本文へジャンプ

ナビへジャンプ

蠍座

蠍座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。いつもしいたけ占い、そしてこの下半期や上半期を待っていてくれてありがとうございます。この原稿を書くのはみなさんの1年間をいちばん近くから見られるようで僕にとってもすごく素敵な時間ですし、特別な時間です。今後はVOGUE GIRLさんを通じて原稿の形だけではなく、みなさまと接する時間を作っていきたいので、どうかそのときもよろしくお願いいたします。

2016年下半期、蠍座は
「目的やゴールから離れて
寄り道をする 」

2016年下半期の
運勢は?

根本的なところから問い直す。
私はなにがやりたいのか?

2016年の下半期であなたから強く出ていた色が大きく3つあります。

オーラ
  • 1

    肩から頭のラインにかけて出ていた「守るべきもの」を表す茶色

  • 2

    脚の部分に出ていた「自分の居場所を作る、守る」を表す森の色

  • 3

    お腹など、体の真ん中あたりに出ていた「新発見」や「私だけのオリジナリティ」を表す黄色

この①の部分の、肩から頭のラインにかけて出ていた「守るべきもの」を表す茶色ですが、2016年の下半期にあなたから出ていたこの茶色が「畑」をイメージさせたのです。

「畑」って食べ物を育て、収穫し、そして食べていく場所にあたります。「何かを大切に育て、収穫していく」というイメージがあなたから強く出ているのです。

これは先に結論からいうと、この下半期にあなたは「今まで通りのことをやる」ということではなく、これまで試行錯誤してきたことを試していきます。ゼロから始めていこうとするし、ゼロから作っていく気持ちもあります。

「自分が生きていく上で何に関わっていくか、何を守っていくか、何を大切にしていくか」ということに、かなり根本的な部分から取り組んでいきます。

②の「自分の居場所を作る、守る」を表す森の色。上で説明した茶色とほとんど同じ意味です。「根本的に、ゼロから取り組んでいく」というような姿勢ですね。

そして③の「新発見」や「私だけのオリジナリティ」を表す黄色ですが、そうやって「ゼロから自分で作っていったものが、いつの間にかそれがあなたにしかできないオリジナルなやり方になっていく」という動きを表しています。

2016年下半期のあなたはどうなっていくのか? それを一緒に見ていきたいと思います。

2016年下半期、
根本的なところから考える、
これまでのことを整理する

この2016年は、あなたにとってひとつの転機になる年です。と言うのは、この2016年になるまで蠍座の人たちって「自分でもどこにたどり着くかわからないまま、走り続けなければいけなかった」という流れを経験しているから。

「いろいろと考えなければいけないことはあるけれど、とりあえず目の前にあるものを乗り越えていく、やりきっていく」

という“とにかく前に進んでいく”というエネルギーが強かったのに、この2016年は急にあなたの足が止まります。そして、地図を見て今の自分がいる場所を確認している。そんなイメージなのです。

この下半期、あなたは「ただ生きていく」「ただ今までやってきたことをそのまま続ける」、もっと言うと「ただ働いてお金を稼げばいい」というところから別の風景を見ていこうとしています。

自分が“そこに関わる喜び”を感じようとしています。

つまり、忙しさに身を任せて「何でもする」と選り好みしないで何でもやってきたあなたが、自分が関わるもの、自分が関わる人、自分が関わる世界について立ち止まってもう一度見直そうとしているのです。

ちょっとここでアドバイスなのですが、今のあなたは長期的な今後を見つめているから、今までと同じペースで「ただ目の前にあるものに懸命になってやる」ということをしていますが、もうしなくても大丈夫です。自分にとって「ちょっとやる気が出ない」という日もあると認識してください。

あなたが持っている
「徹底的にやる」という性質

この下半期には「自分が今いる場所、居場所についてもう一度検討し直す」、さらにそれを「自分なりにゼロからなにかを始めていきたい」という動きがあります。

その説明の前に、ここであなたという人について少しだけ触れさせてください。

あなたを表す言葉のひとつに「没頭」というものがあります。あと、これは失礼な言い方に聞こえるかもしれませんが、蠍座の人たちって「正常なのか壊れているのかよくわからない」というところがあるのです(笑)。

つまり、あなたは周りの人が驚くぐらいに、自分で取り組むと決めたテーマに対して何年でも徹底して取り組んでいきます。

ほら、よくオリンピックシーズンが近くなると「アスリートはどういう生活をしているのか」と密着取材が行われたりするじゃないですか。

当然、アスリートの方って食事や運動の管理をしているし、「あるプログラムに沿って、ある目的を叶えていくことに集中した生活」という、ある種“極端な”生活をされています。

このような立場には誰しもなれるわけではありません。才能やセンスなどいろいろな条件も出てくるし、なによりも一般人にはとてもじゃないけど真似できないところが「ある目的を叶えていくための徹底的にストイックに管理された生活」の部分です。でも、この生活に近いことをやっている人たちがいます。それが蠍座の人たちです。

蠍座の人というのはそれこそ「自分が決めた目的に沿って、自分が壊れるまでそのプログラムに沿った毎日を送る」ことができる唯一の星座です。もっと言うと、時々壊れて自分を回復させ、また「ストイックな舞台」に戻っていく人が多いのです。

日常生活でこういう「蠍座の行動」をしている人たちがどういう人かというと、「留学する資金をふたつの仕事をしながら貯めている」というような人で、その目標が叶った瞬間にスパッとそのふたつの仕事をやめて、海外に旅立って行ってしまうような人が蠍座です。

不思議なのが、その「留学する資金を貯める」という目標を持って働いている蠍座の人ってすごく楽しそうなんですよ。それにすごくしっかりやってくれる。だからその勤め先の人たちからも「そんなによくやってくれるんだったら、留学は後にしてうちで働いちゃいなよ」と誘われたりもするのです。

そこで、普通の人だったらブレたりするんですよ。「うーん、言われてみたらそうかな」って。でも、蠍座の人は絶対にブレないのです。「はい、ありがとうございます(ニコッ)」として、時期が来たら卒業して、次の自分の目的に向かって行ってしまう。

あなたはそういう「世間的な評価」よりも「自分だけが楽しみにしているプラン」や「私だけの計画」をなによりも大切にしています。

言い換えると、その「あなたが目的としていること」が、周りの人から見たらどんなに不合理で「あなたがそこまで頑張ることないんじゃないの?」と言ったとしても、または先ほどもお伝えしたように外部の人が「あなたの大事にしている計画もわかるけど、せっかくそこまでやっているんだから計画を変更したら?」という声があっても、あなたは絶対にそういう雑音は拾わないんです。

「何があったとしても、自分で決めた理想や目的は手放さない」

あなたにはそういう部分があります。その計画を変更する時は、目標を叶えたか、もしくはある程度、自分が納得するまで私だけの計画を見届けなければ、計画の変更はしません。

逆に、その計画を達成した、見届けた後にはスッパリと次の計画に入っていきます。

自分の居場所を作る

再び「自分の居場所を作る、守る」という話をしたいのですが、これが森の色として出ていたのですね。この色には「距離を取る」「引きこもる」という意味があります。

「引きこもる」というのはネガティブな意味ではなく、「あ、ちょっと自分のことをやりたいから先に帰るね」と、「ひとりになる時間を持つ」ということを表します。

なので、この下半期にあなたは「常にみんなと一緒ではなく、自分ひとりの時間を持って『私だけの計画』を再度見直し、そして大事に作っていく」ということをやっていきます。

ここで注目したいのが、この下半期のあなたには「社会的、もしくは対外的な成果をそれほど求めていない」という面があること。今、自分が取り組んでいることは計画段階であり、または「自分だけの大切な遊びなり実験」であるから、まだ今の段階では周りにいる全員に理解されなくてもかまわないと思っています。

自分なりに試行錯誤をして「あ、これがこうなるんだという実験を楽しみたい」という気持ちのほうが強いです。人前で発表すると「自分やごく少数の人たちでやっている遊び」というわけにはいかなくなり、結果を出していかなければいけなくなってしまうから。

みんなに合わせてきた自分を引き上げ、
自分ひとりの時間も持ちたくなってくる

先ほども「留学するためにふたつの仕事に勤しむ」という例で挙げたように、あなたはどこか「いつもひとりだけで取り組んでいる」というところがあります。

これって「孤独」というわけではないのです。例えば、飛行機を飛ばすという仕事があったとして、整備士など空港勤務の方、そしてCAやパイロットの方と、飛行機を飛ばすにしても、それぞれ役割が違います。誰かひとりが自分の仕事をサボったら、飛行機は飛びません。

あなたが「いつもひとり」と言ったのは、そのような「ひとりのプロ」、つまり「これは私にしかできない」という自負心を持っているという意味なのです。どんなに仲が良い友人関係や家族のような関係でも「絶対に口出しをさせない領域」をあなたは持っているのです。そういう人はクリエイター気質とも言えます。

だから蠍座の人が「今ちょっとね、悩んでいることがある」と他人に言いだした頃には、その悩みは正直すごいです(笑)。「なんでもっと早く言ってくれなかったの?」と周りが驚くぐらい、さまざまなことが重なっています。でも、不思議なことに、蠍座は「人生って、楽しいことだけで成り立っているわけではない。自分が好きなこと、関わりたいことの裏面には必ず“負”の面もある。私はその“負”の部分についても徹底的に向き合っていきたい」と “好きになったものにのめりこむ”人なのです。だから他人に悩みは相談するけど、別に他人によってその問題を解決してもらおうとは思っていないのですね。

あなたは「みんなとは一緒にいる人だけど、あくまで自分ひとりの世界を持って、自分が求める世界を追求していく」という人です。

そして2016年下半期において、あなたはさらに自分のオリジナリティを見つめ直していきます。

あなたがこの下半期に目指すもの

あなたが目指す「オリジナリティ」は何かと言うと、それは「他人の真似ができないこと」です。例えば「ある方法はみんなにはうまくいくやり方かもしれないけれど、自分には適応されない」ということは世の中にすごく多いです。でも、これは日本的なメンタルの世界だと「自分だけ外れる」ってなにか悪いことをしているかのように孤独や罪悪感を背負ってしまうこともあります。

あなたがこの下半期でやろうとしていることは「自分だけの遊び」や「自分だけの楽しみ」です。「今までの自分に“あの人に任せておいてくれたらちゃんとやってくれる”」という「とにかくみんなが喜ぶ結果を出す」ではなくて、その責任をこの下半期は半分捨ててでも「今の自分が求める時間、没頭できる時間」に戻っていこうとしているのです。

恋愛運はどうなる?

一緒に行こう! 一緒にやろう!
という共同作業が大事に

恋愛面でも、あなたはほかの人と比べて「共存感覚」がちょっと違います。

あなたは誰かを愛するとなったら徹底的に愛します。その人にちょっと理不尽なところがあったとしても「まあ、そういうところぐらいみんなあるよね」と思って受け入れたりもできます。

ほら、「大人買い」という言葉があります。子どもの頃にはお金ってだいたい親御さんに管理されているから好きなものを少しずつしか買えなかったけど、大人になってその好きなものを大量に買っちゃうという感覚。

蠍座の人の恋愛感覚にはこの「大人買い」の感覚がちょっとあります。「大好きだったお菓子」を大量に大人買いして、味がよくわからなくなっちゃう。

「極端にのめりこむか、極端に興味を持たないか」

という激しい振れ幅を持っているので、恋愛にはまり込んだ時には「どんなことがあったとしてもこの人と会うスケジュールを組む」ということを自然にやっていきます。

そういうあなたの2016年下半期の恋愛面は、7月、8月までは「無理に人と合わせる自分」から離脱しようとしているので、ここまでは「ゆっくりできる時間」を優先していただきたいのです。まったく余裕がないわけではないけど「ちょっと自分のことで精一杯」という時間のほうが強いです。

その後の9月から先になると「燃え上がる」というエネルギーが出て、プライベート、恋愛、すべてにおいて調子が上がります。

「この1年間どことなくポカーンとして落ち着いていた」というあなただったのですが、再び注目を集め、「結果を出していきたい」という気持ちが強くなります。

この先のあなたは強気でいてください。そして、今の自分が計画していることを周囲の人たちからでいいので話してみてください。

話す内容は、仕事のことでも、プライベートのことでもいいのです。できるだけあなたが心を通わせられそうな人に、あなたの遊びに付き合ってもらうこと。あなたの遊びに巻き込んでしまうこと。

合言葉は「一緒にやろう!」「一緒に行こう!」です。そっちのほうが楽しいから。

月ごとのアドバイス

July 7月
7月

自分の方針を取り戻す

7月に入ると「隠されていたものが姿を表す」という黄色。そして上のほうに「今までそれを覆っていたもの」としての青が出ています。この時期にあなたは「あ、私はやっぱりこれをやれば良かったんだ!」「やっぱりこうであるべきだったんだ!」というように、ちょっとブレていた自分の方針に光明が差します。

それが多少周りに「そんなことやって、何になるの?」と言われるようなことであってもかまわないと思います。

この時期にもうひとつのアドバイスとして「お蔭さまで(おかげさまで)」という日本語があります。これは「今自分がやっていることはいろいろな目に見えないものの働きによって」という思想でもあります。だから、この時期は周りにちゃんとお礼を言ったり、陰で祈るというようなこともやっておいてください。結構「私の大事な○○ちゃんがまっすぐに生きていますように」と言うお祈りって届くものですよ。

August 8月
8月

日差しが入る

8月に入り「日を浴びる」というエメラルドグリーンと「日を浴びた土が柔らかくなる」という茶色が出ています。エメラルドと茶色なのでなんとなく「草花が育つ」というイメージがありますね。

7月までにあったシンボルが「蔭」や「陰」であるなら、そこに日差しが入ってくるのがこの8月です。7月まで「ひとりでやらなければいけない。ひとりで取り組まなければいけない」という状況だった人は、この時期から肩の力を抜いて外出したり、外で人と会ったりします。

もちろんそれまで「外出をまったくしない」ということではなく、いろいろなものを抱えている時って外に出ている時も「その考え事にずっととらわれてしまう」ということ。

この時期にあなたに少しだけ残っていたウツウツとした気分は発散されていきます。

September 9月
9月

燃え上がり、分かち合う

9月に入り「燃え上がる」という赤が出ています。この9月は仕事、恋愛、プライベートすべてにおいて燃え上がるぐらい調子が良いです。

ただ、そこで覚えておいてほしいのが、この2016年下半期のあなたは「勝ち負け度外視」というキーワード。普段からやっている人は特別に意識する必要はありませんが「自分の喜びはみんなに分けてあげる」という“おかげさまで”という気持ちがあると長続きします。なんだか今年の下半期の蠍座へのメッセージはお寺の冊子みたいですね(笑)。

ただ、やはり2016年は「あなたが独走して結果を出していく」という時ではなく、「皆さんに助けてもらう」という運をアップしていく時なので、燃え上がっていたとしても「あなたのおかげで」と伝えていくことを忘れずに。

October 10月
10月

私だけの計画

10月に入り「やらなければいけないこと」というネイビーと、「私にとって大事なことだから」という茶色が出ています。

「みんなと一緒にいる時間も大切。でも私には守りたい時間があるの」

と言って、自分が大好きな「私だけの計画」や「私だけの時間」を作っていきます。あなたは時々「未来予知能力」を勝手に発揮する時があります。なぜか外国について調べはじめ、外国の人と急に仲良くなった数年後、実際に海外に行ってしまったり。そういうことがよくあるのです。

この時期にやっている作業も「未来のために必要になってくる」ことです。情報収集や自分ひとりで組み立てていくような作業をするのにとても良い時期です。

November 11月
11月

取り組んでいることが広がりを持つ

11月に入ると「やらなければいけないこと」というネイビーと、その隣に「やりたいと願うこと」という赤が出ます。この下半期は「なぜかこの時間だけは絶対に必要!」と思うものにあなたは取り組んでいきます。雑音は聞こえません(笑)。

なかには「私だけの時間」や「私だけの計画」に取り組んでいて、「あー、私にはこういう時間が必要だったんだなあ」とつくづく実感する方もいると思います。

この時期に結果が出たり、あなたがやっていることが評価されて新しい取り組みに誘われたり、出会いもあったりします。ぜひとも積極的に出かけてみてください。

そして当然人間ですからやる気がある時とない時があります。でも、この下半期のあなたは良い意味で自分のペースを守っているので、完全に息切れしたりすることはないから大丈夫です。

December 12月
12月

この静寂の中で

12月に入り、また「私だけの時間」を表すネイビー、そして「自分のペースを守る」という茶色が出ます。

あなたがこの2016年という時間の中で気づいたこと。それは「やっぱり私のやり方で良かったんだ!」ということ。

あなたはこの2016年、ちょっと「結果」からは距離を取りました。あなたは「目標」や「結果」というものを見定めると、それを「どのようなことをしてでも取りに行く」人です。スローライフとはいちばん縁がない人でもあります。いつも何かのトラブルに巻き込まれるような激しいところも持っています。

でも、その「何が何でも取りに行くという結果」からちょっと距離をおき、「楽しむ」ということができています。

「自分のペースで、自分のやり方を続けていけば大丈夫」

そういう確信をあなたは得ています。

しいたけからの
魔法のメッセージ

目的地にたどり着くことのみが人生のゴールではありません。今のあなたはおもしろい匂いがする場所に寄り道をしようとしています。その「寄り道」「遊び」こそが、あなたが必要としていることです。寄り道をすること「今までの自分はまだまだ世界が小さかったなあ」と実感することができます。「絶対にこの結果を出さなければいけない」という頑なの心は脇において「これは今しかできないことなんだ」と思って、ゲームとして楽しみましょう!

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。
FASHION

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。

おめかしをするときのハッピーな気持ちを詰め込んだストーリーに、女優・高畑充希が初登場。相棒の“ブル”といっしょに訪れたレトロなビューティパーラーを舞台に、プレイフルで小粋なグッドガールスタイルを披露。

この夏、絶対にほしいデニムアイテム。「グッチ」の「GG マーモント」の日本限定コレクションをマーク!
FASHION

この夏、絶対にほしいデニムアイテム。「グッチ」の「GG マーモント」の日本限定コレクションをマーク!

「グッチ」の「GG マーモント」から、日本製のデニムを使用した日本限定のエクスクルーシヴなデザインが登場!軽やかなブルーデニムが夏のスタイリングに映える、注目の限定コレクションにフォーカス。

VOGUE GIRL PROMOTION

FromVOGUE