VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
蠍座

蠍座のみなさんへ
2022年下半期、蠍座は
「苦手な“自分のために生きる”を
していく。
とりあえず遊んじゃおっと!」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

皆様お元気でしょうか。今回、2022年下半期の占いを執筆していて、改めて「各星座が大きな変化の真っただ中にいるんだな」と感じました。というのは、「こういうのが幸せ」、「こういうのを目指せばよい」とか、今までにあった「正解」のほうではなく、各自がつくっていく「これが私達の幸せ!」というもののほうが力を増していく気がしました。そういう意味で、今は「0(ゼロ)からの新しい仕組みとか、楽しみなんかを組み立てていける人」が運をつかんでいくんじゃないか。「生活の場を2拠点持ってもよくない? できるんじゃないかな」とか「月に1回、それぞれの時短料理テクニックを披露しない?」といった遊び心とか「あんた何言ってるの?」と言われてしまうような空想の中に、これからの未来を切り開いていく鍵がある。2022年下半期は、子どもの頃やってきた空想を、大人が取り戻していくための時間。ぜひ、ゆっくり読んでいただいて、参考になってもらえればうれしいです。

しいたけ.

2022年下半期の運勢は?

身軽な自由人リーダー。

2022年下半期のオーラ
蠍座

2022年下半期の蠍座は「身軽な自由人リーダー」を表す黄色が出ています。この2022年下半期のあなたは、個性や人柄、そして、あなたがこれまで影に日向(ひなた)にやってきた功績が評価されていくのです。その結果として何が起こるのかというと、あなたの周りにあった縛りや決まり、ルールが薄れていくのです。不思議と、周りからも「あなたに任せるから、あなたの好きにやっていいよ」という声が多くなるし、応援や協力ももらえていきます。自由人となったあなたは、自分のためのルールや美学を組み立て直し、好奇心や試してみたい心を爆発させ、あなたにしかできない伝説をさらにつくっていく。身軽で、自由人でありながら、ちゃんと結果を残していくような、かなり珍しい存在になっていくのです。それでは、2022年下半期がどのようなものになっていくのか、一緒に見ていきましょう!

私はフリーです。

あなたにとって「身軽になっていく」というのは、この2022年下半期においても、かなり大きなテーマになっていきます。

もともと蠍座は「組合員」の人でもあります。つまり、ある組合やコミュニティに属し、そこで「なんであなたがそこまでやってくれるの?」というぐらいまで深く関与したり、貢献をしていく形を取ったりする。相互扶助、フォローをし合う、困ったときはお互いさまなど、単なる表面的な付き合いではなくて、「ご近所付き合い」のような関係になっていくことが多いです。もちろん、そこまでの人付き合いを求めないような、孤高の蠍座もいます。でも、そういう人は自分で会社を持とうとしたり、ものすごく深く関わる趣味の世界があったりします。「人や、自分が決めて関わった世界と血より濃い絆を結び、守っていく」。それが蠍座の生き方であり、もっとライトな言い方だと「自分が愛するコミュニティとともに成長し、刺激を受け、苦楽を共にして生きる」というやり方をやっていくことも多いのです。

ただ、ここまでも述べてきたように、あなたはこの2022年下半期において、「身軽さ」と「フリー性」がかなり強く高まってきているのです。

これは、「何かが嫌になった」とか、そういうネガティブな理由ではなくて、自分の中でも節目とか、あとは「自由へのきっかけ」を感じてきている。あるひとつのコミュニティやお仕事に深く関与していくような、組合員としての自分も好き。でも、どこか「規則やルールを守り、言われたことをやる」、「あるルールを守り、その中ではみ出さないようなものをつくっていく」。そのような世界に対して、寂しいけど、少し窮屈さも感じてきている。または、もっと欲を出して、もっともっと輝きたいとか、自分なりに動いて「もっと盛り上げていきたい」など、考えてきているのです。

これもネガティブな意味ではないけど、狭く、深く、ひとつの世界の内部に入っていき、そこを守っていく役割の私以外のこともやってみたい。もっと身軽に、自由に、外の世界を見ていく私でありたい。縁の下の力持ちではなくて、ひとりの人間として、さまざまなカルチャーの経験をしていきたいと、これまで以上に強く願ってきているのです。

門は開かれた!

ここからは2022年下半期のあなたに何が起こっていくのかを説明していきますね。

「あるコミュニティや仕事に深く関与するような奉公活動」を卒業していくあなたは、時間的にも挑戦したいことに対しても、もっともっと身軽になっていきます。その上で、この時期のあなたは「外の世界」に対して、ものすごく深い縁ができるのです。

イメージで言うと、今までは「ある壁に囲まれた街」でせっせと働いてきたあなたに通行証が渡され、門が開かれ、外の世界に出ていく。そこであなたは「外の世界って、今こんなになっているんだ!」と、驚きを爆発させていくのです。発見、驚き、スリル、出会い、交流、飛び込みで好意を伝えていくなど、2022年下半期のあなたは大胆な行動を重ねていく。イメージとしては、「初めて海を見る子ども」みたいになっていくのです。

攻守両面の人。

少し大事な話をしたいのですが、蠍座という人達は、やっぱりすごく珍しいタイプが多いです。あなたは、「うおおおお」と叫んで、先頭を走っていくこともできます。その一方で、守備面もまた一流なのです。守りを任されたら、慎重さと予見する力を持って、きっちりと押さえていく。まさに、攻守両面の人です。蠍座は「ツッコミ」もできるし、「ボケ」もするとか、そういうところにおいても、「前」と「後ろ」の両方を持っている人。鋭いところと、マヌケ(※悪口ではない)なところのバランスが見事なんですね。会社では戦略面を任されて、すごくいろいろな方針を出している人かと思いきや、私生活では居酒屋に財布を忘れてきているとか、そういうポンコツバランスも持っています。

それで、2022年下半期のあなたが爆発的に発揮していく力は「攻める力」です。切り開いていく力です。あなたはニヤリと笑いながら、「さぁ、好きにやっていっちゃうぞ! 」と宣言していく。

器用だからこそ、攻守の両方ができる人だからこそ、組織やコミュニティで「あの人がいてくれたおかげで何とかなった」という役割を背負ってきたのが今までのあなた。でももう、ぶっちゃけ、「便利な人」になるのは嫌。もちろん、「便利な人」は誰にでもできることではないだろうし、栄誉なことでもあるけど、もうちょっと「1人の人間」として、発見や驚きがある街道を進んでいきたい。少し寂しさを覚えるのは承知の上。

あなたにぜひここでお伝えしたいです。すぐに行けなくてもよいし、それまでに済ませなきゃいけないこともたくさんあるかもしれないけど、とりあえず2022年下半期のあなたは目標をハワイとかにしてみて! 「でっかくてきれいな海を見る。そこで、でっかいサンドイッチにかぶりつく!」とか、そういうワイルド系の目標を持って、力強く歩んでいって! ほかの人のフォローとか知らないし。太陽と海。それか、山。自然の風を感じ、今までの自分の人生の「奮闘」をちゃんとねぎらうこと、そして、これから先の自分の人生を祝うこと!

ルールの変化。

2022年下半期の蠍座の大きな変化として、かなり大きく出てくるのが「自分を取り巻くルールの変化」がすごくあると思っていてください。これがもう、結構変わる。蠍座は実行力においても、無限のお節介精神においても、やはりパワーが強い人が多いです。だから、今までの自分の感覚の中で「よかれ」と思ってやってきたことでも、相手を困惑させてしまったりすることも起きやすかったりするのです。

だから、「ちょっとこれは今日伝えたい」と思ったようなことは「いったん相手に送信しないで下書き保存をする」など、まどろっこしくて面倒だけど、そういうことをやったほうがよいときもあります。「これはやってよいかな。どうかな」と思うようなことに関しても、周囲に相談をしたほうがよかったりもします。

もちろん、「何をするにしても相談」とか、そんな窮屈なことはしなくて大丈夫。そして、あなたは「他人から知人とか友人ぐらいの関係になろうとしている人」に対しては、ものすごく気をつかいます。一番失敗しやすいのが「かわいい身内」という感覚のある人。その関係にある人たちにこそ、「親しき仲にも礼儀あり」とやっていたほうがよいです。口うるさくてごめんなさいね。それだけ注意してみて。

文化・芸術活動のススメ。

2022年の下半期、あなたの大きなテーマは「解放」です。なので、「今までやろうとしても、時間が取れなかったこと」とか「後回しにしてきたこと」はぜひいっぱいやってしまってください。おすすめはやはり各地への観光なんかもしてほしいのですが、映画を観たり、美術館に行ったり、音楽を聴きに行ったり、そのような文化・芸術活動はおすすめです。というのは、蠍座は裸の人だから。いきなり何を言っているのかというと、あなたは人でもモノでも芸術などでも、「この人は変によくわからない権威なんかをぶら下げて、それで済まそうとしているのか。それとも、自分の裸をさらしてきている人なのか」と、裸=真心とかパワーとか生命力として見る人なのです。「あの人が何を言っているのかはよくわからないけど、あの話し方の雰囲気を見てごらんなさいよ。あの人は信用できる。だって、裸の人だもの」という、謎のロジックを持っているのです。

人間関係とか、義理人情とか、責務とか、いろいろなものに囲まれ、あなたはちゃんとその世界の中で自分の役割をまっとうしてきました。だからこそ、2022年下半期は裸に戻っていきたいです。裸族に帰りたい。自然でも、食べ物でも、お店でも、場所でも、こんな言い方、あなたにしか伝わらないけど、「裸性」のあるものをぜひ発掘していって。

自分のために生きる。

大きな声では言えませんが、蠍座はやはり第六感的なものを持っている人が多いです。「まだ物事が形や姿として表れていない、事前の兆候や情報を読み解く」、そういう独自の技術を持っている人が多いのです。だから、あなたは「この人何かある」と見抜くし、弱っている人のそばにいてあげることもする。そんなあなたにとって「自分のために生きる」というのは、最初は難しいかもしれません。「何かしてあげるのは得意。皆のために、気づいていくのは得意。でも、自分が何をしたいかって、そんなのいきなり言われても」と、困惑してしまう人も出てくると思います。でも、「何をして良いかわからない。うーん、困った。とりあえず今日はゆっくりしよう」とか、それぐらいのレベルで良いです。多少、周りに迷惑を掛けても、自分のわがままを優先していっちゃう。そして、迷惑を掛けたら「ごめんね~」と謝る。そういう緩い関係をつくり上げ、どんどん自分のやっていきたいことに火をつけていってくださいね。2022年下半期は、あなたが関係していきたいものだけ、友達になれる事象とだけ付き合っていってくださいね。あとのことは、「今の自分にできる範囲だけ」でいいんですからね!

仕事運はどうなる?

楽しめるかどうかだけ。

2022年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「楽しめるかどうかだけ」です。この2022年下半期、仕事面においても蠍座は「フリー」の要素が強くなります。組織や集団に所属していたとしても、力量や発想を期待され、「この件はあなたがやってみてよ」と任される。表立って責任者になることを任命されていなかったとしても、あなたは後ろから「こういうやり方をやってみない?」とか、周りを動かす役割を担うのです。停滞し、静かになってしまった世界に対して、再び声掛けをしていくのです。また、あなた自身が「0から再び学んでいくこと」も多くなるので、「うまくいった」、「うまくいかなかった」結果に対して、一喜一憂する必要は正直ないです。ただ好奇心のみを前に持っていく。「面白くなってきた」と常につぶやく。変に冷静に状況を分析していくよりも、ある程度の熱量を持って、縁あるものに片っ端からぶち当たっていっちゃう方が、仕事運が切り開かれやすいです。動かせるところから動かしていっちゃいましょう!

恋愛運はどうなる?

キャラ変の魅力。

2022年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「キャラ変の魅力」です。まずアドバイスから入りたいのですが、この2022年下半期のあなたは、「さまざまな場面で、新しい自分を0.1個ずつぐらい」出していってほしいのです。これは本当に小さなことで構いません。普段、人との会話の相槌が「えぇ」の人は、1回だけ「おう」と入れてみるとか。普段自分からみんなのために注文を取る人じゃないけど、その日だけ「すみません、注文頼んでいいですか?」と店員さんに声を掛けてみる。普段自分の主張を強く言うタイプだけど、今回の会話は聞き上手になってみるとか。いろいろな場面で、こまめなキャラ変を入れてみてほしいのです。というのは、この時期のあなたは「今までの自分のキャラクターではなくて、新しく開花していくキャラクター」が次から次へと出てきます。だから、いつものパターンで対処しないで、「このキャラを試してみようかな」の試みがとても重要になるのです。その結果として、あなたはよい意味で「いろいろな、複数の自分の立場やキャラクター」を持っていくことになります。「この分野に関してはすごく頼りになるけど、こっちの件に関してはすごく弱気で、年下の人の影に隠れて震えている」とか。キャラに一貫性を持たないで、いろいろな面を持っていく。そのやり方がすごい「モテ」を生んでいくことになります。「いきなりキャラを変える」みたいなことはやらないで大丈夫で、こまめに、「あ、この場面ではこういう返事をしてみよう」とか、「いつもありがとうございます」と言ってみるとか、そういうのでよいですからね。

月ごとのアドバイス

7
迅速に、しっかり対応。
8
無関係フリーマンへ。
9
やりたいことを勝ち取るんじゃ!
10
離れて、くっついて。
11
明るみに出る。
12
ステップアップ!

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
蠍座

迅速に、しっかり対応。

「迅速に、しっかり対応」の白が出ています。この7月の蠍座なのですが、遊びや仕事、そして、新しい動きに関する対応や準備が最強になります。未知な出来事に対しても「はい、その件ですか」とテキパキと対応していきます。また、今までの自分とは違ったやり方や表現の仕方で、周りから注目を集めたり、評価を得ていったりもします。この時期はとにかく積極的にやってしまって! ただ、ひとつだけ注意が必要なのですが、蠍座は「1割の暴走性」を持っています。「えい、やっちゃえ!」と、多少強引にやってしまうことが、後で波乱を呼んだりしやすいので、「自分でもちょっとこれは危ないな」という危険信号を感じるものがあったら、事前に周りに相談してみてくださいね。

August 8月
8月のオーラ
蠍座

無関係フリーマンへ。

「無関係フリーマンへ」のエメラルドが出ています。8月のあなたは少し性質が変わります。今まで耐えられていたことが、我慢ができなくなったりもしやすい。「飽き」とか「閉じ込められているのがすごく嫌」という気持ちを抱くようになるのです。外の空気を思い切り吸っていきたい。だから、ちょっとこの時期は「脱出計画」なんかも立ててみてください。「発見がなきゃ嫌。新しい風を感じられなきゃ嫌!」と、外の世界に向けて飛び立っていく。あと、8月は「楽しいこと以外は、そこまで深く関与しない」を頭に置いといて。あんまり深く考えないでよいから! 「今日はたまたまうまくいかなかった。閉店ガラガラ」とやるか、「今日も楽しかったー。以上。おやすみ~」で大丈夫。引きずらなくて大丈夫!

September 9月
9月のオーラ
蠍座

やりたいことを勝ち取るんじゃ!

「やりたいことを勝ち取るんじゃ!」の金色が出ています。9月の蠍座は仲間運や協力運がとにかくよいのです。目的や利益やタイミングが周りと合致しやすく、「やっとできるね!」とか、あと、夢のような話なんかも出てきやすいです。この時期、自己プロデュースをしっかりやって、あと、「それ、いいっすね!」と、自分が気に入る話に関しては「声を大きめに発して相手の印象に残しておく」など、地道なオーバーリアクション作戦も重要になります。やりたいことを勝ち取っていくために、ちゃんと自分の主張もしていく。多少は強引でも大丈夫です。あと、9月はしっかり背伸びをしていくときなので、「緊張上等!」、「難しい課題上等!」と、楽しく喧嘩腰でいてくださいませ。

October 10月
10月のオーラ
蠍座

離れて、くっついて。

「離れて、くっついて」の茶色が出ています。10月、あなたの周りの世界が「波」みたいな形でうねうね動いていきます。急速に物事が「くっついていく」とか「進展していく」という形がある一方で、「離れること」、「放っておくこと」なんかも出てきやすいです。あと、「こちらを取れば、あちらが立たず」みたいなことも起きてきます。基本的には、「やりたいことはすぐにやる」という、即時実行の姿勢がよいですし、「今の自分が大事にしていく、守備範囲」を意識してみてください。一方で、「放っておこう」とする姿勢も必要になってきたりもします。また、この10月は「運命的な決算」も行われやすいです。これからの強い方向性が決まっていくので、「私は今、何を大切にしていきたいか」など、今後の目的を決めていくことも必要になります。「面倒くさー」と言っちゃうこともあるけど、やり切って!

November 11月
11月のオーラ
蠍座

明るみに出る。

「明るみに出る」のシルバーが出ています。10月を過ぎて、この11月のあなたも「これから」の話が多くなっていきます。その上で、この時期のあなたは「どうする?」という問いかけが増えていきます。「この関係をどうしていくか」、「○○に対してはどうしていきたいか」など。いろいろと整理をして、切り替えていくタイミングにはいます。でも、一筋縄ではいかないことも出てきやすいです。というのは、蠍座は「やめられない」、「切れない」、「捨てられない」という、「進んでは戻って」の波のような動きも出やすいからです。この時期はあなたにとって「苦手なもの克服期間」でもあって、「毎日同じ時間に、気持ちを切り替えて取り組んでいく」とか「整理をしたいものの、回数を減らしていく」など、いきなり全部を変えようとするのではなくて、ゲリラ戦のようなやり方を採用するのが良かったりします。ノートなどにメモを取って、今日の取り組みと結果と反省など、こまめな記録も役に立ちます。

December 12月
12月のオーラ
蠍座

ステップアップ!

「ステップアップ!」のオレンジが出ています。まず、やっぱりここまでの蠍座は大変なことも多かったと思います。物事の整理をしながら、「これはいらない」と捨てながら、そして、新しい生活の順序やコツをつかむことをしてきたから。この12月はあなたの「基礎」や「地盤」がかなりしっかりとしたものになり、順調にレベルアップをしていきます。また、やりたかったことについても、叶えていく。この時期、ひとつだけ注意をしてもらいたいことがあって、自分の守備範囲を絞って、基本的には「今の自分の目の前にあるもの」だけに集中する意識を持ってみて。蠍座は自分の人生が動き出そうとしているときに、周囲で問題が起きがちです。これはもう本当に不思議に。でも、あなたは自分の持ち場を離れないこと。やるべきことから離れないこと。揺さぶられないこと! ある程度、鉄の意思が必要になります。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

もう何年間も占いを通して「蠍座」という人達と付き合っているのですが、「蠍座ってどういう人なんですか?」と聞かれても、本当によくわからないのです。あなたって、本当に「そこは時給3000万円とってもよいんじゃない?」というところを「いいよ、ついでだから私やっとくよ! 今日は気分がいいからさ」とか言って、ほかの誰にもできない、ものすごいクオリティのことを無報酬でやったりする。自分の美学や誇りはあるけど、「自分の売り込み」とか「自分の適正価格」みたいなものがよくわからない。浪花節で、心の琴線に触れたことを全力でやっていく。人として、あなたは誰よりも美しいです。そして、これも褒め言葉なのですが、大きくマヌケです。でも、そんなあなたのことを、みんな大好きなので、2022年下半期も「美しいマヌケ」としてやってみてください。あなたの2022年下半期が、素敵な時間になりますように!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEをインスタグラムとツイッター、TikTokで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU