本文へジャンプ

ナビへジャンプ

牡羊座

牡羊座のみなさんへ

こんにちは、しいたけです。いつもしいたけ占い、そしてこの下半期や上半期を待っていてくれてありがとうございます。この原稿を書くのはみなさんの1年間をいちばん近くから見られるようで僕にとってもすごく素敵な時間ですし、特別な時間です。今後はVOGUE GIRLさんを通じて原稿だけではなく、みなさまと接する時間を作っていきたいので、どうかそのときもよろしくお願いいたします。

2016年下半期、牡羊座は
「予測ができる私よりも、
予測ができない私でありたい」

2016年下半期の
運勢は?

未来へ、前へ進んでいくための力が
結集している

2016年下半期のあなたのオーラは3つの色によって形作られています。この3色はそれぞれ持つ意味は違いますが、同じ方向を向いているのです。つまり、それぞれの色が「前に進むあなたをサポートするための力」として出ています。この力は「とにかくやってみたい。新しいことにチャレンジしたい」という気持ちがあなたのなかでとても強くなっていることを表しています。

  • 1

    頭のあたりには「なんらかの決定や決断がある状態」という鋭い水色

  • 2

    肩や胸など上半身からは「私はこうしていきたい」というスタイルが決まっていくという意味がある赤

  • 3

    腰から下の下半身からは「具体的に新しい流れを自らの手によって作っていく力」の茶色

まず①の「何かの決定や決断がある状態」を表していた鋭い水色について説明したいのですが、これは先に結論を言うと2016年下半期のあなたは「私に新しいことなんてできるかな?」という迷いの段階にはいません。「新しいことにチャレンジしていくのはもう決まっている。あとはそれをどう具体的にやっていくか」「もう今の生活の延長線上にいる私は想像ができない。今、目の前にしているものはすでに“過去”になりつつある」という気持ちでいます。「新しいことへのチャレンジ」についてのアドバイスはまた触れていきたいと思います。

そして続いて②の「私はこうしていきたい」というスタイルを表す赤ですが、これもオーラの色としては激しい色のひとつです。赤はすでに燃え上がっているという状態だから「よし、やっていくぞ」という気持ちがすでにあなたのなかにあるし、もっと激しい言い方で言うと、あなたは自分の可能性に対してある種の戦いを挑もうとしています。今のあなたの心境を台詞で表すと以下のようになるのです。

「私は予測ができる場所よりも、
予測ができない場所にいきたい。
予測ができる私よりも、
予測ができない私になりたい」

「未来がわからない」って、多くの人にとって怖いものとして感じられるけど、あなたは今「見てみたい!」「やってみたい!」「会ってみたい!」という好奇心を強く抱いています。あなたはこの2016年の下半期で、誰にも真似できない自分というスタイルを作っていきます。

そして③の「具体的に新しい流れを自らの手によって作っていく力」という茶色なのですが、あなたは「自分の新しいスタイルを作っていく」ともう決めている状態です。

「古いままの自分ではもういられない。怖がる必要は何もない。私は変わる」

「もう、前に進んでいこう」

2016年の下半期、あなたの言葉はとてもシンプルになっていきます。でも、その言葉は「実際に行動に移している人にしか言えない台詞」として、とても力強いものとして表されていくのです。

だから、この下半期のあなたにまずお伝えしたいこととは「弱気にならないで」ということ。もちろん、細かい好・不調の波はあるし、弱気になってしまうような出来事も起きると思います。でも、そういうことが起きた時にも「私は弱気にならない。これぐらい大丈夫」と大きく構えていてください。この時期のあなたは多少のストレスやプレッシャーをはねのけていきます。「恐れ」という感情は「好奇心」によって克服できます。好奇心は恐れよりも強いのです。想定外のことが起きた時こそ「なになに? こんなのはじめて! 新しい体験になる」という言葉に置き換えてみてください。

結果がわかることを
わざわざやりたくない

2016年の下半期であなたは「結果」を今まで以上に強く自分に求めていきます。結果を求めていくとき、あなたには大きく今までの自分とは違う感情や感覚が出てきます。

① 人間関係で苦手な人や「もうこの人(たち)のために頑張らなくていいや」という「もう受け入れられない」ものが出てくる。

② 居場所について。自分を作ってきてくれた大切な居場所だけど、違う役割の自分も引き受けたい。これまでの自分のイメージから卒業していきたい。

③ 結果がわかることをわざわざやりたくない。

具体的に言うと、この3つの感情があなたの心からとても強く出てきます。

まず注目したいのが①の人間関係についてです。ちょっと激しい言い方に聞こえるかもしれませんが、2016年下半期のあなたは「受け入れられない人間関係」がより鮮明に見えてきてしまいます。

人間関係って、ちょっと難しい言い方だけど「自分の役割が固定されていく」という傾向にあります。例えば、「仲の良い同級生グループ」であったとしても、長く一緒にいると「○○ちゃんはボケ役」など、役割が自然と決まっていくものだし、それが社会的なグループであっても「○○さんはこういうことをやってくれる人」という期待と役割が決まっていきます。

その上でおもしろいのが、あなたってこの「みんなから期待される自分の役割」について、いつもしっくりきていないところがあること。もっと言うと「固定された役割として自分を見られること」が嫌いでもあるのです。なぜなら、あなたは可能性の人だから。だから「あなたはこういう人だよね」と固定され、決めつけられるイメージで自分のことを語られるのが嫌いなのです。

もし、星座がわかるならば、あなたの身の周りにいる「いつも輝いている牡羊座の人」を探してみてください。そういう人って必ず「いつも自分のイメージを壊すことを怖れない」という態度を持っていると思います。ボケ役もやるし、ツッコミ役もやるし、お姉さん役もやるし妹役もやる。そんなふうに、立ち位置が自由なんですよ(笑)。ちゃんと結果を出しているから、そういう自由な立ち位置であったとしてもみんなから許されている。あなたはやっぱりそういう「自由な立ち位置」にあって、いちばん実力を発揮できる人なのです。

今のあなたは「ある程度動きが読めて、自分がワクワクしない役割しか与えられない人間関係や居場所」を卒業しようとしているのです。もっと言うと、今まで表面化しなかった「嫌い」や「一緒にいてもテンションが上がらない」という人間関係が2016年の下半期はかなり目立って表面化してきてしまいます。そのとき、あなたが「今の自分にワクワクしているか/ワクワクしていないか」ってすごく重要なパラメーターになります。

これは②の「これまでの自分のイメージから卒業していきたい」というところにも関わっていくのですが、今のあなたは「狭い集団の中で知られているあなた」から、もっと広い世界への移行を求めています。

「狭い世界」という言い方はひどいかもしれないけれど、その狭い世界では「ある程度、こう演じておいてもらえたら良い」という役割が自分でもわかっている。でも、あなたが今の流れで求めているものって「まったくの0(ゼロ)からの評価でも構わない」というものなのです。

思い返してもらいたいのですが、あなたがいつも潜在的に求めるものって「スリル」なのです。例えば、あなたが好きになる人や、夢中になる人って「反応が読めない人」です。「え、うそ。この人ってこういう反応するの? おもしろい! よーし、じゃあ私もこうやってみようかな!」という、子犬や子猫が本気でじゃれ合おうと思った時に出てくる表情をあなたは強く持っている。

だから、人間関係でも「いつも楽しそうな人」や「いつも何かにチャレンジして新しい世界を見よう」としている人たちの存在って、あなたにとって本当に大切なものになっていきます。なぜなら、あなた自身がいつも同じ世界にいると弱ってしまう人だからです。

狭い世界から広い世界へ!

どんなに小さくてもいいです。あなたはこの2016年の下半期でなんらかのチャレンジや行動をします。その時には「私が楽しいかどうか」を基準にしてください。世間や周りからの評価なんてハッキリいっていらないです。だってそういう評価って、うまくいったら「あの人ならやると思っていた」など、そんなものだから。

そしていよいよ③の「結果がわかることをわざわざやりたくない」について説明します。

「計算通りいかない!(ワクワク)」

「どうなるかわからない!(ワクワク)」

「結果がわかることをわざわざやりたくない!(ワクワク)」

をこの下半期では自分自身につぶやいてください。「自分が何をしたいかわからなくなった」という時こそ「どうなるかわからない!」と自分自身に言ってあげてください。

何度もお伝えしているように、あなたのなかには「みんなの期待に応えなければいけない」という良い子としてのあなたと「みんなの期待なんて知らない。私は私のやりたいことしかやりたくない」という冒険家としてのあなたが見事に共存しているのです。そして、注意しないとあなたの場合は「良い子としての自分」のほうを背負いすぎてしまう。それを背負いすぎたあなたは「誰も私のことをわかってくれない。はいはい、じゃあ今日もいつもの期待されている私をやりますよ……」と、闇に入ってしまうこともあります。

これまであなたに伝えてきたことを踏まえて、2016年の下半期で目指すべきあなた像って何なのかを一緒に考えていきましょう!

自分のダサい部分も出してあげること

あなたが目指すべき理想の自分像って何でしょうか。それはやはり「ダサい部分の自分」もちゃんと出すということ。

「いるだけで周りに勇気を与えて、いつもおもしろくて、世の中の先頭を走っている牡羊座の人」って、“ダサい部分”もちゃんと出しているのです。これは先ほどもお伝えした「いつも自分のイメージを壊すことを怖れない」牡羊座という点と同じ意味ですね。

反対に、すごく良いものを持っているのに「いまいち今の環境の中で自分を出しきれていない」という人は「クールやスタイリッシュな自分でなければいけない」と思っているかもしれません。

もう一歩、自分を出してしまってもいいと思いますよ。「あと一歩の自分の出し方」って簡単。「あー、もう一歩自分を出したいな」と思った瞬間に「よし、失敗してみよう!」と思ってしまうこと。「失敗してみよう!」と前向きに思ってやる言葉や行動って、自分が思っている以上に周りの人からは素敵に見えるから。

そしてね、すごく輝いている牡羊座の人って、普段は自然体で、それこそ「ダサい部分」も出しているけど“決める時は決める”人です。

あなたは1から100まで決めているヒーロー像やヒロイン像ではなく、ちょっとコメディーも入ったヒーロー像やヒロイン像を意識するととてもうまくいきます。映画で例えると1時間30分を過ぎたあたりからものすごくカッコ良く決まっていく主人公ですね。だからそれまではコメディーを演じていてもいいのです。

新しい“家族”を求めていく

「もう一歩前に出て失敗してみよう!」と思ってあなたが行動した時、あなたに何が起きるのか。それは「新しい家族」ができていきます。

例えばね、こういうシーンを想像してみてください。あなたが仕事帰りにいつも何げなく寄ってしまうレストランがあって、あなたはそのお店の雰囲気と、従業員の人柄と、料理の味が好きなのです。

そのお店はあなたにとってお気に入りの場所だから、ただのお客さんとして通い続けることもできます。でも、思いきってそのお店の人に「ここのお店のお料理、本当においしいですよね! どうやって作っているんですか?」と“もう一歩前に出て”尋ねてみてもいいと思うのです。

そういう行動が、あなたの世界を変えます。つまり、その一歩を踏み出すことによって、そのお店の人とは「ただのお店とお客」の関係ではなくなり、一種の家族のような関係になるかもしれないからです。

広い意味で、2016年のあなたは「これまで一緒にいた家族から離れ、新しい家族に出会う」という旅路にいると思っていてください。

家族って何か? それは「あなたが大切にしているものを、私も大切に想いたい」と相手に対して伝えることでスタートしていく特別な関係です。だから家族って何人いてもいいのです。ただの他人同士ではなく、もう一歩前に出てしまうことで築かれていく関係。そしてその親密になった人たちと一緒にあなたの新しい冒険を作っていくというのが2016年下半期のあなたの夢であり、そして現実にしていく物語です。

恋愛運はどうなる?

新しい仲間、家族を求める

2016年、恋愛面では「新しく一緒にやっていく人たち」、つまりあなたにとって新しく家族になるような人との出会いのチャンスがたくさんあります。

激しい言い方になってしまいますが「いつも一緒にいて、明日が予測できてしまう世界」に興味を持てなくなっていってしまうのです。あなたはそういう人たちからは離れ「私は私で自分の世界を作っていく」というエネルギーが強くなっていきます。

ここで思い出してください。先ほどあげた「新しい家族」ができるという言葉を。

家族というのは「あなたが大切にしているものを、私も大切に想いたい」ということを相手に対して伝えることで始まっていく関係ですね。

だからね、待っていてはダメ。「やるべきことをちゃんとやっていれば、誰かが自分の魅力を見つけてくれるだろう」という受け身の姿勢では2016年のあなたは愛を語れません。

そうではなく、先に「私が大切にしていることってこういうことだよ!」と伝える。そして、相手が大切にしているものを見つけてあげる。

自分の良いところも、相手の良いところも、ただ生きているというだけでは見つけることはできません。どうやったら見つけられるか? それはあなたが生きている世界に対してもう一歩前に、そしてもう一歩深く足を踏み入れることです。「私はあなたのこういう部分が好き!」「私が仕事で大切にしていることはこういうことで、それが今日はすごく良くできたの!」と言える自分でいてください。

今年のあなたの恋は「どちらかが待って、どちらかが駆け寄ってきてくれる」というものではないのです。「一緒に冒険をしませんか?」と言うのが、あなたにとっての2016年の恋になります。

一緒に冒険する恋をしていくために、受け身ではないあなたを出していきましょう。あなたは自分が大切にしていることを誰かに見つけてもらうのではなくて、自分でそれを知って、そして実践していける人です。

月ごとのアドバイス

July 7月
7月

次のステージが具体化していく。
だけどまだ手探りの状態

外側には「次のステージに上がっていこうとする」というオレンジ色。そして内側には「手探り」を表す紫色が出ています。この7月から急速に「今までの、みんなが知っているあなた」から「これから先のあなた」のほうに大きく踏み出していきます。ただ、あなたは他の人と比べてスロースターターの面があって、はじめの手探り段階の時にはノビノビとはやらずに、緊張しいなのかなるべく目立たないように振る舞うこともあります。

ただ、この時期は楽しみのほうが圧倒的に多いです。「こういうこともできる!」と新しい自分に慣れていってください。新しいことにチャレンジして、少し弱気になることがあったら「今までの私だったら(苦労も含めて)こういう体験はできなかった。この緊張する舞台に立っているだけで幸せ」と思ってください。

August 8月
8月

ひとつの大きな集大成を迎える

内側に「上半期や7月まで頑張り続けてきたこと」を表す紫色。そして外側には「見切りをつけるところは見切りをつけていく」という青が出ています。

怖い話ではないのですが、この時期に少しだけナーバスになる人も出てきます。なぜかと言うと、いろいろな新しい流れが「現実化」してくるからです。夢が夢であるうちや、憧れが憧れであるうちというのは、ただその情熱だけ抱えていればいい。でも、その「前からこう動きたかった」ということが現実になっていくと「本当に自分で大丈夫なのか?」というナーバスな気持ちが芽生えたりもします。

だから、ナーバスな気持ちになった時こそ「これが私の望みだったんだ!」と言ってみてください。「いつもと同じ毎日を送ると決めた私だったらこの冒険と緊張は味わえなかった」と。

この8月はとても大切です。人によっては「前から待ち望んでいた成果が出る」という時期でもあります。それはとてもいい話なのですが「よかったー。うまくいった。新しい私でも大丈夫だった」と手を緩めてしまうところがあなたにはあるから注意してくださいね(笑)。

September 9月
9月

出会い

上からは「出会い」を表す緑色。下のほうからは「ここまで頑張ってきた私」を表すクリーム色が出ています。2016年8月までは、少し孤独の気配がありました。と言うのは、あなたが準備してきた「新しいこと」って、まだ周りに認知されていなかったからです。

でも、この9月から具体的に新しい出会いが広がっていくし、何よりもあなたが「私はこの場面に、そしてこの人に出会うために頑張ってきたんだ!」と実感していきます。

「本当に私で大丈夫なんだろうか?」という不安が、この時期に「やっぱり私にしかできなかったんだ」という自信に変わります。それと同時にちょっと力が抜けていく時でもあるので、スケジュール面では無理をしないで「この10月には旅行に行く」など、お休みや息抜きの予定をひとつぐらいは入れておいてくださいね。

October 10月
10月

勝負はここから!

上の方に「さあ、ここから」という紫色。そして下の方に「力が抜けやすい時期でもある」というクリーム色が出ています。

あなたには、自分が真剣に頑張っている姿をあまり他人に見せたくないようなところがあります。その理由はシンプルに「そういうところを見せるのはカッコ悪いから」という美意識なのですが、時々あなたの「自分の頑張りを他人に伝えないで背負い続ける」という癖が、あなたを追い詰めたりもしてしまいます。

そんなに他人に相談するタイプではないから、この時期に「自分がやっていることは正しいのか?」という気持ちが出てきやすいのです。

この10月の時期は、あらためて「ダサい部分も見せる」という気持ちでいましょう。100%の成果や結果を求め続けるのではなく、普段のだらしない自分も見せたり、甘えられるところは甘えてください。あなたはひとりではなく、「この人たちと一緒にいる私なら乗り越えられる」と思うこと。こういう時こそ、あなたのチームであり、親友であり、家族を思い出すこと!

November 11月
11月

今と昔の自分を振り返る

この時期、あなたは過去を振り返ります。「今の私の始まりはいつだったんだろう?」って。その想いはさまざまです。中学生ぐらいの頃から変わらぬ自分でいる人もいるでしょうし、この2、3年でいろいろなことが大きく変わった人もいると思います。

でも、そのなかでもここ数カ月のあなたの具体的な変化ってすごいものがあります。「少し前の自分だったらできなかったこと」を考えてみてください。けっこうあるはずですよ。

新しく出会った人のなかにも、懐かしさを感じさせる人がきっといるはずです。

あなたはひとりで頑張り続ける人ではなく、「この人たちのために頑張りたい」と、頑張るための具体的な顔がイメージできる時にすごく頑張れます。今のあなたが持っている気持ちのなかでいちばん大きいものが「希望」です。「この人のために頑張りたい」「この人に喜んでもらいたい」という顔が今のあなたには見えています。

December 12月
12月

何を残していくか。何を持っていくか

12月になって、あなたの気持ちはさらに燃えています。今年1年間を振り返ってみてどうでしたか。今まで以上に駆け抜けた1年になった人も多いと思います。

今、2016年の自分を振り返ってみて、悔しかったことが多かった人、うれしかったことが多かった人、そのどちらでもいいです。「もう二度とこれだけ動くのは無理」と思える1年だったら最高です。

それがまたあなたの経験となり、「来年になったらやりたいこと」につながっていくのだから。いつでも手を抜かないで、一生懸命で、ダサい時にはダサくて(笑)、決める時は決める。そんなあなたを見てきたみんなはこう思います。「また来年もあなたの姿を見続けたい」と。

しいたけからの
魔法のメッセージ

夢が目の前にある時って、その夢はあなたに必ずこう語りかけてきます。「私のことが怖くないの?」って。その時あなたはこう答えます。「怖くないよ、だって私にとってあなたは大切な友達だもん!」と。「私が夢見る世界にもっと近づきたい! 新しく出会う人たちともっと仲良くなっていきたい!」ともあなたは言います。あなたのなかにいる夢見る子どもが、あなたを新しい出会いの世界に連れていってくれますよ。いってらっしゃい!

FromVOGUE