VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
獅子座

獅子座のみなさんへ
2022年下半期、獅子座は
「ブレーキはもう捨てました。
黄金の扉が開き、
私は開拓の民になります」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

皆様お元気でしょうか。今回、2022年下半期の占いを執筆していて、改めて「各星座が大きな変化の真っただ中にいるんだな」と感じました。というのは、「こういうのが幸せ」、「こういうのを目指せばよい」とか、今までにあった「正解」のほうではなく、各自がつくっていく「これが私達の幸せ!」というもののほうが力を増していく気がしました。そういう意味で、今は「0(ゼロ)からの新しい仕組みとか、楽しみなんかを組み立てていける人」が運をつかんでいくんじゃないか。「生活の場を2拠点持ってもよくない? できるんじゃないかな」とか「月に1回、それぞれの時短料理テクニックを披露しない?」といった遊び心とか「あんた何言ってるの?」と言われてしまうような空想の中に、これからの未来を切り開いていく鍵がある。2022年下半期は、子どもの頃やってきた空想を、大人が取り戻していくための時間。ぜひ、ゆっくり読んでいただいて、参考になってもらえればうれしいです。

しいたけ.

2022年下半期の運勢は?

黄金の扉が開く。

2022年下半期のオーラ
獅子座

2022年下半期の獅子座は「黄金の扉が開く」を表す金色が出ています。2022年下半期のあなたは今の自分の心の赴くままに、移行準備をしていきます。自分にとっての「好きなもの」、「これから先も追いかけていきたい至高の分野」、「もう私の人生においては用がないと感じてきてしまったもの」、あなたの中で色々なものが高速で、そして、ダイナミックに整理されてきています。そしていよいよ、「私自身もどうなるかわからないけど、こっちの方向に進むとすごくワクワクするの!」と、次の扉を開けていく。今、あなたの目の前には黄金の扉があります。あなたはその扉を開け、私が変われる世界へと足を踏み入れていくのです。

キレちゃいました。

ここではまず、2022年の下半期があなたにとって「どういう意味を持った期間」になっていくのかを説明させてください。

まず、ここに至るまでの獅子座は、少しキレちゃったところがあります。「何かね、もういいわ、これ。発展がない」と、いろいろなものをあなたは切り捨てていこうとしている。そして、切り替えようとしている。

この動きについて説明したいのですが、獅子座は今の停滞と足の引っ張り合いの世界がすごく嫌です。獅子座は、どんなに厳しい環境でも、つらい状況でも、そこに「自分の成長」と「自分の発見」と「自己責任」があれば、頑張れます。目をキラキラさせていくことすらできるのです。あなたはもともと「覚悟の人」です。自分で決めて進んだ分野であったり、自分がやりたいと決めたこと、そして、「絶対にここで結果を出してやる」と決めた世界に対して、闘志と自己反省と観察力を尽くして、頑張り抜くことができます。

あなたが大事にしている美意識は、「自分で決めたんだから、文句を言わず、ちゃんと自分で責任を持ってやること」です。そして、どんな場所でもちゃんといろいろなものに目をこらしていけば発見があるし、成長できる。

2022年に至るまで、やっぱりあなたにとっていろいろな苦痛があったと思います。ここまで書いてきたような

  • ・成長
  • ・発見
  • ・責任

の資源が凄まじく乏(とぼ)しくなってしまった世界だったから。

だからもう、2022年に入った段階で、早い人はもう2021年以前からの世界で、見切っていった。「ここにいても成長はない。発見もない。そして、進んで私が責任を負えることもない」と。

これはネガティブな言葉の羅列ではなくて、あなたが「これまで」を整理して、次のワクワクできる世界へと進んでいくための必要なステップだったのです。

「あー、くだらねー」。

悪い言葉が続いてごめんなさい。先に謝っておきます。

獅子座にはほかの人が追いつかないぐらいのスピードでの「見切り能力」があります。あなたは人生の中で何度か「あー、くだらねー」とつぶやくことがあったりします。その一言があなたの口から出されたとき、あなたは自分の人生において「用のないもの」を決めていっています。

たとえば、飲み会の席などで「自分の面白さ」をアピールするために、ほかの人を攻撃する人を見てしまったようなとき。または、仕事上での努力や能力の発揮以外に、「この会社で出世するためには、プライベートでも周りの人と仲良くならなきゃいけない」とか、そういう謎ルールを課せられたときなど。そういうとき、あなたは「くだらねー」と言います。そして、それを言った直後に、「こういう飲み会は私には用がないから、私は飲み会に呼ばれなくても生きていける世界を探したり、自分の能力を磨いていかなきゃダメだな」と、悟るのです。

獅子座はほかの人以上にデリケートであり、傷つくことももちろんあります。でも、「傷つくだけ」で終わることはありません。必ず「仕返し」や「自分なりのルート」をそこから開拓していこうとしていきます。そして、あなたが見切ったものに対して、基本的にはもう2度と期待をすることはありません。ちゃんと切り捨てをしていきます。もちろん、すべての分野を切り捨てるわけではなくて、「私自身は積極的に用はないが、ひとりの社会人として、今後に続く世代のためにも改善していかなければいけない分野」などはちゃんと持っていく。「個人的な好き嫌いと、私が持っている責任は別」という考え方を持っていくから。

2022年下半期に至るまでに、あなたはいっぱい「あー、くだらねー」と言ったと思います。でも、それはネガティブなことではなくて、自分の中でいろいろな可能性や追っていくものを整理していくために、必要な台詞だったのです。

見初める力が目覚めたよ。

ここからが2022年下半期の話になっていくのですが、これまでのあなたは「見切り能力」を発動し、いろいろな物事や動きに対して「期待できる部門」と「今後しばらくは期待できない部門」に分けてきました。そして、ここからが不思議なのですが、あなたが強く「見切り能力」を発動した動きとリンクして、今度は「見初(みそ)める力」が強く出てきているのです。

  • ・理由はよくわからないけど、なぜかワクワクしてしまうもの
  • ・ほかの人にわかってもらえなくても全然よくて、でも、私自身はそれに出会えてすごく感謝しているもの
  • ・これから先、有志と力を合わせて、少しずつ広げていきたいサークル

など、あなたの中で「ワクワクの輪」が広がっていくのです。小学生ぐらいのころって、学校が終わって家に帰るときに「帰ってやりたいこと」があると、悶絶とかしてたじゃないですか。ああいう感覚があなたに戻ってくるのです。「私にはやるべきことがある! はい、帰宅!」みたいに、自分の場所や、開拓していきたい場所に帰っていくのです。

幸せとか希望の原点というのは、おそらく「週末に○○があるから今日を頑張ろう」という感覚に近いものだと思います。「○○があるから、今日を頑張れる」、「待ち遠しい」。そのような幸せや希望も、あなたの元に戻ってきます。

2022年下半期は、あなたの中でwant(欲する)とmust(しなければいけない)が混じったような、不思議な「好き」の感覚を強く持っていきます。これからさらに開拓していきたい分野ができて、開拓されていく世界を大切に生きていこうとしているのです。

「期待はしない」、「これを追っても無駄」と、片づけを進めてきたところに、不思議なことに、そこに新規のご縁の風が入ってくる。2022年の下半期は、まさに「整理とワクワク」が合致していくのです。

黄金の扉の中に入っていく。

want(欲する)とmust(しなければいけない)が混じったような、不思議な「好き」の感覚。

これが、2022年下半期のあなたが出会う、「黄金の扉」なのです。その扉はもう、あなたのために開かれていて、あなたはそこを通り、未来へと向かっていく。そして、あなたは自分の人生において大切な「成長」、「発見」、「責任」という、獅子座にとっての3種の神器を取り戻していくのです。やっと成長ができる。やっと発見ができる。やっと自分の責任でやりたいことが試せる! 停滞と足を引っ張り合う世界、バイバイ!

2022年下半期の獅子座は、「慎重さ」よりも「面白さ」のほうを選んでいく動きが出てきます。たとえば、「サーフィンが好きな人が海の近くに引っ越してしまう」ように、いつもだったら「何を考えているの」と言われるようなことでも、自分の中で「好きな世界と、今の生活をどう両立させていくか」を、真剣に考え、検討していくのです。

あなたは新しい文化に触れ、その文化をもっと開拓したり、貢献をしたり、共存をしていきたいと、心の底から願っていきます。

ここで少しだけ口調を崩したアドバイスをさせてください。

自信を持ちなよ! 獅子座!

あなたは凄まじいやり方で、「自分が責任を負って、発表をしていかなければいけない」表の役割、そして、「他の人が面倒くさがって放棄した」裏の役割も、やってきた人なんですよ。「何で私、ここまでやっているんだろう」とため息をつきながら家路についたことは何回もあったはず。

もちろん、面倒くさいことがなくなるわけじゃないし、心を痛めるものは相変わらず近くでうるさく鳴り響くこともあります。でも、子どもに戻ってもよいじゃないですか。ちゃんと5歳に戻る時間も持ってください。子どもは「知らない」から冒険ができるんです。お年玉で、大人が怒るような無駄遣いもしたいんです。「もう何歳なんだから」とか、そんなの関係ないですよ。それを言われたら「お前が頑張れ」と言ってやりゃあいいんです。

未来のために我慢をする。でも、もう、今の世界においては「待つ未来」よりも、「さっさと動いちゃう今」の方に資産価値が多く出てきてます。

「何とかなるでしょう。何とかするし!(逆ギレ)」

を合言葉に、この2022年下半期を5歳児として駆け抜けてみてくださいね。好きに向かって「うおおおおお!」と爆走しているあなたは宇宙で一番素敵なんだから!

新しい文化への道。

2022年下半期。これだけ「古さ」がひとつの役割を終え、「新しい形」が現れる時期もめずらしいです。もちろん、「古くなったものがすべてダメ」なんて暴論だし、世の中の「新しいもの」は、古いものが改変され、形を変えて再出現していくものでもあったりします。

でも、この時期のあなたは「まだ完成されていない、未開拓で、これからどうなるかわからない世界」に対して、強い縁ができていきます。そう、あなたは開拓の民となっていくのです。

あなた自身も「これまで普通と思われてきた生き方、働き方、時間の過ごし方」を改変していって、どんどん自分なりにカスタマイズしていってしまいます。そして、不思議とこの時期、あなたは「人とは違う生き方」を目指し、もうそれを実践してしまっている人と強い縁ができていくのです。

今のあなたが惹かれていく文化、街並み、人々の生き方、尊敬できる人。そのひとつひとつを大切にしてみてください。

独断で決めず、いろいろな人に話してみること。自分のやりたいこと、バカみたいかもしれないけど、まだ捨てずにとっておいている宝物のことを。くだらないことから、真剣なことまでを話し合える、お茶する時間も多く持ってみてくださいね。もちろん、ひとりでゆっくりと過ごすお茶の時間も大事に。「私はこれからどういう文化を大切にしていきたいか」などを話し合う、「開拓民お茶会」もしてみてくださいね。

仕事運はどうなる?

特化項目を設ける。

2022年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「特化項目を設ける」になります。

まず、全体的な話からしたいのですが、やはり2022年も含めて、今の世の中は大きな転換点を迎えています。「仕事」というものも、今までの定義の「仕事」と「これから先の仕事」の定義は変わっていく流れがあり、「一生懸命コツコツとやる仕事」も大事になるけど、「何が仕事になるかわからない」という流れもあったりします。獅子座は、先行者でもあります。そして、仕事も全力でやるし、プライベートも「絶対に私の人生の中で叶えたいことリスト」なんかもあったりする。だから、仕事面でもよいし、プライベートや趣味でもよいです。自分の中で「特化した部分」を持ってみてください。たとえば、「おいしいものを食べるのが大好き」という部分が自分にあったら、それをもう、ひとつの「仕事」のように考えてみる。「おいしいお店は何に努力をしているのか。どうしてここには魅力的な人が集まるのか」などを考えてみる。自分にしかできない、特化した研究や好奇心の角度を持ち続けることで、それが必ず仕事面への良い影響になっていきます。仕事面に関しても、自分の「好き」と「マニアック」に自信を持って!

恋愛運はどうなる?

拝啓、フリーダム先生。

2022年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「拝啓、フリーダム先生」です。

2022年下半期のあなたは、「好きな人、好きな文化、これからつくっていきたい理想の環境」に向けて、力強い一歩を進めていきます。恋愛面や人間関係も、この動きに大いに関連していって、この時期、あなたは「いろいろな方面にフリーダムの師匠や先生」を見つけていくことになります。たとえば、「人生早期リタイア」を志して、その道に対して、もうかなり現実的な一歩を進めている人とか。そういう「自分の自由に向けて、一歩先に進んでいる人」とか「趣味が人生になってしまっているような変人系の人」とか、そういう人と大きな縁ができていきやすいです。そういう、「お、この人はおかしいな」とよい意味で感じる人に対しては、心の中でぜひ「師匠!」とか「先生!」と呼んでみてください。その人たちを慕ったり、その人たちが持っている「好き」に対する情熱を聞いていくことで、あなたの扉もさらに開いていくから。あと、恋愛面も含めて、この時期の獅子座は「村づくり」のようなものに縁ができていきます。自分が好きな地域に投資をしたり、第2の故郷のようなところをつくっていく。文化や風土、環境、伝統芸能など、「積極的に関与し、守り、未来に残していきたいもの」を愛する縁で、仲よくなっていくメンバーなどもできていきます。変わった愛の形を見つけていきやすいのです。

月ごとのアドバイス

7
頭が冴える。見通せる。
8
大勝負じゃあ!
9
祭りの夜。
10
私がリニューアル・リーダー!?
11
こういうのがしたかったんだよ。ガッハッハ!
12
ランナーズ・ハイ。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
獅子座

頭が冴える。見通せる。

「頭が冴える。見通せる」の水色が出ています。もともと獅子座には「テンションが高くなると、自分がやっているどんなに忙しいことに対しても高速で頭が動く。全体も見通せる」能力があったりするのですが、この7月はその「冷静高速機動モード」が発動されます。いろいろとプレッシャーがかかったり、「できるかな?」と思うことに関しても、やり始めてしまえばなんとかなることもすごく多いです。7月のあなたは「その獲物は私のもの!」とか、今の自分が好きなものに対して仕事でもプライベートでも縁ができやすい状態です。テキパキといろいろなことを片付けて、「好きに対して向かっていく」をやっていってくださいね。

August 8月
8月のオーラ
獅子座

大勝負じゃあ!

「大勝負じゃあ!」のターコイズが出ています。8月の獅子座は「一大ミッション」とか「大勝負」など、ビッグなイベントが待っていたりします。やらなきゃいけないことでも、また、あなた自身がやっていきたいことでも、「ここを外しちゃいけない」という、楽しい一大勝負が待っている感じです。勝負をモノにしていくことに集中したいので、大事なものを1つ決めて、あとは「切り捨てる」ぐらいのこともやってもよいかもしれないです。決算期でもあるので、この時期に出していく結果を大事な区切りにしていく感じにもなります。あと、繋がっていく運が結構あるので、応援している人にDMを出したりしてもよかったりしますよ。

September 9月
9月のオーラ
獅子座

祭りの夜。

「祭りの夜」のベージュが出ています。9月の獅子座は「祭りの後」というか、2022年下半期のクライマックスの後を迎えていく感じなのです。周りとの協力や共同、そして、自分のことだけではなくて「周りの人の成長や思い出づくりを見届ける」など、いろいろと感極まるみたいな場面が多くあったりします。9月は、今までの数年間の生活ではできなかったことを多くやっていくのです。まずは本当にここまでお疲れさまでした。そして、この「祭りの後」を区切りに、新しい舞台への準備をしていきます。この時期、ちょっとだけ今までの疲れが出やすかったりします。まずはゆっくりと休んだり、リフレッシュなどもしてみてください。変な話だけど、計画的に「燃え尽きDAY」なんかもつくってみて。

October 10月
10月のオーラ
獅子座

私がリニューアル・リーダー!?

「私がリニューアル・リーダー!?」の茶色が出ています。全体的な話として、2022年下半期の獅子座は「改革班」に入れられやすいです。ある伝統ややり方、そして、方向性などを見直し、リニューアルの仕事を多く任されていくのです。それで、この10月にあなたが責任なり役割を引き受けると、それなりの大役というか、そこに大きく取り組んでいくことが求められます。そういう意味で、あなた自身の「今後の構想」を練っておくのも大事です。「今、どういう人が面白いか。どういう動きにセンスを感じるか」など、外に対する勉強も欠かせなくなります。力を使い過ぎてしまう傾向も出てくるし、全力投球をしなきゃいけない場面も出てくるので、疲れたら周りに対して早めに相談してみてくださいね。

November 11月
11月のオーラ
獅子座

こういうのがしたかったんだよ。
ガッハッハ!

「こういうのがしたかったんだよ。ガッハッハ!」の赤が出ています。少し変な話をしたいのですが、ここ数年間、多くの人たちが「もう、どうにでもなれ!」と叫んじゃう1日を過ごせなかったじゃないですか。ライブでも、何かのお仕事や遊びでも、クライマックスの「奇跡の瞬間」を迎えてボルテージがMAXになったとき、「もう、どうにでもなれ!」と叫べたりする。「今、ここしかない!」という、奇跡の感覚が出てくる。この11月は、獅子座にとってそういうときなのです。溜めてきた準備を一気に放出するとか、自分の得意分野を最大限に活かし、MAXで楽しむ! そんな時間を過ごしていきます。また、今後に関係するような大きな決断をする人も出てきたりするので、そこだけは「ノリ」と「好き嫌い」だけで決めずに、周りと相談するなどしてみて。

December 12月
12月のオーラ
獅子座

ランナーズ・ハイ。

「ランナーズ・ハイ」のオレンジが出ています。2022年下半期の獅子座は全力です。そして、よい形で「ボルテージMAX」と「はい、燃え尽きました! 閉店ガラガラ!」の波を自分でつくっていくことができます。12月は「バタバタとした毎日を、速いスピードで駆け抜けてく中で、実は今後に繋がる可能性を冷静に見つめている」みたいな、あなたにしかできない離れ業をやっていったりもします。あと、今年中に終わらせておかなければいけない課題なども、粛々と終わらせていきます。けじめも大切になります。この時期、「ダラダラと続けてしまうこと」には注意してください。多少、頭がボーッとしやすいときなので、ダラダラ頑張るぐらいなら「休んでしまう」とか、そういう踏ん切りも必要になります。でも、ここまで本当にお疲れ様でした。2022年下半期のあなたもすごかったです。駆け抜けることと思い切って休むこと。この2つの時間を使い分けてみてくださいね。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

獅子座の人って、外から見ていると「ブレーキをかけている」のが本当にわかるのです。たとえば、あなたにとってすごく好きなことや、今ハマっていることを話す機会を得たときも、「あ、この話今してよいのかな。でも、私がこの話をしだすと止まらなくなっちゃうからな。ほかの人の時間も奪うことになっちゃうし。やめとこうかな」って。そうやって、獅子座が「あ、私ですか、ガッガ(ブレーキ)、私は大丈夫です」と周りを気づかって自分を止める姿って、本当に可愛い。でも、願わくば、この2022年下半期は、過度に空気なんて読まなくてよいから、多少スベッても大丈夫だから、自分のブレーキを解除してみてください。あなたはめちゃくちゃ面白い人だし、魅力的な人だから大丈夫。好きの、黄金の扉の中に入っていって! そして、そこでの開拓日記を楽しみながら描いていってくださいね。よい旅を!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEをインスタグラムとツイッター、TikTokで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU