VOGUE GIRL LINE Twitter Facebook Pinterest Instagram mail
双子座

双子座のみなさんへ
2022年下半期、双子座は
「誰かがやらないなら、
私がやります。
というわけで、社長になります」

みなさんこんにちは。しいたけ.です。

皆様お元気でしょうか。今回、2022年下半期の占いを執筆していて、改めて「各星座が大きな変化の真っただ中にいるんだな」と感じました。というのは、「こういうのが幸せ」、「こういうのを目指せばよい」とか、今までにあった「正解」のほうではなく、各自がつくっていく「これが私達の幸せ!」というもののほうが力を増していく気がしました。そういう意味で、今は「0(ゼロ)からの新しい仕組みとか、楽しみなんかを組み立てていける人」が運をつかんでいくんじゃないか。「生活の場を2拠点持ってもよくない? できるんじゃないかな」とか「月に1回、それぞれの時短料理テクニックを披露しない?」といった遊び心とか「あんた何言ってるの?」と言われてしまうような空想の中に、これからの未来を切り開いていく鍵がある。2022年下半期は、子どもの頃やってきた空想を、大人が取り戻していくための時間。ぜひ、ゆっくり読んでいただいて、参考になってもらえればうれしいです。

しいたけ.

2022年下半期の運勢は?

社長になります。

2022年下半期のオーラ
双子座

2022年下半期の双子座は「社長になります」を表す緑が出ています。双子座にとって、この2022年は全体的になのですが、やはりものすごく大きな舞台の変化があり、また、これから迎える変化のための準備をしている流れがあります。何が起こるのか、そのひとつひとつの流れについてはこの後順を追って説明していきますが、一言で、この2022年下半期のあなたは社長のような立場になっていきます。

具体的な社長活動として、

  • ・これからの私の幸せ感
  • ・今までうまくいってきたこと
  • ・これからも挑戦していきたい部分
  • ・理想に近づいていくために、どのメンバーや環境が必要なのか

そういった事柄を徹底的に洗い出して、これからの未来のために、新生の共同体をつくっていくのです。それでは、あなたにとっての2022年の下半期がどのようなものになっていくのか、一緒に見ていきましょう!

運命が動く。

2022年全体の双子座に何が起きているのかを説明させてください。

2022年が始まって半分が過ぎましたが、これからの下半期も含めて、あなたにはかなり大きな「運命的な動き」が起きているのです。その運命があなたに、半分ぐらい強制的に「理想に向き合うこと」を求めてきてます。これは何かもう、結構「有無を言わさぬ」感じなのです。「はい、理想に本気で向き合うときがきましたよー」→「えー!」みたいな感じで。

それでまず、これがすごいことなのです。あなたにとって、すごく革命的なポイントを迎えている。失礼に聞こえたら申し訳ないのですが、双子座はあんまり真面目に本気を出したくないタイプだったりします。理想に関しても、「えー、私の理想? 毎日フグ鍋を食べることかな」とか、はぐらかして答えたい。真面目な人生設計は疲れるし、どちらかというと嫌いです。

でも、そのようなあなたに「2022年の、運命からの稲妻」が降り注ぎ、「はい、やらせていただきます!」と大声で返答するようなあなたになっていくのです。

そして、2022年下半期の双子座がどのような動きをしていくかをまとめると

「基本を習った学校を卒業した後すぐに、社長になっちゃう感」

があるのです。「えー! もうちょっと社会人経験積ませておくれよ!」とか「いきなり実戦部隊に、しかも、責任ある選択をしていくなんてできないよ!」と絶叫したいところなのですが、この2022年下半期のあなたは、まさに「稲妻のような勢い」で物事が決まっていきます。あなた自身もハイテンションになり、次から次へと「これから」のことを決めて、実験的に「はい、やってみちゃおう!」と乗り気になってしまう。いざ、本番が始まると「あれもこれもやってみたい」という気持ちが溢れかえっていくから。

あなたは理想の鬼になります。

これまでいろいろなものを見聞きしてきたけど、「やっぱり自分の理想を叶えるためには、自分で家を建てるしかないな」と言って、自分で間取りを決めて、独学で勉強をしながら、「いきなり家を建てちゃうぐらい」のことをしていくのです。日常においても、「これでいいや」じゃなくて、「これじゃなきゃダメ!」と言っていく訓練をぜひしてみてください。

人生のリセット体験。

ここまでの流れで、「もう読むのはやめよう」とか、「私にとってのしいたけ占いは2022年で終わりました」と言わずに、もう少しお付き合いください。ここからの流れは楽しいです。大丈夫!

あ、楽しい流れになる前に、もう1個だけ話をさせてください。

あなたが今現在、リアルタイムでやっていることは「壮絶な生み出し体験」なのです。大きな声では言えないけど、2022年のここまで、双子座は大なり小なりの「臨死体験」のようなものをしているかもしれないです。

  • ・先が見えなくなった
  • ・これを生み出すのに、これほどまでの苦労をしなきゃいけないのか
  • ・幸せ感が180度変わった
  • ・もう一度人生を新鮮な気持ちでやり直したい

など、少なからず、「これまでの人生のリセット体験」のようなことをしてきました。生まれ変わるぐらいの規模で、今のあなたは新生していっています。

だからですね、2022年下半期以降、あなたは時間の使い方とか、自分の居場所とか、これから先にやっていきたいこととか、そういうことが本当にすべて大きく変わっていく可能性があります。今はまだ不安や心配もあるかもしれないけど、また自由に、真っ白なキャンバスに大好きな絵を描いていこうとしている。

大丈夫。本当に不思議と、「リセットをし、切り替え、今までの幸せ感ではなくて、新しい幸せ感を追おう」という気持ちになってきているから。もちろん、切り替えの速度はゆっくりで大丈夫ですからね。あなたはただワクワクだけ持っていけば大丈夫だし、もう本当に、ここまでのあなたが十分に「訓練され、修羅場を乗り越えてきた戦士」みたいな強さになっている。だからあとは、未来を実験し、楽しんでいくだけ!

理想と共同体。2つのセット。

改めて、2022年下半期の双子座は「理想」と「共同体」、この2つの言葉がキーワードになっていきます。

この2つはセットとなる概念にもなってきて、2022年下半期のすべての流れにおいて、あなたを含む、あなたの周りの人員が再編成されていく感じがあるのです。この流れについて、少し説明させてください。

この2022年下半期に至るまでの世界は、物理的にも、生活的にも、そして、気持ち的にも、それぞれの門を閉じていなければいけませんでした。気軽に「会おう」と言えなかったし、周りが何を考えているのか、どうなっていくのかが一切わからないまま、「自分のことは自分で」と、やっぱりものすごく「冷たい感覚」を受ける世界があった感じがあります。

でも、2022年も半分を過ぎて、もちろん、すごく波乱な部分もあるけど、我々の身近な世界は「新しい温かさ」を再びちゃんとつくり出そうとしています。

「今まで閉ざされていた門が開いていく」

その結果、何が起こるかというと、これまで以上に“激しい行き来”の運動が生まれてくるのです。

この“激しい行き来”は単なる移動ではなくて、改めてお互いの文化を知り、お互いのよさを知り、勉強し合い、協力し合うという動きになっていきます。いわば、「住み込み付きの交易」のような活動が、あなたの周りで激しく生まれてくるのです。

閉ざされてきたエネルギーが強いからこそ、息抜きや気晴らしのひとつも全然できなかったからこそ、「自分が生きてきた場所や世界が全てではないんだ」という感覚が生まれ、「もっと外の世界を知ってみたい。他に居場所があるかもしれない」という好奇心に火が点く。これが2022年下半期の、双子座のメインの動きなのです。

そして、あなたの周りはよい意味で「グチャグチャ」になり、あなたにとっての新しい理想と、その「新しい理想の実現」をお互いに手助けし合う、新しい共同体が生まれていきます。

よい意味で「今まで」が壊れ、新しい世界が生まれてくる。だからね、本当に楽しんでいくだけだし、感覚としては夏休みに違う土地で冒険していく小学生のような心でいてほしいのです。

第六感パワーの発揮。

もうひとつ付け加えさせてください。あなたはやはり、冒険を楽しむだけではなくて、この2022年下半期の、自分だけの物語をちゃんと勝ち取っていきます。怪しい話で恐縮なのですが、これまでの修羅場の乗り越え体験も含めて、濃い経験を積んだことによって、あなたには「第六感」のようなものが備わってきてもいるのです。

2022年の下半期のあなたは「ロジック」と「直感」を組み合わせて、勝っていくのです。

「これまでの私のどういうところがよかったか」、「何の流れがいけそうか」。そのような自分の経験を、感覚も含めて徹底的に洗い出しをしてみてください。「やっぱり私は特定のタイプの人間関係が苦手」とか。対策を練る前に、まずは自分の「よかった点」と「苦手だった面」、「うまくパフォーマンスが発揮されなかった、具体的な環境」などを洗い出していってみて。

その調査結果と合わせて、これから先、どの方向に良い風が吹いていきそうかを、自分なりに予想してみる。「この人と一緒にいると、私の運が倍増する」とか、ほかの人に言ったら「え、何言ってるの?」と言われてしまうような第六感が、あなただけのロジックとして力を発揮していくし、新しい共同体とともに、あなたを支えてくれる強力な武器になってくれます。

プロの改革者として。

2022年下半期の双子座は、本当にやり手になります。身の回りにある、今ある資材をうまく活用して、生活やパフォーマンスを向上させていくし、うまく立ち回っていけるのです。

それで、今回の下半期占いの最後のアドバイスをさせてください。

やはり、プロの改革者としての自覚を持ってほしいのです。

あなたはこの2022年の下半期に、改革者として、自分の壁を打ち破っていきます。同時に、誰かと一緒に、これまでは「難しい」と思われてきた壁をも壊していく。

その過程で、プロとして、改革者として、甘さを捨ててやり切らなければいけない場面も出てくると思います。価値観は、常にアップデートしていかなければなりません。「これまでは○○だったのに」という気持ちももちろん出てきます。そして、これまでの自分を否定する必要もまったくないです。でも、常に「減らして、増やして」をやって、ひとつの正解に落ちつかず、試行錯誤のチャレンジをしていく。「なんで私がこんなことまでやらなきゃいけないんだ」と涙をした後に、「やってやったぜ。私だから乗り越えられたぜ。ザマーミロ」と言ってちゃんとおいしいごはんを食べて、周りをねぎらい、喜びを分かち合う。

素敵な人でいてください。そして、いつも双子座に言いたいのは、素敵なクソガキでいてください。周りに対して立派な行いをした影で、「バーカバーカ」と言っているあなたは本当に素敵な存在なのだから。

仕事運はどうなる?

減らして増やして。

2022年下半期の仕事面でのあなたのテーマは「減らして増やして」です。この時期のあなたは「仕事面において、自分が何を1番大事にしていくか」について、1つだけ決めてほしいのです。たとえば、以下の3つの基本事項があったとして、

  • ・収入や金銭面を大事にしたい
  • ・やりがいや、これからの可能性を広げるための訓練期間にしたい
  • ・安定性をもう少し上げたい

この中で自分が大事にしていきたいものをひとつだけ選ぶとしたら何になるのか。この、「ひとつを決める」がまず重要になります。もちろん、「全部を頑張る」というやり方もよいのですが、ひとつに絞ると、そこに付随して、他の項目もついてきてくれるから。

それから、もう1つ大事なことがあって、基本重点事項を決めたら、そこから毎日の生活の具体的な行動の変化を決めていきます。やり方はシンプルで

「この重点事項を達成するために、私は毎日具体的に何を減らして、何を増やす?」

と“減らして増やして”の設定をやってみてほしいのです。これは、一見して「目標達成」と関係なくても大丈夫。たとえば、「メールの返信など、スマホを見ている時間が長すぎる。これを1時間減らして、体を動かす時間を15分入れてみよう」とか。できればこれを何カ月か続けてみる。そしたら、その「減らして増やして」が、自分の中でかなりでかい「実績」になってくれるのです。2022年下半期の双子座は、「自分の壁を打ち破る」がやっぱりすごく大きなテーマになってきます。ところどころに、「できるかな」という恐れが出てきたりもします。自分だけの実績をつくっていくこと。そしたら、周囲の世界も必ず変わっていくから。地味だけど、すごく大切な積み重ねになっていきます。

恋愛運はどうなる?

もう一歩、大きく踏み込んだ観察!

2022年下半期の恋愛面でのあなたのテーマは「もう一歩、大きく踏み込んだ観察!」です。

この2022年下半期の双子座の大きなテーマは「自分の壁を打ち破る」です。それが恋愛面においても大きく関連してきて、あなたはもともと、かなり強い観察力を持っています。その観察力をもう一歩強く前に出して、「私があの人のマネージャーになったら、どの部分を褒めてあげたいか」を考えてみてほしいのです。これは実際の知人でもよいし、SNSなどで見ている人でも大丈夫。できれば、「雲の上の存在」とか「強烈な推し」みたいに、「あの人はね、神なのよ」という人より、もうちょっと身近にいる人にしてみて。この時期のあなたの恋愛面や人間関係の面を動かしていくものとして、「リスペクト」が大きく絡んできます。リスペクトは、自分をも変えてくれます。自分自身が大きく変化し、他人と大きく影響を与え合う人って、「やっぱりこの人はすごいよな」とか「いや、何かさ、あなたのこの部分は本当にすごいよね」と、身近な人間に対するリスペクトがあるのです。あなたは強い観察力を持っているわけだから、もう一歩人間関係に踏み出して、ゲームとして「マネージャーごっこ」をやってみて。「この子はさ、やっぱり黄色のファッションアイテムを効果的に使っているよな。褒めてあげたいです」とか。冷めた観察ではなく、熱い観察をしていって! 同伴者として、自分の好きな人たちを応援し続けること。そこにあなたの大きな愛情物語があるはずだから。

月ごとのアドバイス

7
とりあえず精神で乗り切る。
8
活動・行動範囲の広がり。
9
恥ずかしい? 厚かましい? それがどうしたの?
10
おめでとうございます! 集大成です!
11
私の人生の責任者は私っす。
12
やっぱり私が世界で1番えらい。

★マークのついた⽉はラッキー⽉です。

July 7月
7月のオーラ
双子座

とりあえず精神で乗り切る。

「とりあえず精神で乗り切る」のピンクが出ています。この7月は遊びなどのプライベートがまず「楽しくてしょうがない!」というぐらいまで爆発する傾向が出てきます。ひとつアドバイスがあって、この時期のあなたは「すべての話を軽く考える」のをやってほしいのです。あんまり立ち止まらずに、すべての物事に対して「とりあえず!」の気持ちを持ってみる。投資をする時期であり、色々なことを試運転みたいな形で試していく。また、引っ越しや居場所の変化など、環境を変えたい気持ちも大きく出てきやすいときなので、仮の移住先を検討しても面白いことになるかもしれないです。あと、ちょっと「忙しいフリ」もしてみて。今の自分の状態より、30%ぐらい忙しいと仮定すると、「何を引き受けるべきで、何を引き受けない、または、削っていくべきか」が見えてきやすいから。

August 8月
8月のオーラ
双子座

活動・行動範囲の広がり。

「活動・行動範囲の広がり」の白が出ています。8月の双子座は自由に行動をしていきます。お誘いが増えたり、あと、自分からも「○○に行ってみたい」と見聞を広げる活動をメインにやっていったりします。あと、今後に関係する手続き的な話も多く出てきたりするのですが、「最初が面倒くさいだけ」と思っていてください。それで、この時期のあなたは潜在的に時速200kmぐらいのスピードを出すことができます。でも、あなたの移行先の受け入れ体制などが多少もたつく可能性が出てきたりするので、慌てないでくださいね。活動や行動範囲が広がるとともに、具体的な移転や移行の話も出てきやすかったりします。「ライフプラン」というと大げさなのですが、自分が好きな時間、得意としていること、もっと伸ばしていきたい分野などを3つずつぐらい箇条書きにしてまとめておくと、その分野の縁ができやすかったりもするので試してみて!

September 9月
9月のオーラ
双子座

恥ずかしい? 厚かましい?
それがどうしたの?

「恥ずかしい? 厚かましい? それがどうしたの?」のオレンジが出ています。9月はいろいろな人や場所との間で回路が繋がるとか、道が切り開かれるという体験をしていきます。そのために、ひとつだけ聞いてほしいことがあります。この時期、「難しいだろうな」とか「恥ずかしい」と思うことこそ、言った方が良いです。双子座はもともと、「自分の気持ちを真面目に話すのがものすごくこっぱずかしい」という気持ちが強いです。クールでいたい。でも、9月はその「恥ずかしさの壁」をぶっ壊しちゃいましょう。「一歩進んだ計画性の提示」であったり、「私はここまで考えました」というのを、ちゃんとアピールしていく必要があります。2022年までの世界って、すごく身近なところは停滞しちゃったじゃないですか。それを動かしていくのはあなたなんです。だから、恥ずかしさとか、多少の厚かましさはぜひとも必要です。壁なんか壊しちゃえ!

October 10月
10月のオーラ
双子座

おめでとうございます!
集大成です!

「おめでとうございます! 集大成です!」の金色が出ています。10月は本当にあなたの中で「あー、ここに繋がるのか」と実感していくことが多くなるし、集大成が控えていたりします。ここまであなたがつくってきた道というのは、説明書のないものでした。説明書がないものだからこそ、自分で考え、自分で部品をつくり、もう寝たいのに「もうちょっと頑張ってみたい」と続けてできたもの。だから本当によく頑張りましたね。10月は「0から1を生み出す」とか「自分のオリジナル」に関係することをかなりやっていきます。同時に、少しゆっくりしたいときでもあるので、行けるようなら温泉などに。「ちょっとこの2日間は燃え尽きますわ」と、計画的に燃え尽きても大丈夫ですからね。

November 11月
11月のオーラ
双子座

私の人生の責任者は私っす。

「私の人生の責任者は私っす」の茶色が出ています。11月の双子座はどうしても、新しい生活形態への移行や、バタつきが伴う形になります。また、「データを集める時期」であるからこそ、目の前でうまくいくことや、うまくいかないことに対して一喜一憂をあんまりする必要はなく、「なるほど、こうなるんだ」という形でとらえていくのがよかったりします。この時期のあなたは本当にいろいろなことを試して、消化して、そして、パワーアップをしていく時期。だからこそ、「難しいと思われる問題」にチャレンジしていっちゃったほうがよいです。また、2022年下半期の双子座は「社長は私です」となっていくから、周りの声に左右されすぎちゃいけません。あなたの中で「結果に左右されず、これはもうちょっと腰を据えてやっていきたい」という分野と、「この件については、迅速に変更していこう」など、動かさないものと、動かしていくものを決めておいた方が良かったりします。

December 12月
12月のオーラ
双子座

やっぱり私が世界で1番えらい。

「やっぱり私が世界で1番えらい」の緑が出ています。2022年下半期の双子座はやはり激動で、かなりバタバタしていました。12月になっても、あなたの中で「やり残したこと」も出てくるかもしれません。それにも関わらず、自分のことを褒めてあげてほしいです。この12月も「訓練された自分」がかなり出てきて、ほかの人よりも一歩も二歩も前に進んでいきます。「思考とか、行動の着地能力」がものすごく鍛えられてきたから。だから、「○○したいねぇ」という話になっても、「どのようなやり方があるのか」とか「今ならどの程度できるか」など、瞬時にシミュレーションができたりします。迅速に動き、迅速に休む。そして、「やっぱり世界で一番私がえらいわ」と再確認してみてくださいね。ひとつだけ注意点があって、この時期もやはり「試行錯誤の期間」だから、責任をひとりで背負いすぎないで。「しょうがない」と言うことも必要になるし、周りを頼るのも大事です。

しいたけ.からの
魔法のメッセージ

今回双子座の占いを書いていて、あなたの「ゾクッ」とする一面に触れたような気がしました。これまでのあなたは、「軽さ」がメインとしてありました。難題を乗り越えるのも、クールさとユーモアさで新しいやり方を考えてしまう。そんなあなたが、この2022年下半期は「熱さ」と「執念深さ」と「冷徹な目線」もかなり表立って出していくのです。それだけ、本気を出すのだと思います。本気でこれからの生活を楽しみ、古さを壊し、新しさを迎え、好きな人達と一緒に笑い合う未来をつくっていきたい。だからこそ、あなたはこれまでの自分の「恐れ」も壊していっちゃう。暴れてみてください。思い切り駆けてみてください。そして、バカンスのような生活も楽しんでみて。「何が起こるかわからない」。それをつぶやいているときの毎日が、1番面白いんだから!

しいたけ.

SHIITAKE LIVE CHATしいたけ.さんが登場!
SHIITAKE LIVEを
お見逃しなく。

しいたけ占い2022年下半期公開を記念して、占い師しいたけ.さんが12星座別のLIVEをインスタグラムとツイッター、TikTokで同時開催。星座別にお悩みや質問も募集中なので、ぜひ参加して! 詳細はこちら

THANK YOU