも積極的にどこかに出かけてみてください。

月ごとのアドバイス

July 7月
7月

やらなければいけないことが多い

この時期には「これもしなきゃダメなんじゃないか」「もっと頑張らなきゃダメなんじゃないか」というネイビーが強く出ています。ネイビーには「自分の好き嫌いではなく、やらなければいけない」という“義務としての時間”という意味もあるので、自分とは関係のないことでも頑張らなくてはいけない時が多いかもしれません。これは変なアドバイスなのですが、どうかあまり一生懸命やりすぎないでくださいね。「どんなことでも全力でやる!」というスイッチは、この下半期はあまり入れすぎないほうがいい感じです。

August 8月
8月

自分の幸せを確かめている

8月になり、内側から出てきているターコイズのオーラに注目したいのです。この色には「解放」「自由」というニュアンスがあります。例えば、いつもの場所で飲むジュースって、ただのジュースです。でも、景色が開けた山あいや、海が見えるところで飲むジュースって最高においしい。

この時期のあなたは「いろいろなことを考えてジメジメしすぎてしまう自分から解放されて、それこそ言葉の通り解放的になっていく」という動きがあります。いきなりイメチェンをし始める人も出てきます。

外側に出ていたネイビーは、解放感を味わいつつも「きちんと自分のやるべきことはやる」というコントロールが取れたすごくいい状態です。

September 9月
9月

OFFの時間を大切に

「解放感を継続する」というターコイズ。そして同じように「解放感を解放感として幸せに感じるために、油断をしない、変なことで失敗しないようにしている」というネイビーも強く出ています。

この9月は「頑張ろうと思えば頑張れるけれど、今はゆっくりする時だと感じる。焦っていろいろ行動したくない」というモードにいます。そしてその直感は当たっていて、10月に向けて「結果を残していく」「冒険して手に入れる」という時期でもあります。

この8月、9月はOFFを大事にしてほしいのです。もちろんそんなにしょっちゅう旅行に行ける人なんていないですから、「気分が落ち着いてゆっくりできる場所はここ」「元気がなくなった時に私のテンションが上がるのはこれ」というような、普段の自分から離れて生命力を回復させてくれる場所や自分のOFFの時間を再び探してみてください。

October 10月
10月

殻を破る。手に入れる

外側に「自分の殻や枠を超えて、ほしいものを手に入れていく」という強烈なオレンジ色。そして内側に「手をゆるめたくない時」を表す強い黄色が出ています。この10月、11月は下半期いちばんの飛躍の時です。

人には様子を見るべき時と、調子に乗るべき時があります。具体的に「様子を見ていた時期」がこれまでの7月から9月までだとすると、「調子に乗っていくべき時」がこの10月からにあたります。

こういう時はできるだけ立ち止まらないで、テンションを落とさないで、自分に向かってくることすべてに「Yes!」と言うぐらいの気持ちで。

「勢いがついている時には変なことしてしまうのでは?」と思う人も安心してください。去年も今年も、あなたにとって大事なことって、こういう「勢いがついている時の“ノリ”」で決まっていくから。

November 11月
11月

ひとつの結果に満足しない。
ほかも手に入れていく

10月の好調が引き継がれています。外側は変わらず「自分の殻や枠を超えて、ほしいものを手に入れていく」というオレンジ色ですが、内側に「少し慎重になっていく」という紫色が出ています。

勢いに任せて「Yes!」と言っている時が10月ならば、「何を残していきたいか」と検討し始めるのが11月です。

ただ、この時期の注意点として「慎重になりすぎないこと。真剣にはなっても深刻にはならないで」ということ。あなたは一度慎重になると0(ゼロ)から自分をやり直そうとするぐらい完璧にやろうとします。

勢いがある状態ってどうしても忙しくなるから、その時にミスや不注意は必ず出ます。それが出たら謝っちゃえばいいのです。「ごめんなさい!」って。一生懸命やっている時のミスを、ミスの部分だけを見て細かく言ってくる人は、その人の将来にわたっても「ずっと残念な人」だから、できるだけ距離をとりましょう。

December 12月
12月

再び幸せを確認する

12月に入り、「好きだからこそ、自分に厳しい」というネイビー。そして「自分のことを愛している」というターコイズが出ています。

ここで「自分への厳しさ」という性質にも変化が起こります。ただ単純に「自分に甘くする」ということではなく、「自分のことが好きだから、自分のことを信じられるから、だから私は今の自分にはもっと厳しくしたい」という面が強く出るのです。

「ひたすら自分に厳しくするか」、それとも「ひたすら自分に甘く接するか」

という極端な二択ではなく、「頑張れるところはもっと自分を信じて頑張る」ということができています。

しいたけからの
魔法のメッセージ

自分を抱きしめられない人は他人を抱きしめてあげることはできません。また、他人から抱きしめられたいと望む時は、まず自分で自分を心から抱きしめてあげて。みんなね、あなたほど敏感ではないの(笑)。あなたが気にする「あなたの至らないところ」なんてみんな気にしていないから、勇気を出してあなたが会う人を、あなたが接する世界を愛してあげて! あなたの愛の力って誰にも負けないんだから!

2世モデル、カイア・ガーバーがマーク ジェイコブスの人気フレグランス「デイジー オードトワレ」のミューズに就任。話題のガールを独占取材!
BEAUTY

2世モデル、カイア・ガーバーがマーク ジェイコブスの人気フレグランス「デイジー オードトワレ」のミューズに就任。話題のガールを独占取材!

今年で10周年を迎えたマーク ジェイコブス「デイジー」の新ミューズに抜擢された、シンディ・クロフォードの長女、カイア・ガーバーに独占取材。デイジーの撮影裏話から、気になる親子関係、将来の夢までさっそく質問!

読むと元気に!心のビタミン!2017年上半期しいたけ占い
HOROSCOPE

読むと元気に!心のビタミン!2017年上半期しいたけ占い

読めば納得、腑に落ちて、みるみる元気が湧いてくる。心に響くと話題のしいたけ先生が占う、2017年上半期のあなたの運勢は?

FromVOGUE