本文へジャンプ

ナビへジャンプ

魚座

魚座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。いつもしいたけ占い、そしてこの下半期や上半期を待っていてくれてありがとうございます。この原稿を書くのはみなさんの1年間をいちばん近くから見られるようで僕にとってもすごく素敵な時間ですし、特別な時間です。今後はVOGUE GIRLさんを通じて原稿だけではなく、みなさまと接する時間を作っていきたいので、どうかそのときもよろしくお願いいたします。

2016年下半期、魚座は
ただ楽しむという姿勢ではない。真剣に結果を手に入れていこうとしている

2016年下半期の
運勢は?

自分が望む大きな結果を手に入れる

2016年の下半期にあなたから強く出ていた色が大きく2つあります。

オーラ
  • 1

    「ひとつだけでもいい。大きな結果を出す」という茶色

  • 2

    「結果を出すためにやるべきことに集中する」という水色

この下半期のあなたは燃えています。

まず①の「ひとつだけでもいい。大きな結果を出す」という茶色について。これは「いつもいろいろなことに興味を持ちやすいあなたが、この2016年は特に強く“ひとつのこと”に集中して結果を出していこうとしている」という強い意味です。

あなたが持つ好奇心の力は強く、「ただ目の前にあることに集中する」というのがちょっと難しいのです。あなたがすごいのは、周りの人から見たら「遊んでいるように、そして戯(たわ)むれているかのようにやっているけど、実はものすごく没頭している」という集中力の出し方をすること。

あなたは外から見るとちょっと「フラフラしている」ように見えることがあるのですが、これはしょうがないのです(笑)。あなたは個体ではなく「水の流れ」みたいな人だから、「やりたいことをひとつにまとめなさい」というのは、そもそも無理な注文。「フラフラして勝手におもしろいものを発見してくる」ということがあなたにしか持てない武器です。

でも、そんなあなたがこの下半期に「結果をひとつに絞ろう」としています。「手に入れる」という本気モードのギアを上げ始めています。あなたから出ているオーラの色では茶色が「たしかな結果を残す。手元に残る」というものを表しているのです。

そして、①の「結果を出す」という動きを補強するものとして②の「結果を出すために自分のやるべきことに集中する」という水色も出ています。

この水色にも「とりあえずひとつのことで大きな結果を出していくために優先順位を定める」などの意味があります。

もう少し詳しくあなたにとっての2016年下半期がどういう流れになるのかを一緒に見ていきましょう。

なぜ今のあなたは「ひとつの結果」に
集中し始めているのか?

先ほどもお伝えしたように、この2016年の下半期のあなたには「結果を絞って、今の自分がいちばん大事にしていることで結果を出していく」という後押しがあります。そういう意味で今年はひとつの集大成になるような年になると思います。

そのうえでまず気になるのが「本来いろいろなところに気が散るあなたが、なぜ今は結果を絞ろうとしているのか?」ということについてお話ししていきたいと思います。

魚座のフリースタイル

私が普段から12星座の週刊占いをしている時もそうですが、魚座って動きがかなり自由です。この自由さを私は「魚座のフリースタイル」と呼んでいますが、この星座の人だけは「読めない」という魅力がたくさんあります。

ほかの星座の人だったら「先週は忙しい日々が続いたから、今週は少しゆっくりしたい」と、行動が大体一本の線でつながっています。

でも、魚座はその動きが常に突然なのです。「気が向いた!」「急にやる気が出た!」「突然動き出した!」という衝動によって動きます。「あ! おもしろい!」という具合ですね。

これはあなたには原始人的なところが強く残っていて、それは現代人のように「頭で理屈を理解する」ということにあまり関心がなく、行動やフットワークの軽さ、つまり「とりあえずやっちゃう」というほうに原点が強くあるからだと思います。きれいなものがあったらとりあえず近づいてみるという感覚です。

ですから、あなたは「前もって、事前に資料を完璧にそろえる」ではなく、「現場にとりあえず行ってみて何とかする」というやり方のほうを好みます。なぜそういうやり方をするかというと「事前に資料を読む」って、あまりおもしろい動きがないからです。あなたは自分が生きる世界に対して、ライブ感を求めるし、ライブのようなさまざまな“動き”を求めます。

「ライブ」という言葉が出たので、ここから説明すると、音楽をやっている人がよく言う「ライブが最高」という台詞がありますね。これってやっぱりライブは毎回お客さんの反応が違うでしょうし、会場の雰囲気も違う、自分が出せる調子も「その日限り」という、“いろいろな動き”によって成り立っているからだと思います。

あなたは行動を起こす前に周囲が心配するほど、あまり事前の準備をしないし、もっと言うと「こうするとうまくいくよ」という人の話もあまり聞きません(笑)。

「とりあえず楽しみだから行ってみる。あとはその場所で用意していく」

という考え方の持ち主なのです。

ほら、よく心理テストであります。無人島に何を持っていくかとかそういう質問。でもあなたは無邪気に手ぶらで無人島に行ってしまって、そこにすむお猿さんと仲良くなってしまうという離れ技を持っていたりします。その性質はあなたが旅行に行った時にも生きてきて、ローカルのおばちゃんやおっちゃんたちと仲良くなったりもできます。それで「事前の観光情報には載っていない、ローカルが知っているいちばん素敵な情報」を聞きだすこともできるのです。それは無邪気なあなたにしかできない技なのです。ほかにもあなたには「英語はうまく話せないけど、なぜか外国の人と親友になっていた」というミラクルもありえる人なのです。

このようにあなたは「何も決められておらず、自由にやっていい」という環境で実力を発揮します。勝手に動いて勝手におもしろいものを発見してくるという「フリースタイル」にすごく大きな適性があるのです。

あなたが苦手なもの

逆に言うと、あなたが苦労することや苦手なことは、人間界にある「暗黙のルール」や緊張感です。

「いつも、常に」あなたの自由行動っていわゆる社会生活では認められない部分もあります。社会生活では「常識」があり、ありがたくもお節介な「こうするとうまくいくよ」と教えてくれる、つまりあなたを枠の中に入れようとする人のほうが多いです。あなたはそういうのが正直苦手なのです。

つまり、人間界にある「こうすればいいよ」という暗黙のルールについても、たとえ「それをするとうまくいくよ」と言われたとしても「いや、私の自然ルールがいい」と急に頑固になってしまうところがあります。

「関わりたい」と強く願ってきている

2016年の上半期占いでも触れたのですが、あなたは「自分の立場を固定されること」を苦手とします。枠の中に収まっているということが性に合わないのです。ちょっと前回の2016年上半期の文章を引用します。

あなた自身も「自分は○○をやっている人間だ」という固定した肩書きを持つのがどうも苦手というところもあります。だから、前述の「え、何をしている人なんですか?」と聞かれた時にちょっと一瞬、戸惑って「あー、一応○○をやっています」と戸惑った感じで答える魚座の人たちって多いのです。しつこいけれども、それだけ自分を何か「固定」したくないのです。流動的な自分でいたいという本能のようなものがあるのです。

その「役割を固定されたくない」という本能ってさまざまなところで発揮されるから、あなたはよっぽど仲が良くて、「この人たちなら私が何を喋っても気にしないで楽しんでくれる」という人以外の人間関係とは少し距離を取る傾向もあります。

なぜなら、あなたが本音で自由に喋った時に「え、なに言ってるの?」という表情をされることもあるから。

だからあなたは「自分の自由が守られる範囲で、できれば集団行動ではなくて個人行動に徹する」というやり方を好むのです。

でも、この下半期にあなたから出てきている強い願いというのは「人と関わりたい」というものでした。

第二のふるさと計画

どうやったらその「人と関わりたい」というあなたの願いを叶えていくことができるのか?これ、ちょっと大事なことを言いますよ。

遊びで構わないから、あなたはこの下半期に「第二のふるさと計画」を立ててみてください。これは本当にどこでもいいのです。海がきれいなところでもいいし、食べ物がおいしいところでもいいし、「まだ行ったことはないけど、いつか行ってみたい!」と願う場所でもいいです。

なぜ「人と関わる」という願いを叶えるために第二のふるさと計画が出てきたかというと、あなたの魅力って「大好きな場所、大好きな人、大好きな空気」を感じている時にいちばん強く表に出ているから。

あなたの魅力って、いわゆる都会的な「こういう場面ではこういう振る舞い方をするのが適切で、魅力UP!」というルールに縛られたものではありません。「空気を読むのではなく、空気を読まない」のがあなたの最大の魅力であり、そういうあなたのスタイルを受け入れてくれる場所が「都会」ではなくて「第二のふるさと」なのです。

だから簡単。「私の故郷はあそこだ」と思って、「今ある生活」は出張みたいな感じでやるといいですよ。そして、あなたが日常生活の中で会う人にもあなたが大好きな世界について教えてあげてください。大好きなものについて話しているあなたの表情って本当に素敵なのです(笑)。そういう時のあなたの瞳のなかにはきれいな海とか、きれいな自然があるのです。

あなたはこの2016年下半期、大好きなものをまっすぐに追います。テクニックではなく、あなたの真剣を見せていけば大丈夫です。はじめからうまくいく人、ミスを起こさない人なんていません。そのたびに諦めないこと。立ち上がること!

恋愛運はどうなる?

自分の好きに嘘はつかないで

もともとあなたが持っている恋愛感覚ってかなりアーティスティックです。あなたは相手に対して「何をしている人なのか」「どこに住んでいる人なのか」など、そういうステータスの話ではピンときません。

音楽をやっている人などアーティストの例えを出したいのですが、アーティストの人たちにももちろんお買い物をしたり、みんなでごはんを食べたり、関係者の人と打ち合わせをしたり、そういう「普通の人としての顔」があります。でも、ステージに立ったその瞬間に顔つきやモードが変わります。

あなたはそういう「普段の顔から、その人が命を賭けているぐらいに大好きな世界で変わる顔つきの変化」に弱いところがあります。

もっとシンプルに言うと、普通に会って話しているけれど、あなたは「あ、この人は普通の人じゃないな。おもしろい人だな」という“おもしろアンテナ”に引っかかる人を好きになります。

だから、もっと人を好きになっていくために、会った人に対して「今なにをやってみたいですか?」とぜひ聞いてみてください。「今年行きたい場所は」などでもいいです。重要なのは「ここではないどこか」に行った時に目の前にいる人がどういう表情を見せるか。それを想像するだけであなたはうれしくなります。「ただ真面目にやる」ということではなく、「人生は楽しむためにある」というありがたい教えを、あなたは人に対して教えてあげてください。

先ほど挙げた「第二のふるさと計画」もいいですよ。大好きな場所があって、「いつかそこに移住する」ことを目的として今の生活をしている。そんな「イメージ」を持つと、「好きなことを目指している」というあなたの野性のフェロモンに火がついて、「一緒にやっていきたい」という人を惹きつけていきます。

時期別で言うと、もう7月に入る前からあなたの恋愛面でも「好き!」に向き合う流れは始まっています。特に7月で、あなたは自分の「ただ楽しむ」という姿勢を見直します。

「何かを手に入れるためには、それなりの準備や対策が必要なんだ」

ということをかなり真剣に考えていきます。もちろん、そんなに深刻には考えないで、気になった人には先ほど話した「今なにやってみたい?」「今年なにやってみたい?」ということを聞いてみてください。この流れは8月、9月まで続きます。

ちょっと様子が変わるのが10月に入ってからです。この時期からあなたは「自分が真剣に向き合っているもの以外はどうでもよくなる」というぐらいに強い迫力を出していきます。だから、「いい加減なもの、いい加減な自分」を許せなくなったりします。注意点として、この時期に付き合っている方やちょっといい感じの人がいたら、その相手が自分の要求に100%応えてくれるそぶりを見せないと、あなたは関係を「切ろう」としてしまいます。

もちろんその時になってみないと「切ったほうがいいのか、切らないほうがいいのか」ということはわかりませんが、一応そのことは頭の片すみに置いておいてください。

11月、12月になると落ち着きと、本来あなたが持っている「ニコニコした平和主義」の部分を取り戻していきます。

恋愛運全体として「何かを手に入れるためには、それなりの準備や対策が必要なんだ」

という言葉は覚えておいてください。「うまくいけばいいや」ではなく、自分が好きになるものに対しては、自分もそれなりの誠意と礼儀と準備を見せること。

月ごとのアドバイス

July 7月
7月

ただ楽しむという姿勢ではダメなんだ。
本気で挑む

7月に入り「流れが変わる。本腰を入れていく」というターコイズが出ます。いつものあなたなら「遊びで」「自分が楽しむために」という姿勢から、この時期になって「私も、手に入れよう」という強い野心が出てきます。

「どうせ楽しむなら、とことんまでやりたい。結果も出したい」という情熱の部分にも火がつくのです。

あなたはよく「おっちゃんやおばちゃんから好かれる人」でもあるのですが、そういう人っていつもほがらかでニコニコしています。「あ、この子はいい子なんだろうな」ということが、ある程度人生経験を積んできた人にはわかる。

あなたはこの時期から多少自分の「ニコニコ」要素を封印し、「ほしいものを獲りに行く!」という迫力を持つようになっていきます。

August 8月
8月

真剣に楽しんでいる

8月に入り「やるべきことへの集中を切らしていない」というネイビーと、「楽しむために」という黄色が出ます。7月から続いて、あなたは「ただ楽しめばいい」という姿勢ではなく、真剣に「手に入れる」という結果にこだわります。その姿勢が8月も継続されます。

ここでのあなたも、好きなことに関して「後でやればいいや」というテキトーな姿勢ではありません。

フィーリングや「気が向いた時に動く」ということをしないで、仕事でもプライベートでも「よし、ここまでやってきた。念のため今晩もう1本だけメールを入れておくか」という、「詰めていく」という作業を行います。

September 9月
9月

ほのかな情熱

9月に入り「好きなことをもっと追っていきたい」というやわらかい赤が出ます。この時期、あなたはさらに「大好きなものと共にいる」といううれしさをかみしめていきます。

好きなものを追っている時って、自分が好きなものに届いていかない悔しさも感じてしまうこともあります。これが「好きでもなく、嫌いでもなく」というものだったら、別に自分が納得できるパフォーマンスを発揮しなかったとしても「まあ、一応これをやれと言われましたからね」という言い訳で済ましてしまうこともできます。

でも、「好き」になったら自分に嘘はつけません。うまくいかなかったら悔しいし、うまくいったら本当にうれしい。

自分をごまかさず、好きなものを好きであり続けること。そして力の限り追い続けること。

October 10月
10月

軌道修正

10月に入り再び「もう一度ちゃんと押さえるところを押さえる」というネイビー。そして「楽しむために」という黄色も出ます。ここでも「好きなものと一生懸命向き合っている」という路線は変わりません。

そしてこの10月には本気で悩むことも出てきます。ただ、恐れないでください。

9月に「好きになったら自分に嘘はつけない」と言いました。「好きに真剣」になっていけばいくほど、「こんなことをやらなければよかった」としんどくなる時もあります。例えるなら、それは趣味でやっていた世界がプロの世界になるのと同じしんどさです。

プロとなったら結果を出さなければいけない。「うまくいきませんでした」とは言えない。今ある自分のパフォーマンスをいつも全力で発揮していなければいけない。

でも、この時期あなたは負けません。勝ちます。「おもしろい。やってやる」と強気で思ってください。

November 11月
11月

プライド

11月に入り、赤の「プライド」というエネルギーが強く出ます。これまでの流れを見てきてもそうでしたが、ここまでのあなたは「手に入れたい」と思うものに対してずっと真剣で、手を緩めていません。「真剣だから、プライドも出る」というのがこの時期なのです。

変なアドバイスに聞こえるかもしれませんが、あなたは時々怒ってもいい人です。というのは、いつもニコニコしているのはあなたの本当に素晴らしい個性なのですが、ずっと同じ表情だとあなたは周りにとって「おもしろい人」「良い人」という扱いを受けすぎてしまうから。

自分が真剣にほしいもの、追求したいものを追っているのならば、失礼なことや誠意のないことをされたら「いや、これおかしいですよ」とたまには言いましょう。もちろん「無理やりどこかで怒ってくださいね」というわけではないのです。

「自分の言いたかったことをごまかさずに正直に伝えてみる」って、思った以上にスッキリするはずですよ。

December 12月
12月

飾らない自分で

12月に入り、「自分に嘘をつかないで、好きなものを追い続ける」という水色が出ます。

今年、走り抜けたと思います。今年のあなたのなにがすごかったかって、自分に嘘をつかなかったことです。「ここで手を緩めたら絶対に後悔するだろうな。うまくいかないかもしれないけど、ここは勝負に出る!」と、そういう姿勢をずっとキープしてきました。

好きなことに対しても、ずっと真剣に戦い続けるって疲れます。でも、そういう“自分だけの意地”を通してきた結果、この12月にあなたはすごくいい表情をしているのです。

「自分に嘘をつかなかった人」って顔に出ます。気を遣う笑い顔でもないし、みんなにわかってもらおうとする恐い顔もつくりません。自然体のままで美しい顔つきをこの時のあなたはしています。

しいたけからの
魔法のメッセージ

「大好きと共にあること!」。2016年の下半期はこの言葉に集約されます。この言葉はシンプルであるからこそ難しいし、そもそも「好き」ってうれしいことでもあるし、苦しいことでもあります。だって、「好き」になったものから目をそらすことなんてできないから。今年はとことんやってください。とことん「好き」に向き合ってください。そして必ず手に入れてください! あなたが好きなものを。

2世モデル、カイア・ガーバーがマーク ジェイコブスの人気フレグランス「デイジー オードトワレ」のミューズに就任。話題のガールを独占取材!
BEAUTY

2世モデル、カイア・ガーバーがマーク ジェイコブスの人気フレグランス「デイジー オードトワレ」のミューズに就任。話題のガールを独占取材!

今年で10周年を迎えたマーク ジェイコブス「デイジー」の新ミューズに抜擢された、シンディ・クロフォードの長女、カイア・ガーバーに独占取材。デイジーの撮影裏話から、気になる親子関係、将来の夢までさっそく質問!

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。
FASHION

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。

おめかしをするときのハッピーな気持ちを詰め込んだストーリーに、女優・高畑充希が初登場。相棒の“ブル”といっしょに訪れたレトロなビューティパーラーを舞台に、プレイフルで小粋なグッドガールスタイルを披露。

FromVOGUE