本文へジャンプ

ナビへジャンプ

山羊座

山羊座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。いつもしいたけ占い、そしてこの下半期や上半期を待っていてくれてありがとうございます。この原稿を書くのはみなさんの1年間をいちばん近くから見られるようで僕にとってもすごく素敵な時間ですし、特別な時間です。今後はVOGUE GIRLさんを通じて原稿だけではなく、みなさまと接する時間を作っていきたいので、どうかそのときもよろしくお願いいたします。

2016年下半期、山羊座は
自分ひとりの空間から、
みんなの元へ帰る

2016年下半期の
運勢は?

慎重なあなたからノリの良いあなたへ

2016年の下半期にあなたから強く出ていた色が大きくふたつあります。

オーラ
  • 1

    「結果を出していく」「覚悟が決まる」という茶色

  • 2

    「夏を楽しむ」ターコイズ
     

まず①の「結果を出していく」「覚悟が決まる」という茶色ですが、この2016年下半期のあなたは「結果を出していく」ということに対してかなり強気の姿勢を持ち始めます。

普段のあなたには遠慮があります。「5の結果を出すのに、10の努力をしたい」という慎重さ。本人としては「徹底的にやって結果を出したい」という気持ちですが、時々周りからは遠慮や謙遜をしているように見えるのです。

あなたは要領よく生きられるタイプの人ではなく、「愚直で、不器用」という面をかなり強く持っています。だから、「結果を出すのに効率よくうまくいくやり方」ということを知らないのです。ただ全力で向き合って、自分にできることをする。

でも、そこで不思議なのが山羊座って人生で何度か「私はこれがほしい!」と自分が手に入れたいものを明らかに宣言する時があるのですが、それ以外の場面では後ろのほうに隠れて遠慮していることが多いのです。

でも、この2016年下半期には「私はこれがほしい!」「私は○○を手に入れたい!」という希望を前に出していくのです。

そしてもうひとつ、②の「夏を楽しむ」というターコイズですが、これは実際の夏というシーズンというよりは、あなたの体の感覚が冬から夏になる感じなのです。

山羊座って冬の星座であるから「慎重」や「準備」や「備蓄」など、そういう「動かないで自分を守る」ことを普段は重視しますが、今のあなたの体の感覚って夏なのです。夏の感覚って「服を脱ぎ」「何もさえぎるものがない太陽の下」「海に向かって走っている」というイメージです。冬と真逆ですね。そう、あなたはこの下半期に自分の欲望や欲求に対しても「そのまま楽しんでしまおう!」と思い、普段のあなたが持っている「慎重」という鎧を脱いでいくのです。

「家に帰って寝たい」という性質

少し下品な言い方に聞こえるかもしれませんが、今年の下半期のあなたは自分が抱く欲望に対してとてもストレートになっていきます。そしてすごく素直になっていきます。つまり、今から先のあなたは「遠慮」をしない、状況的にできなくなってくるのです。

もともと持っているあなたの性質としては、

「求められることには全力を尽くすけど、いちばん大事なのはお家に帰ってゆっくりすること」

ということ。あなたはほかの人が参ってしまうぐらいのハードワークに耐えることができます。長く戦い続けなければいけない場面においても、知恵を出し、ユーモアを出し、みんなを励まし、率先して苦労を背負ったりもします。苦労を背負ったとしても、あなたはそれをほかの人の前では絶対に見せないようにします。

そんな「ハードワーク向け」のあなたですが、唯一「とにかくお家には帰らせてください」という時間を必要とします。あなたがどんなにハードなことでも乗り越えられるのは「お家に帰ってゆっくりするため」なのです。

そこでひとつ問題が出てくるのですが、あなたには「家に帰れなかったらどうしよう」「ひとりの時間を持てなかったらどうしよう」という恐怖心があるから、人との関わり方がどうしても“ビジネスライク”になりがちなのです。

それはあなたが持っている「誰かと深く付き合ったら、その人の人生に対して私が責任を持たなければいけない」という性質にも原因があって、あなたには「深く付き合うし、求められる期待には応えるけど、べったりとは付き合いたくない」という人間関係のルールがあるのです。だからあなたはデートで、せっかく良い展開になったとしても「あ、じゃあ私、明日早いから帰るね。バイバイ!(家に帰って昨日の続きの本をゆっくり読みたい)」ということをします。

「とにかくなにがなんでも自分がゆっくりするプライベートの時間を確保したい」

という「帰りたい願望」は常にあなたの中にあるのです。

2016年下半期、前に出てほしいものを
宣言していく

でも、そんな「じゃあ用があるから先に家に帰るね!」というあなたが「みんなと残り、みんなと一緒に結果を手に入れていくことにこだわる」という姿勢を下半期には強く持っていくのです。

もっとシンプルに言うと、この下半期にあなたが帰る場所は「自分のお家」というあなたひとりの空間ではなく、「みんなの元へ」ということになっていくのです。

なぜそうなってくるのか? それはあなたなりの変化をここ数年間でやってきたからだと思います。

あなたはもともとプロフェッショナルな人です。「自分にできることを、期待されたことを、必ず結果にして出していく」という精神があります。強制されたことはやりたくないけど、自分で決めたことに関しては、どんなことをしても結果を出すというプロ精神が強いのです。

その「期待されたことに確実に応えていく」ということが日々請け負うミッションだとすると、あなたはそのミッションに応えるため、体力や気力を回復をさせるために「自分の基地」、たいていの山羊座がこの基地はお家になると思うのですが、そこに帰りたがるのです。

つまり、あなたが自分のお家に帰るということは、自分のコンディションの調整のために必ず必要な行為だったのです。

でも、この下半期のあなたは「みんなの元へ」帰ろうとしていて、それはあなたが長く「ひとりのプロとしての時間」をやってきてちょっと寂しくなってきたから。もうひとつは、いくつもの試練をひとりで乗り越えてきたプロとしてのあなたの本能が「みんなと一緒にいること。みんなの元へ帰ること」を求めているのです。

ターコイズ色が発する
「裸の自分になりたい」
というメッセージ

ここで「解放」を表すターコイズ色が重要になってきます。この下半期、ひときわ強くあなたの体からターコイズのオーラが出ているのです。

ターコイズって南国の色です。南国をイメージしてもらえるとわかりやすいのですが、南国ってあまりスーツを着て歩いている人っていないでしょう? あたたかい風が吹き、気候も穏やかで、波の音が聞こえて、海に向かって落ちていくサンセットの色は芸術品のように素晴らしい。

そういうシチュエーションが周りにある時って、普段の自分の緊張感が薄れていきます。そして人目を気にすることなく、自分の正装はビーチサンダルにTシャツという具合になるのです。

あなたはこの2016年下半期で「これまでいろいろなことをやってきた自分」から、もう一度、裸の自分に戻ろうとしています。

・「後でやればいいや」と思って後回しにしてきたこと
・「明日の準備があるから早く家に帰りたい」と思うこと

そういう、常に「目の前のことに追われている」という自分からちょっと距離を置き、自分がやりたかったことを結果については度外視してやっていこうとしているのです。

だから、今年はちょっと遊びましょう。

後でまた書いていきますが、今年の夏を楽しんだら、すぐにまた「来年の夏はどこに行こう?」「この秋に絶対私が行きたいところ!」など、「ここに行ったら私は解放されるだろうなあ」という景色が想像できる場所をピックアップしておいてください。

忙しさや悩み事に深く入り込みすぎず「楽しむために生きている」と思ってもらって大丈夫です。OFFで解放されるため、ONの時間をあなたは頑張り抜くのだから。

ノリで生きてきた自分を取り戻す

はじめにお伝えした「覚悟を決める」という茶色のオーラを思い出していただきたいのですが、あなたはこの下半期であらためてどんな覚悟を決めるのでしょうか? それは、

「慎重になってあれこれ準備をせず、ノリでやってしまうこと」

なのです。「できるかな? 私」ではなく、「私はできる!」と言い切ってしまう。

あなたがする覚悟とは「逃げ道を用意せず、今を徹底的に楽しんでしまう」ことです。

もともと、これまでのあなたを作ってきた歴史って「暴走の歴史」です。思いついたことを誰にも相談しないですぐにやってしまう。後から周りの人に「私、これやることにしたから」と宣言してビックリされる。事後報告人間。

あなたはそれでいいのです。大事なことは相談せずに決める。「あ、私やれる!」と勝手に確信したことに向かって暴走していく。

あなたはどんなに大人になっても「おとなしく」なんてならない人。自分が愛するもの、愛する世界のためにひと肌脱ぎ、途中途中で「なんでこんなシンドイことやってるんだろう」と悩みながらも、「私しかできないんだからしょうがない!」と明るく笑い飛ばしてしまう。

普段は前に出てこないけど、あなたはみんなを支える明るい太陽のような人です。

だから、その「熱量」をこの下半期は「自分が楽しむため」に使って!

あなたがこの下半期に気をつけること

変なアドバイスになってしまいますが、あなたはこの下半期は落ち着かないでください。

「家に帰ってゆっくり態勢を立て直して対策を練る」

という慎重な姿勢を取っていると、あなたの目の前にやってくるいろいろなチャンスを逃してしまうから。

「今日も楽しみ、明日も楽しむ」

という一種の“お祭り”のような気分でいてください。冷静になってしまったら「ノリ」って生まれません。良い暴走って生まれません。あなたは良い暴走の風に乗った時に、奇跡を起こしていく人なのです。

今年の下半期は特に「濃密な時間」や「ハードワーク」が予想されるので、体力の管理は自分なりにしておいてください。「なんでもかんでもノリで引き受けたほうがいい」という極端な話ではなく、休む時は休む。無理な時は無理と受け入れる。ただ、基本「暴走はしてもいいよ」と自分に許可は与えておいてください。

あなたがする暴走というのは「私がリミットを超えることで、世界がもっとおもしろくなる!」というみんなのための暴走です。

恋愛運はどうなる?

この夏、最高にはじける

もともとあなたが持っている恋愛感覚は、実は「ノリ」なのです。これは恋愛以外でもそうなのですが、アブノーマルでも何でもなくて、あなたは自分の奥底に「壊れたい願望」のようなものを持っています。

あなたには常に「昨日から続く今日のパターンを壊したい」という気持ちがあります。あなたが長くひとつのことに集中して取り組んでいくというのも、それは「今日になって昨日まで続いてきた自分のパターンを壊したいから。新しいパターンを発見していきたいから」という理由が裏側にあるのです。

だから「自分の今までのパターンを壊してくれる」という意味で、山羊座の人の恋愛に対する関心ってすごいのです。

山羊座の人の恋愛って大きくふたつに分けられて、ひとつは「年齢が若い時に“この人おもしろそう!”とノリで発見してそのまま付き合ってしまう」というパターンと、もうひとつは「いろいろなことを経験し、自分の観察力も増してきて、“この人と一緒にいると新しい景色が見られるかも”とじっくり選んでいくというパターンですね。

ひとつアドバイスとして、あなたは「観察する」という方向に重点を置きすぎると、恋愛というよりは「調査」のようになってしまいます。

あなたには学究肌とも言える、研究心があり「興味を持ったものをひたすら追いかけて調べていきたい」というところがあるのです。

でも、そういう「観察」「調査」だと、恋の熱量が生まれません。

恋の熱量が生まれるためには、ぜひともあなたのなかに眠っている「ノリ」の力を取り戻していく必要があるのです。

時期を見ていくと、2016年の7月、8月はとにかくスタートダッシュが大事になります。この2016年は夏があなたの味方をしてくれるからです。あなたは今年「慎重なあなた」ではなく「大胆なノリを取り戻していくあなた」になります。あれこれを考えるのが面倒くさくなって「とりあえず行ってから考えよう」など、そういう“ノリの行動”を取り戻します。「先に考えすぎないこと」。これが7月、8月における恋愛のアドバイスになります。

そして9月になった時は「ハードワークの合間にゆっくりする」ということが重なります。この時期にもアドバイスがあるのですが、この時期に「来年の夏は何しよう?」と計画を立ててください。

あなたは自分が追求している以外の世界、つまり人間関係や恋愛関係で、ある種淡泊なところもあるのです。「ここまで楽しめたからもう十分。家に帰ろう」と思うところですね。でも、その淡泊さを今年はできれば禁止してほしいのです。

来年も一緒に楽しみたい

そういう願いをあなたの目の前にいる人に伝えてほしいのです。

10月、11月になるとプライベート運もさらに上がります。行けるところまで行ってください。あなたが知らない世界を見せてくれる人を大切にしてください。そして「これから先もあなたと一緒にいたい」と伝えてみてください。

12月は燃料切れが起こる時でもあるから、ちょっと恋もひと休み。

あなたの2016年下半期の恋愛。夏を中心に動いてください。「夏が終わったらおしまい」という意味ではなくて「来年の夏は何したい?」という楽しみの計画を立ててください。あなたはこの夏最高にはじけます。

月ごとのアドバイス

July 7月
7月

必要とされる

7月に入ると「人間関係」を表す緑色と「ハードワーク」を表す赤が出ます。この時期に「濃い人間関係」があなたに訪れます。

いつものあなたのように「じゃあここまでやったから帰るね!」ではなく、もう一歩踏み込んで、この時期に仲良くなる人と深く付き合ったほうがいいです。

と言うのは、この時期に出会う人間関係ってチャンスなのです。あなたの下半期全体のオーラでターコイズが出ていたのですが、これは「夏を楽しむ!」という色。実際に7月、夏に入っていって、あなたはこの時期に「いつも着ていた冬の鎧」を今年は脱いでいくのです。

あなたがこの夏に出会い、仲良くなる人たちって、あなたが想像する以上にあなたのことをわかってくれます。だからあなたも明るく前へ一歩踏み込んで!

あと、この時期はお仕事などでも「周りにいる人から必要とされる」という濃い時間になっていくと思うので、体調管理に気をつける、頑張り時です。

August 8月
8月

自分のこれまでを振り返る。
そしてこれからを見つめる

8月に入り「ひと息ついて今の自分を整理する」という青が出ます。7月は濃い人間関係だったし、やらなければいけない内容もハードワークだったこともあり、この時期にひとりの時間を必要とします。

この夏はお仕事でもプライベートでもあなたは「誰かに強く必要とされる」という激しく、そして濃い時間を過ごすので、ちょっとひとりになりたい時間も出てきます。あなたは慎重な人だから「今やっていることは正しいのか?」とひとりで整理する時間も必要なのです。

もっとも、ここまで話してきた通り、「完全にひとりの時間に帰る」ということはしません。2週間に1度ぐらいはひとりの時間に帰るけど、それ以外の時間は「みんなの元へ帰る」というイメージを持っていてください。

September 9月
9月

再び必要とされる。ハードワーク

9月に入り「やるべきことがいっぱい」というネイビーと、「ハードワーク」を表す赤が出ます。新しいことにも挑戦していきます。

はい、忙しいです(笑)。

ただ、この時期にできれば体を動かしてみてください。あなたは時々「とにかく頑張らなければいけない」という密閉された空間に入りすぎてしまうことがあります。「これが終わればゆっくりできる」という気持ちがあるから、自分の中でストレスになっているような問題にも「徹底的に目をそむけないで、一気に解決していこう」と思うからです。

だから、少し郊外に行ってみたり、普段なら行かないような街を散策してみたりするのはすごくおすすめです。

ちょっと濃密な時間が続くので、そういう意味でも時々日常生活から離れ、風を感じてみてください。いつもの街とは違う空気を吸いに行ってください。

October 10月
10月

軌道修正。プライベート運が良い時

10月に入り「プライベート運が良い」というターコイズが出ます。この時期のあなたは癒やされます。助けられます。力になってくれる人が出てきます。

この時期になると「仕事とプライベートが両方濃密で怒涛」という時間にも慣れます。いつものあなたのように「もうちょっと心の準備が必要」と慎重な態度はとらずに、「とりあえず今ある条件でやっちゃえ!」と行動します。

「とにかく何も考えずに、自分にやってくるものは縁だと思って、思いつきでやっていってしまう」

不思議とそういうあなたを応援してくれる人たちにこの時期は囲まれます。

November 11月
11月

両立

11月に入り、あなたから「守っていきたいものがあるから手を抜かない」というネイビー、そして「プライベートでも仕事でも人に助けられる」というターコイズが出ます。

忙しい日々は続くのですが、あなたは「ひとりの時間」にはあまり帰らないようにしています。「私が関わる人たちは、みんな私の家族なんだ」と思って、分け隔てなくみんなに喜んでもらおうとしています。

みんなに助けられる自分が好き。そして私もみんなが好き。だから私はみんなを守りたいという気持ちがこの時期に強まります。

「責任」を表すイメージが光る時でもあるので、この時期に大きな選択や大きな決断をしていく人も多くいます。

December 12月
12月

余暇を持つ

12月に入り「余暇を持つ。ゆっくりする」という水色が出ます。今年の下半期ははっきり言って濃密です。だから、12月にたどり着いただけで十分です。体力的に余裕がなくなっている人も多いと思うので、できればこの12月だけは「余裕を持って、ゆっくりする」という目標を持ってください。

次に向けての準備もそれは来年の2017年に本格的にやっていきましょう。とにかく気を抜いてしまって好きなことをすること。

しいたけからの
魔法のメッセージ

この2016年にあなたが出会う人、縁を深める人、その人たちをあなたは全員“家族”だと思ってください。あなたはプロフェッショナルな人です。だから、みんなのために全力を尽くした後、ひとりで自分の巣に帰ろうとしてしまいます。でも、あなたが帰る場所はひとりの場所ではなく、みんながいる場所です。あなたがいるおかげでみんなが笑顔になるのだから。だから、もっとリズムに乗って、前に出て、楽しんで! あなたのことをみんなが待ってるよ。

2世モデル、カイア・ガーバーがマーク ジェイコブスの人気フレグランス「デイジー オードトワレ」のミューズに就任。話題のガールを独占取材!
BEAUTY

2世モデル、カイア・ガーバーがマーク ジェイコブスの人気フレグランス「デイジー オードトワレ」のミューズに就任。話題のガールを独占取材!

今年で10周年を迎えたマーク ジェイコブス「デイジー」の新ミューズに抜擢された、シンディ・クロフォードの長女、カイア・ガーバーに独占取材。デイジーの撮影裏話から、気になる親子関係、将来の夢までさっそく質問!

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。
FASHION

レディに変身! 高畑充希と過ごす、おめかしタイム。

おめかしをするときのハッピーな気持ちを詰め込んだストーリーに、女優・高畑充希が初登場。相棒の“ブル”といっしょに訪れたレトロなビューティパーラーを舞台に、プレイフルで小粋なグッドガールスタイルを披露。

FromVOGUE